瑞峯院

IMG_1695.jpg

大友宗麟 x 重森三玲















IMG_1703.jpg

独坐庭(どくざてい)

方丈の正面に位置する蓬莱山式庭園で、大刈込と巨石で表した蓬萊山からのびる半島と
















IMG_1705.jpg

小島に打ち寄せる荒波を砂紋で描いている















IMG_1708.jpg

昭和が生んだ

稀代の作庭家、重森三玲の庭である
















IMG_1716.jpg

閑眠庭(かんみんてい)

キリシタン大名・大友宗麟の思いを汲んだ枯山水の庭で

東側にあるキリシタン灯篭を背にして見ると、7個の石組みが十字架を形作っている















IMG_1718.jpg

戦国の世を駆け抜けた

九州の虎、大友宗麟が

魂の安住の地として選んだ大徳寺















IMG_1726.jpg

その魂が400年の後

この地で

重森三齢という才能と出逢った


















IMG_1734.jpg

十字の墓標を得た宗麟の魂が

今は静かに、眠っている・・・・




+瑞峯院(ずいほういん)+

京都市北区紫野大徳寺町81
北区紫野にある、臨済宗大本山大徳寺の塔頭(たっちゅう)である
境内には大友宗麟夫妻の墓がある
天文4年(1535)に九州のキリシタン大名として知られる大友宗麟が帰依した
大満国師・徹岫宗九(てっしゅう そうきゅう)を開祖に迎え、自らの菩提寺として創建した
瑞峯院という寺号は宗麟の法名「瑞峯院殿瑞峯宗麟居士」から名付けられたものである

+重森三齢(しげもりみれい)+

本名は重森計夫(1896年 - 1975年)は、
昭和期の日本の作庭家・日本庭園史の研究家
三玲が作庭した庭は、力強い石組みとモダンな苔の地割りで構成される
枯山水庭園が特徴的であるとされ、代表作に、東福寺方丈庭園、光明院庭園
瑞峯院庭園、松尾大社庭園などがある
































スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/90-0a97c393

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ