FC2ブログ

宝泉院


DPP_36278.jpg

意匠の力











DPP_36279.jpg











DPP_36280.jpg











DPP_36281.jpg











DPP_36284.jpg











DPP_36286.jpg











DPP_36285.jpg











DPP_36282.jpg











DPP_36283.jpg











DPP_36277.jpg

私が、京都の御庭に魅了されるのは

この意匠(デザイン)なんだなぁ~

改めて、そう思い知らされました^^


+宝泉院(ほうせんいん)+

京都市左京区大原勝林院町187
大原にある、天台宗の寺院の一つである、観光地としても著名な三千院の参道奥にある
大原寺(勝林院)の僧坊の一つとして、長和2年(1012)に創建されたものである

庭園として盤桓園(立ち去りがたいという意)、鶴亀庭をもち、盤桓園には樹齢300年の沙羅双樹の木が茂る
樹齢700年の「五葉の松」も観光客に人気がある
こちらは京都市指定の天然記念物に指定されている、また、坊内にある「血天井」は
関ヶ原の戦いの前哨戦となった伏見城の戦いの際に徳川家臣鳥居元忠以下数百名が
自刃した伏見城の床板であり、その霊を供養するため天井板としているものである

アクセス 京都交通バス 大原(終点)下車 徒歩15分

スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/944-5651eff7

Comment

cox | URL | 2018.10.09 17:25 | Edit
お久しぶりです。
すっかりご無沙汰してしまいました。

一枚目の大木の写真、本当に迫力ですね。
木のエネルギーがそのままお部屋の空間に繋がっていて素晴らしいです。
何度も書いてしまいますけど、京都にお住まいの方が本当に羨ましいです。
sakura | URL | 2018.10.09 21:04
高兄さん、こんばんは♪
宝泉院の五葉の松
遠方からではなかなかこういう状態で
眺めることが難しいので
パソコンの画面で堪能させて頂きます。
鎌倉は武士文化なので
お庭を眺める庭園が少なくて
京都に住んでいると
そういう文化を身近に感じられて羨ましいです(^.^)
鎌倉は塩害で今年の紅葉は
期待できそうにない状態です(>_<)
boheme0506 | URL | 2018.10.09 22:00
こんばんは~♪
宝泉院はいいですね~。
いつもながら寄った写真が素晴らしいです。
鯉の写真が特に好きで
ここの鯉は近くに行くとそばに寄ってきて
なかなか撮らせてくれないんですよ~(涙)
最後は自然の絵画のようで素敵です。
marie | URL | 2018.10.10 02:46
高兄さん、こんばんは

コメント欄を空けられて、お忙しさもひと段落つかれましたでしょうか?


赤のさし色が粋だなあ~ (^O^)V

窓の開放感が緑を一層ひきたてているのでしょうね。




sakayo | URL | 2018.10.11 05:08 | Edit
素晴らしい写真の数々に圧倒されました。
宝泉院さんには、拝観料払う前のところまで行ったのですが、結局、中に入ったことはありません。
次回大原に行った時には、宝泉院さんの「中まで」入ってみようと思います。
MACHI* | URL | 2018.10.11 12:20 | Edit
こんにちわ。
こちらは大原なんですね。三千院より奥ですか。
静けさを感じます。自分に向き合ったり気持ちを整えるのにもよさそうですね。お茶もいただけちゃうなら、なおひとりで行きたくなります(^^♪

来月、京都に旅行に行く計画を立てていましたが、飛行機とれずまさかの断念…紅葉の京都行きたかったなぁ…ということで、こちらで楽しませてください(*^-^*)


teakota | URL | 2018.10.11 17:04
こんにちは。

一枚目のお写真、凄い迫力です。
こんな所でお茶をいただけるなんて贅沢ですね^^。
高兄 | URL | 2018.10.12 17:57
coxさん、こんにちは

> お久しぶりです。
> すっかりご無沙汰してしまいました。

お元気そうで、何よりでございます^^

> 一枚目の大木の写真、本当に迫力ですね。
> 木のエネルギーがそのままお部屋の空間に繋がっていて素晴らしいです。

平面の写真ですが

枝振りから、立体感がありますよね

確かに、迫力です

> 何度も書いてしまいますけど、京都にお住まいの方が本当に羨ましいです。

そうなんでしょうね

私は、幸せ者でございます^^
高兄 | URL | 2018.10.12 18:01
sakuraさん、こんにちは

> 高兄さん、こんばんは♪
> 宝泉院の五葉の松
> 遠方からではなかなかこういう状態で
> 眺めることが難しいので
> パソコンの画面で堪能させて頂きます。

なるほど

それも一興かな??

> 鎌倉は武士文化なので
> お庭を眺める庭園が少なくて
> 京都に住んでいると
> そういう文化を身近に感じられて羨ましいです(^.^)

確かに、鎌倉は

源氏の源流

昔、荘園から武力集団、武家の発達

歴史で習ったなぁ~懐かしい^^;

> 鎌倉は塩害で今年の紅葉は
> 期待できそうにない状態です(>_<)

そうなんですか

それは、とほほでございますな

京都は、今年、どうでしょうねぇ?
高兄 | URL | 2018.10.12 18:03
さおりさん、こんにちは

> こんばんは~♪
> 宝泉院はいいですね~。
> いつもながら寄った写真が素晴らしいです。

おおきに^^

> 鯉の写真が特に好きで
> ここの鯉は近くに行くとそばに寄ってきて
> なかなか撮らせてくれないんですよ~(涙)

餌をもらえると思って

寄ってくるんですかね?

これは、ミドルレンジ

135mmで撮りました

> 最後は自然の絵画のようで素敵です。

私自身

この額縁構図が大好きで

毎回、飽きずに撮ってます^^v
高兄 | URL | 2018.10.12 18:05
marieさん、こんにちは

> 高兄さん、こんばんは
>
> コメント欄を空けられて、お忙しさもひと段落つかれましたでしょうか?

どうですかねぇ?

単なる、貧乏暇なし状態なんですが

写真のストックも、季節がずれない内にUPしてやらにゃイケませんし^^;

> 赤のさし色が粋だなあ~ (^O^)V
>
> 窓の開放感が緑を一層ひきたてているのでしょうね。

冬は、障子開けると寒いですが

雪景色も、また、良いんです、こちら^^
高兄 | URL | 2018.10.12 18:07
sakayoさん、こんにちは

> 素晴らしい写真の数々に圧倒されました。

被写体に助けられつつ、私の腕前は・・・です><

> 宝泉院さんには、拝観料払う前のところまで行ったのですが、結局、中に入ったことはありません。
> 次回大原に行った時には、宝泉院さんの「中まで」入ってみようと思います。

是非、

sakayoさんの腕と、α7に16-35mm

素晴らしい画になりますよ♪
高兄 | URL | 2018.10.12 18:09
MACHI*さん、こんにちは

> こんにちわ。
> こちらは大原なんですね。三千院より奥ですか。

ええ、三千院から歩いて3分ぐらいなんですが

海外の観光客は、少なめです^^v

> 静けさを感じます。自分に向き合ったり気持ちを整えるのにもよさそうですね。お茶もいただけちゃうなら、なおひとりで行きたくなります(^^♪
>
> 来月、京都に旅行に行く計画を立てていましたが、飛行機とれずまさかの断念…紅葉の京都行きたかったなぁ…ということで、こちらで楽しませてください(*^-^*)

なんですよね~

この時期、飛行機も宿も取りにくいですよね~

残念で、ございますね><
高兄 | URL | 2018.10.12 18:11
teakotaさん、こんにちは

> こんにちは。
>
> 一枚目のお写真、凄い迫力です。

松の大木

迫り来る感じ?ですか

> こんな所でお茶をいただけるなんて贅沢ですね^^。

ええ

こんなカフェ、なかなかありませんよね^^
れんげそう | URL | 2018.10.12 19:30 | Edit
お久しぶりです

静けさの中に心意気が伝わりますね

いつもながらのお見事なお写真に見惚れています

赤い色が殊の外冴えて美しいです

五葉松は元気を取り戻したでしょうか?

お抹茶 頂きたいです
高兄 | URL | 2018.10.13 07:36
れんげそう様、こんにちは

> お久しぶりです
>
> 静けさの中に心意気が伝わりますね
>
> いつもながらのお見事なお写真に見惚れています

恐縮でございます

腕前で無く、被写体の御蔭でございます

> 赤い色が殊の外冴えて美しいです
>
> 五葉松は元気を取り戻したでしょうか?
>
> お抹茶 頂きたいです

松は、やはり長い病気療養中

どうなんでしょうか?

これは、回復しているのかな?
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ