金閣寺(鹿苑寺)


DPP_35668.jpg

春化粧











DPP_35662.jpg











DPP_35666.jpg











DPP_35663.jpg











DPP_35667.jpg











DPP_35669.jpg











DPP_35665.jpg











DPP_35664.jpg

新春は、雪の薄化粧となった金閣を拝みました

新年、明けましておめでとうございます

本年も、「きょうと京都」を宜しく御願い致します


+金閣寺(鹿苑寺)+

京都市北区金閣寺町1
北区にある臨済宗相国寺派の寺院
寺名は足利義満の法名に因む、通称金閣寺(きんかくじ)、山号は北山
室町時代前期の北山文化を代表する建築で、1994年(平成6年)に古都京都の文化財として
世界遺産に登録された
中心となる建築物である舎利殿を「金閣」、寺院全体を「金閣寺」と通称している

応永4年(1397)、足利義満が河内国の領地と交換に西園寺を譲り受け、改築と新築によって一新した
この義満の北山山荘は当時「北山殿」、または「北山第」と呼ばれた
邸宅とは言え、その規模は御所に匹敵し、政治中枢の全てが集約された
義満は征夷大将軍を子の義持に譲っていたが、実権は手放さず、北山殿にあって政務を行っていた
義満の死後、義持によって北山殿は舎利殿を残して解体されるが、義満の遺言により禅寺とされ
義満の法号「鹿苑院」から鹿苑寺と名付けられた、夢窓疎石を勧請開山(名目上の開山)としている

アクセス 京都市バス 「金閣寺道」下車 徒歩3分

法観寺(八坂の塔)


DPP_35651.jpg

これが、京都のクリスマスツリー











DPP_35650.jpg

キャンドルに灯りをともし











DPP_35628.jpg

ツリーに飾りつけ・・・と、云うのは嘘ですが











DPP_35652.jpg

皆様、良いクリスマス

そして、良い御年をお迎えください


+法観寺(ほうがんじ)+

京都市東山区清水八坂上町388
臨済宗建仁寺派の寺院、山号は霊応山
聖徳太子創建との伝承は文字通りに受け取ることはできないが
平安京遷都(794年)以前から存在した古い寺院であることは確かとされている
朝鮮半島系の八坂氏の氏寺として創建されたという見方が現在の有力説

治承3年(1179)に火災で焼失したが、源頼朝により再建される
その後も幾度か焼失したがその都度再建されている
現在の塔は室町時代に足利義教により再建されたもので
仁治元年(1240)に臨済宗建仁寺派に属する禅寺となる

戦国時代には、地方から上洛した大名が法観寺に定紋入りの旗を掲げることによって
誰が新しい支配者・天下人になったかを世に知らしめたという

アクセス 京都市バス「祇園」下車 徒歩15分

地蔵院


DPP_35630.jpg

噛み締める季節











DPP_35632.jpg











DPP_35635.jpg











DPP_35634.jpg











DPP_35638.jpg











DPP_35637.jpg











DPP_35639.jpg











DPP_35631.jpg

冬の風を肌に感じながら

秋の名残りを、見つめる


+地蔵院(じぞういん)+

京都市西京区山田北ノ町23
西京区にある臨済宗の寺院、山号は衣笠山、本尊は地蔵菩薩 
周囲を竹林で囲まれていることから竹の寺の通称で知られている
一休宗純は幼少時、この寺で修行したと伝えられる
応安元年(1368)、室町幕府管領を務めた武将細川頼之によって創建された
頼之は碧潭周皎(へきたんしゅうこう)に帰依して出家した
当寺の実質的な開山は碧潭周皎であるが、碧潭は法兄である夢窓疎石を勧請開山としている

南北朝時代には勅願寺となって寺運も興隆したが、応仁の乱の兵火により伽藍を焼失し寺運も衰えた
江戸時代中期に中興され、江戸期には天龍寺に属した
昭和43年に独立して単立寺院となった
アクセス 阪急嵐山線「上桂」駅下車 徒歩15分

浄住寺


DPP_35640.jpg

残映











DPP_35642.jpg











DPP_35643.jpg











DPP_35646.jpg











DPP_35641.jpg











DPP_35644.jpg











DPP_35645.jpg











DPP_35647.jpg

ファインダーを覗いた時

「残映(ざんえい)」

この言葉が、浮かびました


+浄住寺(じょうじゅうじ)+

京都市西京区山田開キ町9
西京区にある黄檗宗の寺院
寺伝によれば、810年(大同5年、弘仁元年)に嵯峨天皇の勅願により、円仁(慈覚大師)が
天台宗寺院として開創したと伝えられている
当時は「常住寺」と号していたが、1261年(弘長元年)公卿葉室定嗣が中興し「浄住寺」と改められ
葉室家の菩提寺として栄えた
しかし、鎌倉時代末期の元弘3年(1333年)4月、六波羅探題軍と千種忠顕率いる
後醍醐天皇軍が交戦した際に、浄住寺は全焼
その後も、応仁の乱以降に度々兵火に遭って荒廃し、永禄10年(1567年)に全焼したが
1687年(貞享4年)葉室頼孝の開基、黄檗宗の僧鉄牛道機を中興開山として再興され、黄檗宗の寺院となった

アクセス 阪急嵐山線 上桂駅 下車 徒歩15分

蓮華寺

DPP_35621.jpg

秋は、もう終わりましたか?











DPP_35625.jpg











DPP_35620.jpg











DPP_35623.jpg











DPP_35622.jpg











DPP_35624.jpg











DPP_35618.jpg

いいえ、

この場所に「残秋」が拡がって居ました



+蓮華寺(れんげじ)+

京都市左京区上高野八幡町1
左京区にある天台宗の寺院、山号は帰命山(きみょうざん)
近世初期に造営された池泉鑑賞式庭園によって知られる

高野川のほとり、かつての鯖街道(国道367号線)の京都口の傍ら上高野の地にある
しかし、もとは七条塩小路(現在の京都駅付近)にあった西来院という時宗寺院であり
応仁の乱に際して焼失したものを江戸時代初期の寛文2年(1662)に、加賀前田藩の家臣
今枝近義が再建したものである

上高野は、かつて近義の祖父、重直の庵があった土地であった
重直は、美濃国出身の武士で、豊臣秀次に仕えた後、加賀前田家に招かれた
晩年に至って得度し、宗二(そうじ)居士と号して、詩書や絵画、茶道に通じた文人として草庵を結んだ
また、仏道への帰依の念も深く、上高野の地に寺院を建立することを願っていたが、果たせずして
寛永4年(1627)に死去した
近義が蓮華寺を造営したのは、祖父の願いに応え、菩提を弔うためと考えられている

アクセス 京都交通バス 「上橋」下車 徒歩1分

法然院


DPP_35600.jpg

晩秋詩











DPP_35599.jpg











DPP_35603.jpg











DPP_35605.jpg











DPP_35606.jpg











DPP_35611.jpg











DPP_35602.jpg











DPP_35607.jpg

やがては、散る宿命


+法然院(ほうねんいん)+

京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町30
鹿ヶ谷にある浄土宗系の単立寺院である、正式な寺名は、善気山法然院萬無教寺と号するが
院号の法然院の名で知られる

寺は、鄙びた趣きをもつ、茅葺で数奇屋造りの山門と、谷崎潤一郎、河上肇、九鬼周造などの
著名な学者や文人の墓が数多く存在することで有名であり、哲学の道近くという立地も関係して
春秋の観光シーズンには、大勢の参拝者がある

本堂の本尊は阿弥陀如来坐像であり、法然上人立像なども安置されている
また、方丈にある狩野光信筆の襖絵は重要文化財に指定されている
白砂壇(びゃくさだん)は、山門を入ると両側にある白い盛り砂で、水を表わす砂壇の間を通ることは
心身を清めて浄域に入ることを意味している

アクセス 京都市バス 浄土寺下車 徒歩10分

龍吟庵

DPP_35581.jpg

雷門を、潜り











DPP_35582.jpg

黒雲より、出でし龍は











DPP_35580.jpg

紅い鱗を脱ぎすて











DPP_35585.jpg

秋の終わりを、教えてくれる


+龍吟庵(りょうぎんあん)+

京都市東山区本町15丁目812
東山区にある臨済宗東福寺派の寺院で東福寺の塔頭である
東福寺の主要伽藍の東北、本坊庫裏の背後から偃月橋(えんげつきょう)を渡った正面に位置する
東福寺第三世住持、無関普門(大明国師)の住居跡で、東福寺塔頭の第一位に置かれている
毎年11月に、特別に一般公開される

方丈を囲んで東・西・南の三庭からなっている
いずれも重森三玲の手による枯山水の庭で、昭和39年(1964)の作庭である


アクセス  JR奈良線・京阪本線 東福寺駅下車、徒歩10分
       京都市バス 東福寺下車 徒歩10分

建仁寺


DPP_35586.jpg

朱の刻み











DPP_35588.jpg











DPP_35597.jpg











DPP_35587.jpg











DPP_35590.jpg











DPP_35598.jpg











DPP_35589.jpg

それは、秋の陽炎


+建仁寺(けんにんじ)+

京都市東山区小松町584
東山区にある臨済宗建仁寺派大本山の寺院、山号を東山(とうざん)と号する
本尊は釈迦如来、開基(創立者)は源頼家、開山は栄西である

京都五山の第3位に列せられている
俵屋宗達の「風神雷神図」、海北友松(かいほうゆうしょう)の襖絵などの文化財を豊富に伝える
山内の塔頭としては、桃山時代の池泉回遊式庭園で有名であり、貴重な古籍や
漢籍・朝鮮本などの文化財も多数所蔵していることで知られる両足院などが見られる
また、豊臣秀吉を祀る高台寺や、「八坂の塔」のある法観寺は建仁寺の末寺である
寺号は「けんにんじ」と読むが、地元では「けんねんさん」の名で親しまれている

アクセス 京都市バス 「祇園」下車 徒歩8分

源光庵


DPP_35574.jpg

驟雨











DPP_35573.jpg

僕が見た、この景色











DPP_35575.jpg

驟雨











DPP_35578.jpg

私が見た、この眺め











DPP_35576.jpg

驟雨












DPP_35577.jpg

季節が巡り、この秋に出逢えたなら











DPP_35579.jpg

驟雨











DPP_35572.jpg

再び、この場所を訪れるだろう



+源光庵(げんこうあん)+

京都市北区鷹峯北鷹峯町47
鷹峯(たかがみね)にある曹洞宗の寺院、山号は鷹峰山、正式には鷹峰山寶樹林源光庵という
本尊は釈迦牟尼仏
貞和2年(1346)に臨済宗大徳寺の徹翁義亨の隠居所として開基、当初は復古堂と呼ばれた
その後、1694年(元禄7)に卍山道白により曹洞宗に改宗された

本堂の天井板は伏見桃山城から移築したもので、1600年(慶長5)に徳川家家臣鳥居元忠らが
石田三成に破れ自刃したときの跡が残り、血天井となっている
その脇に丸窓と角窓がありそれぞれ悟りの窓、迷いの窓と呼ばれている

アクセス 京都市バス 「源光庵」下車 徒歩2分

南禅院


DPP_35565.jpg

二度、美味しい











DPP_35571.jpg











DPP_35564.jpg











DPP_35567.jpg











DPP_35569.jpg











DPP_35568.jpg











DPP_35566.jpg











DPP_35570.jpg

ちょうど1ヶ月前、

緑の葉が、少しづつ染まり始めた頃

この南禅院を、訪れました


この景色が紅葉に染まるのを想いながら

実際に、訪れてみる

こう云うのって、幸せな事なんだなぁ^^



+南禅院(なんぜんいん)+

京都市左京区南禅寺福地町86
左京区にある臨済宗南禅寺派大本山・南禅寺の塔頭である
南禅寺の発祥地といわれている

門前には琵琶湖疏水事業の一環として建設された水路閣が通る
亀山上皇の離宮時代の「上の宮」跡に創建される
応仁の乱以後は荒廃していたが,元禄16年(1703)に
桂昌院(徳川5代将軍・徳川綱吉の母)によって再建された
亀山上皇が自ら作庭したと伝わる池泉回遊式庭園で、新緑と紅葉の頃は絶景である
国の史跡および名勝に指定されている

アクセス 京都市バス 「東天王町」下車 徒歩12分
プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ