FC2ブログ

輪違屋(わちがいや)


DPP_36137.jpg

幕末、明治、大正、昭和・・・・











DPP_36141.jpg











DPP_36138.jpg











DPP_36142.jpg











DPP_36143.jpg











DPP_36139.jpg











DPP_36144.jpg











DPP_36140.jpg











DPP_36145.jpg











DPP_36136.jpg

そして、平成

いくつもの物語が、繰り広げられた場所



+輪違屋(わちがいや)+

京都市下京区西新屋敷中之町
下京区の花街、島原の置屋兼お茶屋である、現在も営業を続けている
創業は元禄元年(1688年)、置屋として始まる
置屋として創業当時の名は「養花楼」、お茶屋兼業は明治5年(1872年)より始まる
現在の建物は安政4年(1857年)に再建されたものであり、明治4年(1871年)にほぼ現在の姿となった

かつては芸妓等も抱えていたが、現在は太夫のみを抱え、太夫の教育の場であり
また、宴席の場として営まれている
表に「観覧謝絶」の札がある(いわゆる「一見さんおことわり」の店である)

建物は昭和59年(1984年)に京都市指定有形文化財(建造物)に指定された
太夫道中に使われる傘を襖に貼り込んだ「傘の間」や本物の紅葉を使って
型取りしたうえに彩色した壁が使われた「紅葉の間」が特徴的である
いずれももともとは当主の部屋であったらしい
傘の間の傘には「高」(正確には髙島屋のマークの「高」の字体と同じ)の文字が入っているが
これは当主の姓が「高橋」だったということに由来する

1階には近藤勇書の屏風が、2階には桂小五郎書の掛軸がある

アクセス 京都市バス 「島原口」下車 徒歩6分
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/930-82ce948c

Comment

teakota | URL | 2018.07.29 16:22 | Edit
こんにちは。

影の美しさが際立つお写真たちです。
確かに様々な物語が繰り広げられたのでしょうね。
空気感が違うような感じがします。

昔、輪違屋10代目当主の著書を読んだことがあります。
面白かったですよ。
boheme0506 | URL | 2018.07.29 22:18
こんばんは~♪
京の夏の旅で旧邸御室には行ってきたんですけど
こちらもお写真見て行きたくなりました。
1枚目と、ラストから3枚目の写真が
特に好きです。
外の撮影も酷だから、暑い日に行ってこようかなぁ。

きまぐれおじさん | URL | 2018.07.30 09:34
台風が珍しい進路で日本を直撃した後でまた猛暑になっています。
幕末、明治、大正、昭和と時代を経てきた感じが見て取れます。
私は昭和しか知りませんが昭和でも世の中はずいぶん変わりましたね。
私も時代を感じるところでは昔の風景を妄想しています。
ありがとうございます。
きまぐれおじさん | URL | 2018.07.30 09:35
台風が珍しい進路で日本を直撃した後でまた猛暑になっています。
幕末、明治、大正、昭和と時代を経てきた感じが見て取れます。
私は昭和しか知りませんが昭和でも世の中はずいぶん変わりましたね。
私も時代を感じるところでは昔の風景を妄想しています。
ありがとうございます。
marie | URL | 2018.07.31 20:08
高兄さん こんにちは

障子のある部屋の陰陽の落としこみは、もう高兄さんの右に出るもの無しですね。

本当に格好いいなあ。

私はこんな大人シックな撮り方が出来ないので
うらやましいです。

下駄の写真、
もう琴線に触れちゃいましたよ~。

香港はクッキーがまずいなあ、、、しょぼーん

Rika 3377 | URL | 2018.08.01 11:18
こんにちは。
京都は本当ディテールがしっとりと味わい深いいい雰囲気ですよね〜。
お写真では気温まで伝わりませんが、きっと暑いのでしょうね〜。
今私も暑さでぐったりしています。
日中何もできませんね。
高兄 | URL | 2018.08.02 17:44
teakotaさん、こんにちは

> こんにちは。
>
> 影の美しさが際立つお写真たちです。
> 確かに様々な物語が繰り広げられたのでしょうね。
> 空気感が違うような感じがします。

ありがとうございます

本当は、有名な2階を撮影したかったのですが

何と、2階は前面撮影禁止^^;

知らなんだぁ~焦りました^^;

> 昔、輪違屋10代目当主の著書を読んだことがあります。
> 面白かったですよ。

teakotaさん、本当に読書家だなぁ

まったく、その本の存在、知りませんでした

興味深いですね^^
高兄 | URL | 2018.08.02 17:47
さおりさん、こんにちは

> こんばんは~♪
> 京の夏の旅で旧邸御室には行ってきたんですけど
> こちらもお写真見て行きたくなりました。

ありがとうございます

ご存知かも知りませんが

2階は、撮影禁止

夏の旅で、有名な

傘の間は、撮影できません^^;

> 1枚目と、ラストから3枚目の写真が
> 特に好きです。
> 外の撮影も酷だから、暑い日に行ってこようかなぁ。

こちら、アクセスがねぇ

ちょっと、日差しの中、歩かないと辿り着かないかも

熱中症、お気を付けください
高兄 | URL | 2018.08.02 17:57
きまぐれ様、こんにちは

> 台風が珍しい進路で日本を直撃した後でまた猛暑になっています。

いやいや、本当に酷暑

九州も、大変な暑さですね^^;

> 幕末、明治、大正、昭和と時代を経てきた感じが見て取れます。

現在も、営業されているのが、歴史感を

より感じさせられますね^^

> 私は昭和しか知りませんが昭和でも世の中はずいぶん変わりましたね。
> 私も時代を感じるところでは昔の風景を妄想しています。
> ありがとうございます。

昭和の後期から、末期

私にとっても、青春時代でした

昭和のあの、ギラギラした感じ

好きだったなぁ
高兄 | URL | 2018.08.02 18:09
marieさん、こんにちは

> 高兄さん こんにちは
>
> 障子のある部屋の陰陽の落としこみは、もう高兄さんの右に出るもの無しですね。
>
> 本当に格好いいなあ。

いえいえ

京都には、風景を撮るアマチュアカメラマンが多いですが

私より、上手い方、沢山居られます

私、未だ未だですよ^^;

> 私はこんな大人シックな撮り方が出来ないので
> うらやましいです。
>
> 下駄の写真、
> もう琴線に触れちゃいましたよ~。

1枚目と、最後の写真は

WBを、ちょっと弄ってます

これだけ暑い毎日が続くと

クール色も、良いですね

> 香港はクッキーがまずいなあ、、、しょぼーん

「茶の菓」が、恋しいですか^^;
高兄 | URL | 2018.08.02 18:12
rikaさん、こんにちは

> こんにちは。
> 京都は本当ディテールがしっとりと味わい深いいい雰囲気ですよね〜。

被写体に、恵まれているのは

写真を撮る人間としては、本当に幸せ

尤も、parisも、被写体には事欠きませんよね^^v

> お写真では気温まで伝わりませんが、きっと暑いのでしょうね〜。
> 今私も暑さでぐったりしています。
> 日中何もできませんね。

京都も、暑さじゃ負けませんよ

って、負けて良いんで

いい加減、暑さが収まらないかな><
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ