FC2ブログ

毘沙門堂


DPP_35732.jpg

息を呑む











DPP_35730.jpg

京都の風景を、カメラで撮り続けていると











DPP_35731.jpg

時に、自分の想像を超える景色に出逢う











DPP_35736.jpg

そんな時は











DPP_35735.jpg

一瞬、息を呑み











DPP_35734.jpg

丹田に力をいれて、カメラをしっかり構えて











DPP_35737.jpg

静かに、シャッターを切る











DPP_35733.jpg

これだから、カメラはやめられない


+毘沙門堂(びしゃもんどう)+

京都市山科区安朱稲荷山町18
山科区にある天台宗の寺院、山号は護法山、護法山安国院出雲寺とも称す
本尊は毘沙門天、天台宗京都五門跡の一であり、「毘沙門堂門跡」とも呼ばれる

寺伝によれば、毘沙門堂の前身の出雲寺は文武天皇の勅願により、大宝3年(703)行基が開いたという
その後、平安時代末期には出雲寺は荒廃していたが、鎌倉時代初期、平親範が平家ゆかりの3つの寺院を
合併する形で再興
中世末期には再び荒廃していたが、近世に至り、天海とその弟子の公海によって現在地に移転・復興され
天台宗京都五門跡の一として栄えた
前身寺院である出雲寺は、京都市上京区の相国寺の北、上御霊神社付近にあったと推定される
付近からは奈良時代前期にさかのぼる古瓦が出土しており、行基の開基であるかどうかは別としても
この付近に平城京遷都以前にさかのぼる寺院のあったことがわかる

アクセス JR・京都市営地下鉄東西線山科駅、京阪線京阪山科駅から北へ 徒歩20分


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/893-20dd7d61

Comment

きまぐれおじさん | URL | 2018.02.03 10:46
し~んという音が聞こえそうです。
その中にカシャっというシャッター音。
ピーンと張りつめた空気感がいいですね。
そんな雰囲気大好きです。
teakota | URL | 2018.02.04 09:38 | Edit
こんにちは。

ほんまにこんな美しい景色に出逢えるなんて。
言葉を失いますね。

更に高兄さんの切り取りが素敵で溜息
が出ます。
まろぷう | URL | 2018.02.04 12:28 | Edit
高兄さん
こんにちは(^^)

京男さんである方はたくさんいてはると思いますが、
感性はそれぞれ。
高兄さんの感性、私はとっても心惹かれます^ ^

と、ここまで書いていたら(外出中)、ある駅で京都は五條の和菓子屋さんが出店してました。
ういろ、麩饅頭、道明寺を買いました。

京のご縁ですね!
sakura | URL | 2018.02.04 16:33
高兄さん、こんにちは~♪
冬の毘沙門堂、静まり返った雪景色の境内
賑わいの頃しか知らない私は、
新たな毘沙門堂の一面を見させていただきました^^
優美な枝垂れ桜も今は冬の寒さに耐え
鮮やかな紅葉や散り紅葉に染まる参道も
水墨画の世界のように
心に響きますね。。。
いつもながらに美しいお写真に息を呑みました。
marie | URL | 2018.02.05 00:03
うわあ、、、雪ですねえ。
こちらでは絶対に見れないものです。

>>時に、自分の想像を超える景色に出逢う

見慣れている景色の中でもあるとき突然予期しない
顔がふっと現れることがありますよね。そういう時カメラってやっぱりいいなあ、、


障子の向こうの景色の写真、やっぱり格好いい。
目線が障子の向こうにぐーっと誘導されて、なんてステキな演出なのでしょうか。

boheme0506 | URL | 2018.02.05 11:15
おはようございます~♪
毘沙門堂の辺りも薄っすらと薄化粧。
薄化粧は時間との勝負にもなるかと思うんですけど
なかなか行けないので、いい景色を見させてもらいました。
もっと積もってほしい~って思いはするんですけど
お寺の庭園はこれくらいの雪のほうが
上品で原型もわかっていいですね。
だけど溶けないでほしい^^
rika3377 | URL | 2018.02.05 17:19
こんにちは。
うっすら雪化粧、きれいですね。
しんと静まり返った雰囲気が写真からも伝わってきます。
でも、思いっきり寒そう・・・
ke-n | URL | 2018.02.06 15:41
高兄さん、こんにちは。

うっすらと積もった雪は、
景色をすべて消してしまわないのが良いですね。
張りつめた空気感がぴりぴりと伝わってきます。

カメラはやめられないって思うときは、
見た目以上にその場の雰囲気を写し撮れた時かな。
高兄 | URL | 2018.02.07 10:57
きまぐれ様、こんにちは

> し~んという音が聞こえそうです。
> その中にカシャっというシャッター音。

集中出来てる時は、他の方もそうかもしれませんが

一瞬、空気から音が消えます

> ピーンと張りつめた空気感がいいですね。
> そんな雰囲気大好きです。

本当は、もう少し

雪が深いかとも思いましたが

充分に、美しい景色でした^^
高兄 | URL | 2018.02.07 11:03
teakotaさん、こんにちは

> こんにちは。
>
> ほんまにこんな美しい景色に出逢えるなんて。
> 言葉を失いますね。

多分、もう少し積もると

もっと、モノクロームな世界になるんでしょう

いつか、そんな景色も切りたいです^^

> 更に高兄さんの切り取りが素敵で溜息
> が出ます。

ありがとうございます

そう云って頂けると

俄然、やる気が湧いてきます(単純ですから)
高兄 | URL | 2018.02.07 11:09
まろぷうさん、こんにちは

> 高兄さん
> こんにちは(^^)
>
> 京男さんである方はたくさんいてはると思いますが、
> 感性はそれぞれ。
> 高兄さんの感性、私はとっても心惹かれます^ ^

ありがとうございます

感性の感じ方も、人それぞれですが

京都にも、沢山の偉大な先人たちが居られたので

見習いたいですね

> と、ここまで書いていたら(外出中)、ある駅で京都は五條の和菓子屋さんが出店してました。
> ういろ、麩饅頭、道明寺を買いました。
>
> 京のご縁ですね!

まろぷうさん、

京都を引き寄せる、パワーを御持ちじゃないですか^^
高兄 | URL | 2018.02.07 11:12
sakuraさん、こんにちは

> 高兄さん、こんにちは~♪
> 冬の毘沙門堂、静まり返った雪景色の境内
> 賑わいの頃しか知らない私は、
> 新たな毘沙門堂の一面を見させていただきました^^

私の、私見ですが

紅葉が華やかな場所は

雪が積もると

やはり、華やかに美しい気がいたします

> 優美な枝垂れ桜も今は冬の寒さに耐え
> 鮮やかな紅葉や散り紅葉に染まる参道も
> 水墨画の世界のように
> 心に響きますね。。。
> いつもながらに美しいお写真に息を呑みました。

出来ますなら

あと、一度くらい

雪景色の京都をお届けできたらなぁ・・と

こればかりは、タイミングですね^^;
高兄 | URL | 2018.02.07 11:15
marieさん、こんにちは

> うわあ、、、雪ですねえ。
> こちらでは絶対に見れないものです。

いくら、大寒波でも

さすがに、香港ではねぇ・・・

> >>時に、自分の想像を超える景色に出逢う
>
> 見慣れている景色の中でもあるとき突然予期しない
> 顔がふっと現れることがありますよね。そういう時カメラってやっぱりいいなあ、、

カメラも、一期一会な世界ですね

> 障子の向こうの景色の写真、やっぱり格好いい。
> 目線が障子の向こうにぐーっと誘導されて、なんてステキな演出なのでしょうか。

障子越しの世界や、額縁の御庭は

やはり、和の世界ですよね^^v
高兄 | URL | 2018.02.07 11:19
さおりさん、こんにちは

> おはようございます~♪
> 毘沙門堂の辺りも薄っすらと薄化粧。
> 薄化粧は時間との勝負にもなるかと思うんですけど
> なかなか行けないので、いい景色を見させてもらいました。

そうなんですよ

お日様でね~溶けちゃいます、急がないと^^;

> もっと積もってほしい~って思いはするんですけど
> お寺の庭園はこれくらいの雪のほうが
> 上品で原型もわかっていいですね。
> だけど溶けないでほしい^^

この、雪の積もり具合

この塩梅で

色のある、華やかな雪景色から

だんだんと、モノクロームな世界に変化する

興味深いところです^^
高兄 | URL | 2018.02.07 11:22
rikaさん、こんにちは

> こんにちは。
> うっすら雪化粧、きれいですね。

冬は寒いイメージの京都ですが

洛中では、なかなか、雪景色は見られません

> しんと静まり返った雰囲気が写真からも伝わってきます。
> でも、思いっきり寒そう・・・

手がかじかみますね

カメラマンさん、皆さん、指先を使われるので

手袋なしですから^^;
高兄 | URL | 2018.02.07 11:25
ke-nさん、こんにちは

> 高兄さん、こんにちは。
>
> うっすらと積もった雪は、
> 景色をすべて消してしまわないのが良いですね。
> 張りつめた空気感がぴりぴりと伝わってきます。

色合いとのコントラストが

思わぬ景色を産む場合があります

冬山を経験されているke-nさんには

よくわかる御話かと^^

> カメラはやめられないって思うときは、
> 見た目以上にその場の雰囲気を写し撮れた時かな。

ほんの、瞬間

多分、0.2秒くらい

無音になるんです、シャッターを切る寸前

そういう時は、ちょっと、切った画が愉しみです^^
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ