宝泉院


DPP_35681.jpg

変わってますか?











DPP_35682.jpg

喩えるならば











DPP_35683.jpg

桜咲く春や











DPP_35685.jpg

新緑輝く、夏より











DPP_35680.jpg

紅葉の彩りの、秋より











DPP_35684.jpg

枯れて静かな、冬の宝泉院が一番好きな私











DPP_35686.jpg

変わってますか?



+宝泉院(ほうせんいん)+

京都市左京区大原勝林院町187
大原にある、天台宗の寺院の一つである、観光地としても著名な三千院の参道奥にある
大原寺(勝林院)の僧坊の一つとして、長和2年(1012)に創建されたものである

庭園として盤桓園(立ち去りがたいという意)、鶴亀庭をもち、盤桓園には樹齢300年の沙羅双樹の木が茂る
樹齢700年の「五葉の松」も観光客に人気がある
こちらは京都市指定の天然記念物に指定されている、また、坊内にある「血天井」は
関ヶ原の戦いの前哨戦となった伏見城の戦いの際に徳川家臣鳥居元忠以下数百名が
自刃した伏見城の床板であり、その霊を供養するため天井板としているものである

アクセス 京都交通バス 大原(終点)下車 徒歩15分

スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/888-2f2d06c9

Comment

れんげそう | URL | 2018.01.15 12:49 | Edit
おお!!冬の大原 宝泉院さん

松もなんとか元気で^^

赤い毛氈の畳と額縁の光景 いつ見ても結構な
いつ見ても憧れです
また行きたくなりました

光の具合が誠にお見事です!
ke-n | URL | 2018.01.15 15:22
高兄さん、こんにちは。

たしかに、普通とは変わっているでしょうね(笑。
でも、冬だからこそ、色々なものが削られたから、
見えてくる美もあるでしょうね。
それを撮られている高兄さんだから、
「冬が一番」なんでしょうね。
sakura | URL | 2018.01.15 16:11
高兄さん、こんにちは^^
冬の大原、宝泉院、趣きがありますね。
四季折々、美しい姿を見せてくれる庭園ですが
冬の凛とした宝泉院は、
五葉松の見事な枝ぶり、
可憐な雪のような白い実、青々とした竹
寺院の中では、新年の生け花、
優しいガラス越しの光。
春、夏、秋の華やかな季節にはない「気づき」が
彼方此方にたくさん散りばめられていて
私は今度冬に訪れたいと思いました^^
boheme0506 | URL | 2018.01.15 19:11
こんばんは~♪
冬の宝泉院は、驚くほど静かでいいですよね。
他のシーズンは、額縁庭園人気で
けっこう人が多いですよね~。
2枚目が特に大好きです~♪

高兄 | URL | 2018.01.16 17:45
れんげそう様、こんにちは

> おお!!冬の大原 宝泉院さん
>
> 松もなんとか元気で^^

雪は、あいにく降りませんでしたが^^;

この松は、長い事、病気なんでしょうね

白くみえるのは薬でしょう

ただ、天然記念物にもなっていますし、枯れさせるわけにはいかないのでしょう

維持が大変でしょうね

> 赤い毛氈の畳と額縁の光景 いつ見ても結構な
> いつ見ても憧れです
> また行きたくなりました
>
> 光の具合が誠にお見事です!

ありがとうございます

まあ、冬日のコントラストのキツさ

相当なんで、もうちっとシャッター切る前に

工夫せんとなぁ設定を・・って感じでして

反省しております><
高兄 | URL | 2018.01.16 17:48
ke-nさん、こんにちは

> 高兄さん、こんにちは。
>
> たしかに、普通とは変わっているでしょうね(笑。
> でも、冬だからこそ、色々なものが削られたから、
> 見えてくる美もあるでしょうね。

ありがとうございます

じっくり拝見出来るのは

何と云っても冬かな~というのが実感でございます

> それを撮られている高兄さんだから、
> 「冬が一番」なんでしょうね。

シャッタータイミングにもたつく私にとっては

人が見切れないのも、大いに助かります、はい^^;
高兄 | URL | 2018.01.16 17:51
sakuraさん、こんにちは

> 高兄さん、こんにちは^^
> 冬の大原、宝泉院、趣きがありますね。
> 四季折々、美しい姿を見せてくれる庭園ですが

私が、伺った翌日には

雪化粧していた様ですので

日頃の、行いの悪さでしょうか私?

> 冬の凛とした宝泉院は、
> 五葉松の見事な枝ぶり、
> 可憐な雪のような白い実、青々とした竹
> 寺院の中では、新年の生け花、
> 優しいガラス越しの光。
> 春、夏、秋の華やかな季節にはない「気づき」が
> 彼方此方にたくさん散りばめられていて
> 私は今度冬に訪れたいと思いました^^

気づき

良い事、仰いますね

確かに、春や秋とは、違うアプローチ

カメラの視点が、産まれそうですね^^
高兄 | URL | 2018.01.16 17:54
さおりさん、こんにちは

> こんばんは~♪
> 冬の宝泉院は、驚くほど静かでいいですよね。

さおりさんが、行かれた時も

人が、まばらだったのではないですか?

> 他のシーズンは、額縁庭園人気で
> けっこう人が多いですよね~。

タイミングが悪いと・・・ですね・・・^^;

> 2枚目が特に大好きです~♪

おおきに

毎回、同じ様な構図になりつつ

まあ、あせらず、色々感じながら撮れたらと思っています^^v
marie | URL | 2018.01.17 03:08
先日はメッセージを頂きありがとうございました。

ステキなお写真ですネ。

肌を刺すような寒さ、畳の匂い、左右に開閉する引き戸、懐かしさがこみあげてきます。

最後から2枚目のちら見えの美、いいですねえ。

真似したい、、あ、香港には障子がないか、、、
高兄 | URL | 2018.01.17 07:52
marieさん、こんにちは

> 先日はメッセージを頂きありがとうございました。
>
> ステキなお写真ですネ。

恐縮です、ありがとうございます^^

まだまだ、甘い写真ですが

精進していきたいです

> 肌を刺すような寒さ、畳の匂い、左右に開閉する引き戸、懐かしさがこみあげてきます。

こちらの、額縁庭園

立ち去りがたし御庭と呼ばれていますよ

さも、あらんですよね

紅葉の時期は、大変な賑わいでして

アジアの観光客の姿も見かけます

> 最後から2枚目のちら見えの美、いいですねえ。
>
> 真似したい、、あ、香港には障子がないか、、、

いやいや

marieさんのセンスと、腕前なら

工夫されて、もっと、美しく仕上げられるのでは^^
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ