鹿王院

IMG_2029.jpg

探検隊、西へ















IMG_2032.jpg


奥地へ













IMG_2049.jpg

さらに奥地へ
















IMG_2048.jpg














IMG_2042.jpg

そこには

ある王の宝物が・・・・
















IMG_2043.jpg

隊長、地図を確認して・・・・
















IMG_2055.jpg

宝箱を発見

















IMG_2071.jpg

近づく影ふたつ















IMG_2059.jpg













IMG_2066.jpg













IMG_2068.jpg

そこには、素晴らしい宝たち















IMG_2069.jpg













IMG_2070.jpg













IMG_2073.jpg

昇月に映える舎利殿

この景色が一番の宝かも^^




+鹿王院(ろくおういん)+

京都市右京区嵯峨北堀町24
右京区嵯峨北堀町にある臨済宗系の単立寺院、山号は覚雄山
本尊は釈迦如来、開基(創立者)は足利義満、開山(初代住持)は
春屋妙葩(しゅんおくみょうは)である
鹿王院は、足利義満が建立した宝幢寺という寺の塔頭(たっちゅう)であった
宝幢寺は応仁の乱で廃絶し、その後は開山の塔頭であった鹿王院のみが残って寺籍を継いでいる

室町時代の記録である『花営三代記』や、開山伝の『宝幢開山知覚普明国師行業実録』によると
宝幢寺の建立経緯は次のとおり、足利義満は康暦元年(1379)のある夜
「そなたは今年中に大患をわずらうが、宝幢菩薩を祀る伽藍を建立すれば寿命が延びるであろう」との
夢告を受けた、そのため、義満は自らの帰依する禅僧春屋妙葩(普明国師)を開山として
一寺を建立することとし、康暦2年(1380)完成した
当初の寺号を興聖寺といい、後に宝幢寺(詳名は大福田宝幢禅寺)に改称したという
鹿王院は、嘉慶元年(1387)、開山の春屋妙葩の寿塔(生前に造る墓)を守る塔頭として
創建されたものである(春屋の死去は翌嘉慶2年・1388)

アクセス 嵐電(京福電鉄)「鹿王院」駅下車 徒歩5分
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/98-309d8d09

Comment

きまぐれおじさん | URL | 2010.10.02 10:06
またまた一枚一枚が京都らしい写真ですね。
京都は探検するところがたくさんありそうで隊長は楽しみですね。
今年、4月に息子夫婦が結婚して1年目に新婚旅行と題して京都に行きました。
でも当然有名どころしか行っていませんでした。
こんな穴場もあるんだよと威張って教えてあげたかった(笑)
高兄 | URL | 2010.10.02 18:46
きまぐれ様、こんにちは

> 京都は探検するところがたくさんありそうで隊長は楽しみですね。

そうですねぇ

もっとも隊長は、華より団子ですから

美味しい物を餌に、連れ出しています^^

> 今年、4月に息子夫婦が結婚して1年目に新婚旅行と題して京都に行きました。
> でも当然有名どころしか行っていませんでした。
> こんな穴場もあるんだよと威張って教えてあげたかった(笑)

ここは、驚くほど観光の方が少ないです

義満が、鹿苑寺(金閣)を造る数年前に建てた場所です

この舎利殿が、金閣のモデルになったかもしれません

しかも舎利殿の中に入って宝物を観られるのは、京都でも珍しく

個人的にはお勧めです♪
Richebourg | URL | 2010.10.03 02:13 | Edit
一番印象的だったのは、隊長の後姿だったかもしれません♪

威風堂々とした像が印象的ですね。
高兄 | URL | 2010.10.03 07:19
リシュブルさん、こんにちは

> 一番印象的だったのは、隊長の後姿だったかもしれません♪
>
> 威風堂々とした像が印象的ですね。

まだ、小さな隊長なので

あれこれ注文をつけても、アドリブが効きません^^;

シャッターチャンスが難しいでです^^
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ