晴明神社

IMG_1737.jpg

幼少のころより

大路を往く

百鬼夜行が見えたと云ふ















IMG_1738.jpg

ドーマンセーマン(五芒星)を

好んで用い















IMG_1739.jpg

式神(しきがみ)を操る術(すべ)を知り















IMG_1740.jpg

人のこころに潜む

その闇を見極めた















IMG_1745.jpg

都の丑寅(北東)に居を構え

魔物とさえ対峙したと云ふ















IMG_1755.jpg

その者の名、安部晴明





+晴明神社(せいめいじんじゃ)+

京都市上京区堀川通一条上る晴明町806番地1
晴明神社(せいめいじんじゃ)は、上京区にある神社である安倍晴明を祀る
一条戻橋のたもと(北西)にあった晴明の屋敷跡に鎮座する
全国各地に同名の神社が存在する
寛弘2年(1005)に晴明が亡くなると、時の一条天皇は晴明の遺業を賛え
晴明は稲荷神の生まれ変わりであるとして、寛弘4年(1007)、その屋敷跡に晴明を祀る神社を創建した
当地の社地は広大なものであったが、戦火や豊臣秀吉の都市整備などにより次第に縮小し
社殿も荒れたままの状態となった
幕末以降、氏子らが中心となって社殿・境内の整備が行われ
昭和25年(1950)には堀川通に面するように境内地が拡張された

アクセス 京都駅より京都市バス9系統 一条戻り橋下車



+ドーマンセーマン+

セーマンドーマンまたはドーマンセーマンとは、
三重県鳥羽市及び志摩市の海女が身につける魔除けである
陰陽道と関係するのともいわれ、星形の印は安倍晴明判紋、
格子状の印は九字紋と同じ形状である
このセーマンは安倍晴明、ドーマンは芦屋道満の名に由来するともいわれる
伊勢志摩の神島地方の海女は、この両方をあわせて『セーメー』と呼称している

安倍晴明判紋は晴明桔梗とも呼ばれ、五芒星と同じ形をしている
九字紋は横5本縦4本の線からなる格子形(九字護身法によってできる図形)をしている
ただしドーマンの線数は必ずしも9本とは限らない




スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/91-7a6479ee

Comment

yokoblueplanet | URL | 2010.09.18 00:18
こんばんは。
ドーマンセーマン、この星はユダヤの星と同じですね?!昔々、20万人程のユダヤの民が日本に移り住んだと云う説もありますね。歴史的にはどういう話になっているのか。。。学校で教えられる歴史には出て来なかったと記憶しますが。
高兄 | URL | 2010.09.18 07:26
Yoko様、こんにちは

> ドーマンセーマン、この星はユダヤの星と同じですね?!

Yoko様は、博学ですねぇ^^

私の記憶のなかでは、五芒星ではなく、六芒星(ダビデの星)であったような・・・?

>昔々、20万人程のユダヤの民が日本に移り住んだと云う説もありますね。

そういう説もありましたね

わたしは「赤い鳩」という青年誌連載だった漫画で

知りました

「かごめ、かごめ♪」もユダヤに関係するというやつでした・・・・

>歴史的にはどういう話になっているのか。

京都に住んでいると、周りが史跡だらけで

いろいろと頭をめぐります^^;
アラック | URL | 2010.09.19 07:10 | Edit
アラックです。
怪しい雰囲気ですね???
今日との一面ですね。
さて、今年の紅葉はどうでしょうね。
ゆうさん | URL | 2010.09.19 07:41 | Edit
不思議なパワーを感じます。中島らもの
ガダラの豚という本をおもいだしました。
高兄 | URL | 2010.09.19 08:42
アラックさん、こんにちは

> 怪しい雰囲気ですね???

ニヤリ^-^

まあ、そういう雰囲気が出せたらなぁ~なんて

思いながらカメラむけてました

> 今日との一面ですね。

そうですねぇ

実際、平安時代には陰陽寮なんてありましたしね

> さて、今年の紅葉はどうでしょうね。

先週は娘を連れて

仁和寺や嵯峨野あたりをぶらぶらしてきたんですが

場所によっては、多少のナラ枯れの影響が・・・

まあ、全体的には大丈夫でしょう^^
高兄 | URL | 2010.09.19 08:47
ゆうさん、こんにちは

此処は御所(現在より西側にあった平安京)の

ちょうど、北東にあります

むかし、千宗易(千利休)の屋敷もあったとか・・・

> 中島らもの
> ガダラの豚という本をおもいだしました。

おお!

ガダラの豚、御存知どすか!

ありゃ、傑作ですね~ほんま

らも氏(故人)は、あの作品で本気で芥川賞、取りにいったんですがねぇ~

残念でした
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ