天授庵


DPP_35177.jpg

京男の夏











DPP_35166.jpg

陽射しが強かったり











DPP_35172.jpg

ジメジメしてたり











DPP_35174.jpg

汗が噴出すような日々











DPP_35168.jpg

そんな時は











DPP_35175.jpg

こんな場所で、涼みたくなる











DPP_35176.jpg

それが、人情ってもんでしょ











DPP_35167.jpg

息子も、そう思ってるはず?


+天授庵(てんじゅあん)+

京都市左京区南禅寺福地町
天授庵(てんじゅあん)は臨済宗南禅寺の塔頭である
暦応2年 (1339) に虎関師錬が南禅寺を開山した無関普門の塔所(墓所)として建立された
戦国時代には衰退したが,慶長7年 (1602) に武将で歌人としても知られる細川幽斎により再興された
書院南庭は、杉や楓が鬱蒼と茂る池泉回遊式庭園で、明治時代に改修されているが南北朝時代の面影を残す

アクセス 京都市バス「東天王町」下車 徒歩15分
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/848-5b6a7f44

Comment

teakota | URL | 2017.08.02 16:28 | Edit
こんにちは。

お暑うございますね。

どれも素敵なのですが特に1枚目のお写真、凄いなと思いました。

小さい頃からこんな場所を感じることができる坊ちゃま、羨ましいです^^。
sakura | URL | 2017.08.02 22:57
高兄さん、こんばんは^^

天授庵、紅葉の時季の喧騒が想像できないくらいの静けさですね。
池の鯉、苔の碧、水辺の睡蓮、楚々と咲く桔梗の花
静まりかえった枯山水の庭、

お写真1枚、1枚に涼感を感じます。

京都の夏、盆地の夏は、
ひと際、厳しい暑さですよね。
でもその暑さと上手に昔から付き合っている
京都の人々の夏の過ごし方は、
見習うべき事が、たくさんあって
息子さんも、京都の街で育まれながら
成長されていくなんて
うらやましい限りです。

小さな京男さん、涼し気な装い、粋ですね~^^
boheme0506 | URL | 2017.08.03 13:12
こんにちは~♪
わ~、息子さん、夏の装いで頭も可愛いですね。
なんか、訪れた日の天候といい
睡蓮や桔梗の感じといい
けっこう私と近い日に訪れていると思います。
ニアミスが本当に多いですね。
まるで、紅葉の時の騒ぎが嘘のように
真夏は静かですね~。
まろぷう | URL | 2017.08.03 20:58 | Edit
高兄さん、こんばんは。

天授庵、好きです(^ ^)
暑さを感じさせない風景の数々、涼しいお江戸のお部屋で楽しませていただきました。
実際は蝉が鳴いてたりするのでしょうか。

息子さんの装いはどなたの案ですか?
とてもいいですね。
後ろ姿で語ってますね^ ^
京男、いいことばです。
東男ということばもあって、響きはいいけど、個人的には字体は京男のほうが好みです^ ^

私は尾張の女ですが、母の代までは江戸っ子です。
だからでしょうか、浅草のお祭りなんかには体の中のなにかがウズウズします!
ke-n | URL | 2017.08.04 17:45
高兄さん、こんにちは。

うんうん、息子さんのいでたち、
はっきりと京男の血筋を感じるほど、
よく似合ってますねー!!
想像するに、
高兄さんの小さい頃にそっくりなのではないですか。

今年の夏も、暑い暑いといってるうちにお盆が過ぎ…
少しずつ涼しくなっていきますね。
時の過ぎるのが早いです。
息子さんの成長もあっという間ですよ(笑顔。

そんな夏の一瞬を惜しむかのような心を、
お写真から感じました。
高兄 | URL | 2017.08.04 18:46
teakotaさん、こんにちは

> こんにちは。
>
> お暑うございますね。

ええ

毎日、毎日^^;

クーラーばかりつけてしまいます

いけまへん^^;

> どれも素敵なのですが特に1枚目のお写真、凄いなと思いました。
>
> 小さい頃からこんな場所を感じることができる坊ちゃま、羨ましいです^^。

まあ、まだ小さいので、黙って付いてきますが

そのうち、神社仏閣いやや~と、ダダこねられるかな^^;
高兄 | URL | 2017.08.04 18:50
sakuraさん、こんにちは

> 高兄さん、こんばんは^^
>
> 天授庵、紅葉の時季の喧騒が想像できないくらいの静けさですね。
> 池の鯉、苔の碧、水辺の睡蓮、楚々と咲く桔梗の花
> 静まりかえった枯山水の庭、
>
> お写真1枚、1枚に涼感を感じます。

ありがとうございます

天授庵さんは、訪れる度

写真に、メリハリが付けやすいと

重宝させて頂いております^^

> 京都の夏、盆地の夏は、
> ひと際、厳しい暑さですよね。

真夏になると

盆地特有やなぁぁ、と、嫌でも地形を思い出します><

> でもその暑さと上手に昔から付き合っている
> 京都の人々の夏の過ごし方は、
> 見習うべき事が、たくさんあって
> 息子さんも、京都の街で育まれながら
> 成長されていくなんて
> うらやましい限りです。

既に、家でクーラーに慣れつつあって

これは、いかんいかんと

川遊びに、連れてったりしていますよ^^
>
> 小さな京男さん、涼し気な装い、粋ですね~^^
高兄 | URL | 2017.08.04 18:55
さおりさん、こんにちは

> こんにちは~♪
> わ~、息子さん、夏の装いで頭も可愛いですね。

このあと、確か、お祭りに行ったんです・・・

それで、浴衣だったんですね

> なんか、訪れた日の天候といい
> 睡蓮や桔梗の感じといい
> けっこう私と近い日に訪れていると思います。
> ニアミスが本当に多いですね。

ですね

カメラ視点が似てる?ん、ですかね

> まるで、紅葉の時の騒ぎが嘘のように
> 真夏は静かですね~。

確かに、この日は

訪れる方、まばらでしたよ
高兄 | URL | 2017.08.04 18:59
まろぷうさん、こんにちは

> 高兄さん、こんばんは。
>
> 天授庵、好きです(^ ^)
> 暑さを感じさせない風景の数々、涼しいお江戸のお部屋で楽しませていただきました。
> 実際は蝉が鳴いてたりするのでしょうか。

蝉は、もう、元気よく鳴いてます

命を燃やしているんですね

> 息子さんの装いはどなたの案ですか?
> とてもいいですね。

この日は、夕方、お祭りだったんで

浴衣姿にしたんですよ^^

> 後ろ姿で語ってますね^ ^
> 京男、いいことばです。
> 東男ということばもあって、響きはいいけど、個人的には字体は京男のほうが好みです^ ^

我が家は、京男と東女のカップル

姉夫婦んとこは、

尾張男と、京女のカップルです

> 私は尾張の女ですが、母の代までは江戸っ子です。
> だからでしょうか、浅草のお祭りなんかには体の中のなにかがウズウズします!

いいですね~それ^^
高兄 | URL | 2017.08.04 19:02
ke-nさん、こんにちは

> 高兄さん、こんにちは。
>
> うんうん、息子さんのいでたち、
> はっきりと京男の血筋を感じるほど、
> よく似合ってますねー!!

ありがとうございます

そんな風に云って頂くと、きっと息子も、ニンマリだと思います

> 想像するに、
> 高兄さんの小さい頃にそっくりなのではないですか。

確かに、そっくりですね

私の小さい頃の写真見ると^^;

> 今年の夏も、暑い暑いといってるうちにお盆が過ぎ…
> 少しずつ涼しくなっていきますね。
> 時の過ぎるのが早いです。
> 息子さんの成長もあっという間ですよ(笑顔。

振り返れば、そう思うのでしょうね・・・

まだ、勿論、実感は湧きませんがね^^;


> そんな夏の一瞬を惜しむかのような心を、
> お写真から感じました。

いつも、お気遣いあるコメント

おおきに^^
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ