宝泉院


DPP_34694.jpg

「Don't think Feel」
            ブルース・リー











DPP_34695.jpg

名作「燃えよドラゴン」

その冒頭のシーンで











DPP_34697.jpg

ブルース・リーは、

若き弟子に、こう諭します











DPP_34698.jpg

考えるな、先ず、感じ取るんだ











DPP_34699.jpg

そして、その事が

とても大事な事なんだ、と











DPP_34701.jpg

冬の静謐と、凛とした空気に包まれて











DPP_34696.jpg

私は、この事を思い出していました




+宝泉院(ほうせんいん)+

京都市左京区大原勝林院町187
大原にある、天台宗の寺院の一つである、観光地としても著名な三千院の参道奥にある
大原寺(勝林院)の僧坊の一つとして、長和2年(1012)に創建されたものである

庭園として盤桓園(立ち去りがたいという意)、鶴亀庭をもち、盤桓園には樹齢300年の沙羅双樹の木が茂る
樹齢700年の「五葉の松」も観光客に人気がある
こちらは京都市指定の天然記念物に指定されている、また、坊内にある「血天井」は
関ヶ原の戦いの前哨戦となった伏見城の戦いの際に徳川家臣鳥居元忠以下数百名が
自刃した伏見城の床板であり、その霊を供養するため天井板としているものである

アクセス 京都交通バス 大原(終点)下車 徒歩15分
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/805-cb19dbbb

Comment

aunt carrot | URL | 2017.02.05 09:19 | Edit
ブルースリーの文字みて、えっ?
と思いましたが、
とっても奥深い胸にどんとくる記事でした。
>考えるな、先ず、感じ取るんだ
写真を撮るときの基本ですね。
時々、上手に撮りたいとかきれいに撮りたいばっかりの気持ちになるときがあります。
この言葉忘れないでおこうと思います

sakura | URL | 2017.02.05 13:22
高兄さん、こんにちは^^
冬の宝泉院、格別ですね~
秋は、紅葉を見に来た人達で溢れかえっていますが
真冬こそ、こちらの「五葉の松」の美しさが映えますね。

お写真も、いつもながら感性溢れる切り取りで
冬の大原の静けさが伝わってきます。

まず、感じ取ること。。。大事ですね。
そこから被写体へのイマジネーションが膨らませて
いくのですね~。

冬の京都、いつかは行ってみたいです。
昨日は、東京駅の商業施設KITTEで
冬の京都の旅のキャンペーンをしていましたよ^^

雪景色や
普段廻れないところ、
グルメ、冬ならではの愉しみ
時間を気にせず廻ってみたいです。
rika3377 | URL | 2017.02.06 01:51
こんにちは。
なるほど、頭でいろいろ考えると先入観も入ってしまいますよね。
まずは自分の五感で感じることが大切ですね。
これはいろいろな場面に共通しますね。
参考にさせていただきます。

お写真、いろいろ感じさせていただきましたよ~。
teakota | URL | 2017.02.06 09:37 | Edit
こんにちは。

こういう場所だと凝り固まった思考も解放されて
感覚が戻りそうですね。
ke-n | URL | 2017.02.06 16:21
高兄さん、こんにちは。

ブルースリーって僕たちの世代のヒーローかと思ってました。
「燃えよドラゴン」は、たしかに名作ですが、お若い高兄さんが内容までご存じとは(笑顔。

法泉院さん、圧巻なる老木を前に、
感じ取ったままを撮るという試みができましたでしょうか(笑顔。
真ん中あたりからのお写真で、撮影者である高兄さんの息遣いのようなものが感じ取れた気がします。

撮影する時、僕は煩悩の塊です(笑。
85-f14 | URL | 2017.02.08 21:04
高兄さん。こんにちは。

ここは行ったことがあります。
三千院は入る人が多いけどここは
いつも静かな印象がありますね。
高兄 | URL | 2017.02.08 21:35
aunt carrotさん、こんにちは

> ブルースリーの文字みて、えっ?
> と思いましたが、
> とっても奥深い胸にどんとくる記事でした。

ありがとうございます

今回は、キャプションが撮影する前に

既に、決まっていて

そういう時は、撮影しやすいです^^

> >考えるな、先ず、感じ取るんだ
> 写真を撮るときの基本ですね。
> 時々、上手に撮りたいとかきれいに撮りたいばっかりの気持ちになるときがあります。
> この言葉忘れないでおこうと思います

いやいや、

私も、煩悩ばかり

ついつい、余計なこと考えながら

カメラ構えてしまいます^^;
高兄 | URL | 2017.02.08 21:42
sakuraさん、こんにちは

> 高兄さん、こんにちは^^
> 冬の宝泉院、格別ですね~
> 秋は、紅葉を見に来た人達で溢れかえっていますが
> 真冬こそ、こちらの「五葉の松」の美しさが映えますね。

ともあれ

人が少ない事が、本当に助かります

人が見切れず撮影しやすい

ありがたいです^^

>
> お写真も、いつもながら感性溢れる切り取りで
> 冬の大原の静けさが伝わってきます。


恐縮でございます

> まず、感じ取ること。。。大事ですね。
> そこから被写体へのイマジネーションが膨らませて
> いくのですね~。

いやいや

言うは易しで、私自身、ぜんぜん未熟でございます

> 冬の京都、いつかは行ってみたいです。
> 昨日は、東京駅の商業施設KITTEで
> 冬の京都の旅のキャンペーンをしていましたよ^^

へぇ~

どんなものが、あったんでしょう?

素敵なものは、見つかりましたか?

> 雪景色や
> 普段廻れないところ、
> グルメ、冬ならではの愉しみ
> 時間を気にせず廻ってみたいです。

冬の御鍋なんか、良いですね

週末は、冷え込みそうですね

sakuraさんも、ご自愛くださいませ
高兄 | URL | 2017.02.08 21:48
rikaさん、こんにちは

> こんにちは。
> なるほど、頭でいろいろ考えると先入観も入ってしまいますよね。
> まずは自分の五感で感じることが大切ですね。

そのまま、自然にシャッターが切れる

そんな感覚を磨きたいです^^v

> これはいろいろな場面に共通しますね。
> 参考にさせていただきます。
>
> お写真、いろいろ感じさせていただきましたよ~。

ありがとうございます

いつも、暖かいコメントいただいて^0^


高兄 | URL | 2017.02.08 21:53
teakotaさん、こんにちは

> こんにちは。
>
> こういう場所だと凝り固まった思考も解放されて
> 感覚が戻りそうですね。

冬の空気感が

普段より感覚を、研ぎ澄ませてくれるのかもしれませんね

雪化粧を期待していたんですが

これは、これで

充分、美しい眺めでございました^^
高兄 | URL | 2017.02.08 21:58
ke-nさん、こんにちは

> 高兄さん、こんにちは。
>
> ブルースリーって僕たちの世代のヒーローかと思ってました。
> 「燃えよドラゴン」は、たしかに名作ですが、お若い高兄さんが内容までご存じとは(笑顔。

わたし、香港映画

結構、好きなんですよ

ブルース・リーはメジャーですが

所謂、B級カンフー映画なんかもね^^

> 法泉院さん、圧巻なる老木を前に、
> 感じ取ったままを撮るという試みができましたでしょうか(笑顔。
> 真ん中あたりからのお写真で、撮影者である高兄さんの息遣いのようなものが感じ取れた気がします。
>
> 撮影する時、僕は煩悩の塊です(笑。

いやいや

私も、煩悩だらけです

思うような写真は、なかなか・・・

やはり、奥が深い・・ってか、単に私が未熟なんですが^^;
高兄 | URL | 2017.02.08 22:00
f14さん、こんにちは

> 高兄さん。こんにちは。
>
> ここは行ったことがあります。
> 三千院は入る人が多いけどここは
> いつも静かな印象がありますね。

三千院より、奥にある宝泉院さん

紅葉の時期は、人が多いのですが

真冬の静けさ

格別で、ございます^^v
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ