FC2ブログ

祇園祭2018~後祭 会所巡り~

DPP_36078.jpg

暑中、お見舞い申し上げます


皆様、本当に暑い毎日が続きますね

御自愛頂いていますか?


祇園祭りの、会所巡りに先日行って参りました

今回は、高兄のblogにしては珍しく

大量の写真、大量の文章でUPしております


まあ、日頃から拙blogを御愛顧いただき、コメント頂く皆様に

高兄からの、ささやかな「お中元」でございます^^

では、続きをどうぞ











DPP_36076.jpg

新町通りを、ぶらり歩けば

この時期、ロック絵師キーヤン(木村英輝)の絵がみえれば











DPP_36077.jpg

黒主山(くろぬしやま)が、登場











DPP_36080.jpg

天を仰ぐ、御神体、大伴黒主(おおとものくろぬし)

六歌仙に数えられる、歌の名手です











DPP_36081.jpg

会所巡りでは、各山鉾の懸装品が飾られています

実際の巡行の際に、山や鉾に付けられるものを

近くで、じっくりと拝見出来るんです











DPP_36082.jpg

お供え物も、色々と意味合いを考えれば

興味深いものばかりです











DPP_36083.jpg

漆に金具

山鉾の豪華な飾りの特徴のひとつですが

とても高価なんでしょうね











DPP_36085.jpg

黒主山と云えば、桜

こういう所も、レンズを向けたくなります











DPP_36084.jpg

粽にも、桜の花びら











DPP_36079.jpg

それにしても、飾り付けが格好良いなぁ

写真映えがしますね^^











DPP_36075.jpg

続きまして

役行者山(えんのぎょうじゃやま)

会所も、京町家の特徴

鰻の寝床になっているのが、よく解ります











DPP_36073.jpg

御神体登場

左から、一言主神、神変大菩薩、葛城神

この神変大菩薩と云うのが

伝説、逸話の多い、修験者、役小角(えんのおづぬ)の事です











DPP_36074.jpg

こちらも、豪華な飾り付けです

手前に、巡行時の写真がありますね

実際、山のどの部分に、この飾りがされるか

よく解りますよね^^











DPP_36086.jpg

浄妙山(じょうみょうやま)

躍動感がありますね

一来法師と、筒井浄妙










DPP_36087.jpg

平家物語の宇治川の合戦から、治承4年(1180)宇治川の合戦に

三井寺の僧兵筒井浄妙が橋桁を渡り一番乗りをしようとすると

一来法師がその頭上を飛び越え、「悪しゅう候、御免あれ」と前に進み出て

先陣をとってしまったという逸話











DPP_36088.jpg

巡行の際は

支え棒で、空中に

筒井浄妙を、飛び越えようとした姿で現れます











DPP_36089.jpg

年季ものだなぁ、これ











DPP_36090.jpg

各鉾町では

グッズ販売されています

山鉾の維持や新装には、莫大な御金がかかりますから

厄除け粽(ちまき)は、重要なグッズですが

こういうTシャッツも、良いですよね^^











DPP_36091.jpg

浄妙山も、なかなか渋い











DPP_36092.jpg

じっくり拝見すると

いろいろ発見もあります

宵山の夜になると、人だかりで

なかなか、山を見物出来ないので

すいている昼間の会所巡りは

そういう利点もあります











DPP_36093.jpg

橋弁慶山(はしべんけいやま)

会所の二階から、見物客を見下ろします

けれん味、たっぷりだなぁ~

こういうの好きだなぁ^0^











DPP_36094.jpg

扇子も、色んなヴァージョンがあるんですね

おもしろい絵柄ですね











DPP_36097.jpg

祇園祭の刺繍には、龍が多いですね

祭りと神と龍

きっても切り離せません











DPP_36095.jpg

源義経というより、牛若丸の頃を現していますよね

この表情、良いなぁ^^











DPP_36098.jpg

五条大橋での、牛若丸VS弁慶を表す山なので

橋の欄干にも、様々な趣向が











DPP_36099.jpg

続きましては

登竜門を表す、鯉山(こいやま)の登場

因みに、以前紹介したラーメン屋さん「是空 高安」は

この鯉山町にあるんです

だから、店の内装には鯉がイメージされていたんですね











DPP_36100.jpg

やはり懸装品も、豪華ですよね

素晴らしいです^^

「登龍門」の書が、眩しいなぁ











DPP_36102.jpg

こういう資料は、古い資料を基に

興されているんでしょうね

CGっぽくも見えます













DPP_36101.jpg

左甚五郎作と呼ばれる彫刻

そもそもが、この左甚五郎なる人物が

伝説的人物なので、なんとも言いがたいですが・・・

ともあれ、達人の作である事には間違いないですよね

こういう彫り込みまで、間近かで見られるのは凄いです











DPP_36103.jpg

鯉山さんの粽(ちまき)は、人気があります

やはり、立身出世を目指す人には

登竜門の粽は、御利益ですからね











DPP_36104.jpg

続きましては

現在、休み山となっている鷹山(たかやま)さん会所

右から、犬遣い、樽負(たるおい)、鷹遣い











DPP_36105.jpg

我が高兄家は、20年来、

前祭りの月鉾の粽を買っていたのですが

2年前から、鷹山さんの巡行復帰を願って

後祭りの、鷹山さんの粽を買っています


古い粽は、新しい粽を買った時に、会所にお返しします

買ったばかりに粽を、家に帰ると、家の玄関に飾り

1年間の、家族の健康、厄除けの御守りになるんです











DPP_36106.jpg

この鷹山さんの町内にある

「トゥレドゥー」さんの、この時期限定の

山鉾パフェ

わが子たちは、粽を買ったあとの

このパフェの方が愉しみなようで^^;











DPP_36107.jpg

さて、どんどん行きましょう

おや、この垂幕は・・・鳩と云えば











DPP_36108.jpg

八幡山(はちまんやま)さんの、御登場でございます











DPP_36109.jpg

こちらの会所飾りも

豪華絢爛でございます

ちょっとした「美術館巡り」ですね、気分は^^











DPP_36111.jpg

ひとつひとつの細工がねぇ

カッコよろしなぁ、ほんま











DPP_36110.jpg

夫婦和合の鳩が、八幡山さんのシンボルです











DPP_36112.jpg

こういうシンプルな粽(ちまき)も

格好が良いと、個人的には思います











DPP_36123.jpg

さて、

後祭りの時期、忘れてはならない

もう一つの祭り

「屏風祭り(びょうぶまつり」

これを観ない手はありませんよね











DPP_36119.jpg

屏風祭りとは

鉾山町内の旧家や商店などで、その主が所有する美術品などを公開する祭りで

京町家というと、うなぎの寝床と称されるように間口が狭く、奥へ深い造りが有名ですが

そういった風情をいまに残す町家が、通りに面した間を開放し、秘蔵の美術品を展示するんですが

古美術に関心のある方からすると、うなり声が上がるかも^^;











DPP_36116.jpg

こちらは、北観音山町にある

名家、吉田家さん

有形文化財に、町家が指定されていますね

風格を感じます











DPP_36117.jpg

非売品の北観音山の粽

ロケーションの良いせいか

画になるなぁ~











DPP_36118.jpg

御庭が素敵ですねぇ

高兄の家も、小さな小さな京町家ですが

全然、レベルが違います











DPP_36120.jpg

そして、吉田家の隣家

藤井紋さん

こちらの屏風祭りも素敵











DPP_36121.jpg

ミニチュアの北観音山が毎年恒例で

有名なんですが^^

これ、ミニチュアとは云え

実物を見ると、大層立派なものなんですよ











DPP_36122.jpg

屏風祭りの名のとうり

素晴らしい屏風絵に出逢えます

四季折々の花が優雅だなぁ~











DPP_36124.jpg

どうしても、

こういう構図を撮りたくなる私^^;

こういうの、個人的に格好良いと感じるんです、はい^^;











DPP_36125.jpg

京雑貨の老舗「くろちく」さんの

ミニ山鉾

セットで買うと、どれくらいするんでしょうね?











DPP_36131.jpg

そして、近年

後祭りに、見事、復興された大船鉾(おおふなぼこ)さんに

やって参りました











DPP_36132.jpg

後祭りの、巡行

しんがり(最後尾)を、勤める鉾

やはり、人気があります











DPP_36133.jpg

今年は、この龍頭での巡行ですね

隔年、この龍頭と大金弊(だいきんぺい)で巡行なので

来年は、龍でなく大金幣で巡行ですね

ちなみに、この龍頭

その内、漆塗りを3回かさね

最後は金箔が貼られる予定

数年後には、その姿が観られるかも^^











DPP_36113.jpg

存在感のある

北観音山(きたかんのんやま)が、登場でございます


優美な姿ですね、下から見上げると

そんな感想をもちます











DPP_36114.jpg

屋根下の彫刻の

見事で彩美な事

この二羽の鳥にも由来があるんでしょうね^^











DPP_36115.jpg

刺繍が鮮やか豪華で

光の明暗が、構図としても

しっくりきます^^v











DPP_36129.jpg

さて、ラストは

南観音山(みなみかんのんやま)さん











DPP_36127.jpg

屋根下で、ちらり、微笑み

こちらも、観音様?

羽根はないですが、

私には、迦陵頻伽(かりょうびんが)の様にも見えるんです

なんとも不思議











DPP_36128.jpg

格子越しで、撮っても

山鉾の雰囲気を感じられて

撮り手としても、幸せです♪











DPP_36130.jpg

ざっと、会所巡りで

後祭りの山鉾を、御紹介しましたが

祇園祭と云えば

観光の方には、宵山の夜の囃子、屋台

そして、翌朝からの巡行というイメージでしょうが・・・











DPP_36126.jpg

リピーターの方には

こういう昼間のすいている会所巡りも

ゆっくり、見物が出来るので

お勧めいたします^^


如何だったでしょうか?


高兄からの、

ささやかな、お中元

最後まで、愉しんで見て頂けたなら幸いでございます^^

まだまだ、全国的な酷暑は続きます

どうか、皆様

御身体、御自愛頂き

この厳しい夏を、乗り切ってくださいませ


+祇園祭 後祭について+

1965年(昭和40年)まで7月24日に巡行を行なっていた後祭を、大船鉾の再建にあわせて
復活させる気運が高まり
2012年(平成24年)になって、2014年(平成26年)の巡行から大船鉾を巡行に参加させ
同時に後祭を復活させる方針を決められた
ただし、実際の復活には警察や地元町会等との調整が必要で正式の復活発表が遅れていたが
2013年(平成25年)8月に2014年(平成26年)の巡行から前祭の23基と
後祭の10基に分かれて宵山や巡行を別日程で行うことになりました

巡行コースは現在の巡行コースの逆ルートとなる
これは、かつての後祭のコースが三条烏丸をスタートして、三条寺町から寺町通を南下し
四条寺町から四条通を西行し、四条烏丸で解散するという時計回りのルートであったことに
倣ったものである(そのために、後祭の南北に走る通りに建てられる山は北を正面にして山を建てる)















スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/929-fa2069db

Comment

sakura | URL | 2018.07.24 14:31
高兄さん、こんにちは^^
とても贅沢な会所めぐり。
高兄さんのお写真と詳しい解説付きで
じっくり後祭の会所巡りをさせていただきました。
普段、観ることができない貴重な装飾品や美術品の数々。
重要文化財の京町家のお庭や夏仕様になった簾やしつらえ。
美しい屏風。
山や鉾によって粽にも個性がありますね~
八幡山さんの一対になった鳩の絵も美しいですね。
美術館級の鯉山のタペストリーもこのような至近距離から拝見できて幸せです^^
1200年以上続く京都の祇園祭の奥深さを垣間見させてもらって
来年こそは、会所めぐりに重きをおいて
観光したいです^^
素晴らしいお中元、確かに頂戴いたしました^^
ありがとうございました。
ke-n | URL | 2018.07.24 17:37
高兄さん、こんにちは。

お中元、ご馳走様でした(笑。

まさに京都の町文化が盛りだくさんですね。
それを切り取る高兄さんのセンスもまた、
お写真を見ていて気持ちが良いです。
本当に、京分化を愛され、
撮り続けておられる心意気が伝わってまいりますよ。
boheme0506 | URL | 2018.07.24 18:38
お疲れ様でした~。
画像の整理も大変だったでしょう~。
暑いので、私は夜しか撮影をしたことがないのですが
夜だと山鉾ばかりになってしまうので
昼間もよりタペストリーが綺麗に映ったり
いいものですね。
休み山の復活も楽しみですね。
最近では、Tシャツに手ぬぐいに幅広く
販売もありますね。
teakota | URL | 2018.07.25 13:31 | Edit
こんにちは。

しっかり読ませていただきました。
贅沢なお中元ありがとうございます。

屏風祭り、ゆっくり巡りたいです。
sakayo | URL | 2018.07.26 05:43 | Edit
長編大作のブログで、隅々まで祇園祭を楽しめました。
我が家では、長刀鉾さんのちまきを買っていますが、人気があるからか、お値段が、少し高めなのが、気になります。
長刀鉾さんだと、お昼頃には、その日のちまきは売り切れましたとか言われるので、
やはり早めに買うか、他の鉾さんのにするか、TPOを考えて選びたいですね。
きまぐれおじさん | URL | 2018.07.26 08:19
お疲れ様です。
凄い歴史を感じますね。
博多祇園山笠は今年で777年。
京都とは歴史が違います。
そのせいか重厚感が伺われますね。
ありがとうございます。
marie | URL | 2018.07.26 13:13
高兄さん、こんにちは

大変すばらしい心に残る中元を頂きありがとうごあいます。

お人形さんの品格のあるお顔や、粽の構図とか
きゃあうきうき、素敵過ぎます。

旧家のお宝を開示のくだりは夢中で見てしまいました。

京都は品格のある、上品で、日本の誇りですね日本人として誇りに思います。


竜が吉を運ぶ縁起物であるのは中国(香港)と日本共通ですよね。

凛々しいと思います。

西洋ではドラゴンは悪魔の象徴の意味合いがあるんですよ。

文化の土台てのは興味深いですねえ。
(^O^)

れんげそう | URL | 2018.07.27 06:04 | Edit
お中元をいただきました
ありがとうございます
昨夜は雨が降りました 久しぶりの雨でした

さて お中元の品々
思わずわっとなりました
なんて贅沢なのでしょう

美しい装飾と祭りの提灯 
粽のショットもとても絵になりますね
初めのもお次のも好きです

屏風祭には過去一度だけ行きました
このような伝統が生きているのは素晴らしいです
これに京都の町衆の矜持というか気骨を感じました
この町衆が伝えてきた 祇園祭 
高兄さまのお写真にもそれが感じられます
誠に誠に素晴らしいです
高兄 | URL | 2018.07.28 17:04
sakuraさん、こんにちは

> 高兄さん、こんにちは^^
> とても贅沢な会所めぐり。
> 高兄さんのお写真と詳しい解説付きで
> じっくり後祭の会所巡りをさせていただきました。

恐縮です^^

> 普段、観ることができない貴重な装飾品や美術品の数々。
> 重要文化財の京町家のお庭や夏仕様になった簾やしつらえ。
> 美しい屏風。
> 山や鉾によって粽にも個性がありますね~

会所巡り、大好きなんですよ

特に、後祭は、比較的、人も少なめで

ゆっくり観れますから

> 八幡山さんの一対になった鳩の絵も美しいですね。
> 美術館級の鯉山のタペストリーもこのような至近距離から拝見できて幸せです^^

これ、1枚布を分割してるんですよね

ほんと、文化財ですよね♪

> 1200年以上続く京都の祇園祭の奥深さを垣間見させてもらって
> 来年こそは、会所めぐりに重きをおいて
> 観光したいです^^

是非是非、そうしてくださいな^^

> 素晴らしいお中元、確かに頂戴いたしました^^
> ありがとうございました。

愉しんで頂けたら、幸いでございます^^
高兄 | URL | 2018.07.28 17:06
ke-nさん、こんにちは

> 高兄さん、こんにちは。
>
> お中元、ご馳走様でした(笑。

いえいえ、お粗末さまでございます

> まさに京都の町文化が盛りだくさんですね。
> それを切り取る高兄さんのセンスもまた、
> お写真を見ていて気持ちが良いです。

ありがとうございます

撮ってる私が、一番、愉しんでいますから

ほんと、見所満載なんですよ^^

> 本当に、京分化を愛され、
> 撮り続けておられる心意気が伝わってまいりますよ。

そうですか、嬉しいなぁ^0^
高兄 | URL | 2018.07.28 17:11
さおりさん、こんにちは

> お疲れ様でした~。
> 画像の整理も大変だったでしょう~。

久々に、大量UPでした^^;

> 暑いので、私は夜しか撮影をしたことがないのですが
> 夜だと山鉾ばかりになってしまうので
> 昼間もよりタペストリーが綺麗に映ったり
> いいものですね。

ですよね

ゆっくり、観られるのが嬉しいです^^v

> 休み山の復活も楽しみですね。

鷹山

本当に、復活が楽しみ

2022年、巡行予定だそうです

> 最近では、Tシャツに手ぬぐいに幅広く
> 販売もありますね。

各鉾町、

それぞれ、工夫されてますね^^
高兄 | URL | 2018.07.28 17:13
teakotaさん、こんにちは

> こんにちは。
>
> しっかり読ませていただきました。
> 贅沢なお中元ありがとうございます。

いえいえ

お粗末さまで、ございまして

愉しんで頂けたなら、幸いです

> 屏風祭り、ゆっくり巡りたいです。

ええ、機会があれば

是非、観てみてください^^
高兄 | URL | 2018.07.28 17:15
sakayoさん、こんにちは

> 長編大作のブログで、隅々まで祇園祭を楽しめました。

私にとっては、確かに、大作かも^^;

> 我が家では、長刀鉾さんのちまきを買っていますが、人気があるからか、お値段が、少し高めなのが、気になります。
> 長刀鉾さんだと、お昼頃には、その日のちまきは売り切れましたとか言われるので、
> やはり早めに買うか、他の鉾さんのにするか、TPOを考えて選びたいですね。

長刀鉾の粽は、人気ありますからね~

息子は、昨年

長刀鉾にも乗れて、喜んでました^^
高兄 | URL | 2018.07.28 17:17
きまぐれ様、こんにちは

> お疲れ様です。
> 凄い歴史を感じますね。
> 博多祇園山笠は今年で777年。
> 京都とは歴史が違います。

まあ、京都は色々と、複雑な歴史がありますが

博多も、立派な長い歴史文化が、ありますよね^^

> そのせいか重厚感が伺われますね。
> ありがとうございます。

愉しんで頂けたら、幸いです^^
高兄 | URL | 2018.07.28 17:23
marieさん、こんにちは

> 高兄さん、こんにちは
>
> 大変すばらしい心に残る中元を頂きありがとうごあいます。
>
> お人形さんの品格のあるお顔や、粽の構図とか
> きゃあうきうき、素敵過ぎます。

喜んで頂けましたか

良かった、よかった^^

> 旧家のお宝を開示のくだりは夢中で見てしまいました。
>
> 京都は品格のある、上品で、日本の誇りですね日本人として誇りに思います。
>

歴史が長い分

色んな、異国文化の影響も

山鉾の飾りにも見受けられますよね

ひとつ、ひとつ、特化して調べると、おもしろいかも

> 竜が吉を運ぶ縁起物であるのは中国(香港)と日本共通ですよね。
>
> 凛々しいと思います。
>
> 西洋ではドラゴンは悪魔の象徴の意味合いがあるんですよ。
>
> 文化の土台てのは興味深いですねえ。
> (^O^)

ですね

日本の龍は、

中国、朝鮮半島と伝って、この日本までやって来ました

龍の、指の本数の逸話、定説なんかも

非常に興味深いです
高兄 | URL | 2018.07.28 17:29
れんげそう様、こんにちは

> お中元をいただきました
> ありがとうございます

届きましたか

良かった、よかった^^

> 昨夜は雨が降りました 久しぶりの雨でした

今夜は、遅くに

台風接近、

お気をつけください

> さて お中元の品々
> 思わずわっとなりました
> なんて贅沢なのでしょう
>
> 美しい装飾と祭りの提灯 
> 粽のショットもとても絵になりますね
> 初めのもお次のも好きです

恐縮です

おおきに

> 屏風祭には過去一度だけ行きました
> このような伝統が生きているのは素晴らしいです
> これに京都の町衆の矜持というか気骨を感じました
> この町衆が伝えてきた 祇園祭 

やはり、継承型の御祭りですから

それを、支えてきた

町衆の皆様には、頭が下がりますよね

> 高兄さまのお写真にもそれが感じられます
> 誠に誠に素晴らしいです

ありがとうございます^^
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ