天龍寺


DPP_34638.jpg

心の声











DPP_34634.jpg

美しいと思った時











DPP_34635.jpg

シャッターを切りなさい











DPP_34636.jpg

愛おしいと思った時











DPP_34641.jpg

シャッターを切りなさい











DPP_34639.jpg

そして、自分にとって












DPP_34637.jpg

意味のある写真を撮りなさい











DPP_34640.jpg

そう云えば、昔











DPP_34642.jpg

お祖父ちゃんが、そんな事を言っていました^^











DPP_34643.jpg

新年、明けましておめでとうございます


本年も、「きょうと京都」を宜しく御願い致します




+天龍寺+

京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68

右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町にある、臨済宗天龍寺派大本山の寺院
山号は霊亀山(れいぎざん)、寺号は詳しくは天龍資聖禅寺(てんりゅうしせいぜんじ)と称する
本尊は釈迦如来、開基(創立者)は足利尊氏、開山(初代住職)は夢窓疎石である
足利将軍家と桓武天皇ゆかりの禅寺として壮大な規模と高い格式を誇り、京都五山の第一位とされてきた
「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている

アクセス 京福電気鉄道(嵐電) 「あらしやま」下車 徒歩3分
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/799-53584cca

Comment

ke-n | URL | 2017.01.06 14:06
高兄さん、あけましておめでとうございます。

今回の天龍寺は、池の映り込みやボケを使われての、
朧げな雰囲気が素敵ですね。

今年も天駈ける龍の如く、お元気で活躍されますよう。
そして、京都の素晴らしい旬景を楽しませていただきますよう、
よろしくお願い申し上げます。
rika3377 | URL | 2017.01.06 23:17
こんにちは。
すばらしいお庭ですね。
かなり広そうなので、どのあたりかと思ったら、やはり嵐山のほうですか。
次回京都に行く際にでもぜひ行ってみたいです!
aunt carrot | URL | 2017.01.07 08:27 | Edit
高兄さん、明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします・

今年も素敵な京都をたくさん見せてくださいね!
cox | URL | 2017.01.07 21:30 | Edit
こんにちは。
今年は天龍寺からスタートなんですね。
清々しいお写真、新年にふさわしいです。
山茶花の紅色が懐かしいな~
85-f14 | URL | 2017.01.07 22:54
高兄さん、明けましておめでとうございます。


おじいさんも写真をされていたのですか?

ボクの祖父も写真をしていたようで遺品を整理していた時に中判や一眼レフがたくさん部屋から出てきました。母親はまったく興味はないようで伴性遺伝なんでしょうね。


この一年もいい写真を撮りたいですね。

今年もよろしくお願いいたします。

teakota | URL | 2017.01.08 15:12 | Edit
こんにちは、高兄さん。
今年も宜しくお願いします。

なんて素敵なお祖父様の言葉。
今年も美しい京都写真、楽しみにしていますね。
sakura | URL | 2017.01.09 15:47
高兄さん、あけましておめでとうございます。

天龍寺

四季を通じて様々な景色を魅せてくれますね^^
冬もまた、格別ですね。
静謐で凛とした冬の空気感が伝わってくるお写真ばかり。

今年も美しい京都のお写真愉しみにしています。

本年もよろしくお願いいたします。
yungchi | URL | 2017.01.10 15:09 | Edit
高兄さん、遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

心の声、同じくカメラを趣味とする人間として、
心にストンと落ちました。
素敵なお言葉ですね。

四季折々に美しい京都のお写真、
今年も楽しみにしています!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。^^
高兄 | URL | 2017.01.11 12:54
ke-nさん、こんにちは

> 高兄さん、あけましておめでとうございます。

明けまして、おめでとうございます^^

> 今回の天龍寺は、池の映り込みやボケを使われての、
> 朧げな雰囲気が素敵ですね。

この庭園の、圧倒的スケールには

いつも、新鮮に驚かされます

> 今年も天駈ける龍の如く、お元気で活躍されますよう。

ああ、本当に

その様な、飛躍が出来ますれば、幸せでございます

> そして、京都の素晴らしい旬景を楽しませていただきますよう、
> よろしくお願い申し上げます。

こちらこそ、

本年も、宜しくお願いいたします
高兄 | URL | 2017.01.11 12:57
rikaさん、こんにちは

> こんにちは。
> すばらしいお庭ですね。

もう、ぜひぜひ実物を

そんな自慢をしたくなる、素晴らしい御庭

> かなり広そうなので、どのあたりかと思ったら、やはり嵐山のほうですか。
> 次回京都に行く際にでもぜひ行ってみたいです!

嵐山、亀山を、借景として

風景に取り込まれた名庭

特に、晩秋の景色は、圧巻ですよ^^
高兄 | URL | 2017.01.11 12:59
aunt carrotさん、こんにちは

> 高兄さん、明けましておめでとうございます
> 今年もよろしくお願いいたします・

おめでとうございます

こちらこそ、

本年も、宜しくお願いいたします^^

> 今年も素敵な京都をたくさん見せてくださいね!

瞬間、旬間の季節

美しさを切る様、精進いたします^^
高兄 | URL | 2017.01.11 13:01
coxさん、こんにちは

> こんにちは。
> 今年は天龍寺からスタートなんですね。

ええ、なんとなーく

足が、こちらの御寺さんに向かっていました^^;

> 清々しいお写真、新年にふさわしいです。

そう、云って頂けると

嬉しい気分^^おおきに♪

> 山茶花の紅色が懐かしいな~

この季節ならではの、美しさ、凛としていますね
高兄 | URL | 2017.01.11 13:05
f14さん、こんにちは

> 高兄さん、明けましておめでとうございます。
>

明けまして、おめでとうございます^^

> おじいさんも写真をされていたのですか?

ええ、銀塩カメラは、勿論

ヴァイオリンなども、奏でる

当時としては、ハイカラな人だった様です

> ボクの祖父も写真をしていたようで遺品を整理していた時に中判や一眼レフがたくさん部屋から出てきました。母親はまったく興味はないようで伴性遺伝なんでしょうね。

わたしも、この言葉

小学生ぐらいの時の会話なんですが

何だか、何十年ぶりに、急に思い出しまして

何か、不思議な気分なんです^^;

> この一年もいい写真を撮りたいですね。

ええ、

お互いに、心満たされる写真、切り撮りたいですよね~

> 今年もよろしくお願いいたします。

こちらこそ、

本年も、宜しくお願いいたします^^
高兄 | URL | 2017.01.11 13:08
teakotaさん、こんにちは

> こんにちは、高兄さん。
> 今年も宜しくお願いします。

こちらこそ、

本年も、宜しくお願いいたします^^

> なんて素敵なお祖父様の言葉。

言葉、深ぇぇー、と、思いながら

ちょつと、写真が追い付いてない^^;

気構えだけでも、かく在りたいものでございます

> 今年も美しい京都写真、楽しみにしていますね。

ありがとうございます

時間の許す限り、

今年も、切って、切って。切りまくります^^v
高兄 | URL | 2017.01.11 13:11
sakuraさん、こんにちは

> 高兄さん、あけましておめでとうございます。

明けまして、おめでとうございます^^

> 天龍寺
>
> 四季を通じて様々な景色を魅せてくれますね^^
> 冬もまた、格別ですね。

そうなんですよ~

寒いのは、溜まりませんが

雪、降らないかなぁ~と、願っております^^;

> 静謐で凛とした冬の空気感が伝わってくるお写真ばかり。
>
> 今年も美しい京都のお写真愉しみにしています。

今年も、スローペースかも知れませんが

少しづつ、成長していけたらと、考えています

> 本年もよろしくお願いいたします。

こちらこそ、

本年も、宜しくお願いいたします
高兄 | URL | 2017.01.11 13:21
yungchiさん、こんにちは

> 高兄さん、遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

明けまして、おめでとうございます

> 心の声、同じくカメラを趣味とする人間として、
> 心にストンと落ちました。
> 素敵なお言葉ですね。

私も、何十年ぶりに

祖父との会話を、思い出しました

きっと、記憶の引き出し入っていたんですね・・

> 四季折々に美しい京都のお写真、
> 今年も楽しみにしています!

ありがとうございます

願わくば、

桜の花、舞う季節に、

また、お逢いしたいものですねぇ

> 本年もどうぞよろしくお願いいたします。^^

こちらこそ、

宜しくお願いいたします
Comment Form
公開設定

プロフィール

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Translation(自動翻訳)