地蔵院


DPP_34588.jpg

この景色を見上げながら











DPP_34592.jpg

ふと考えてみた・・・・・











DPP_34596.jpg

此処から踏みだす、この一歩は











DPP_34590.jpg

もう過ぎ去ったと、感じていた











DPP_34591.jpg

秋と云う季節、ではなく











DPP_34593.jpg

肌身に染みだした冬でもない











DPP_34594.jpg

その途中に、立ち止って居る自分が在る











DPP_34589.jpg

その事に気付かせてくれたのは、やはりカメラでした




+地蔵院(じぞういん)+

京都市西京区山田北ノ町23
西京区にある臨済宗の寺院、山号は衣笠山、本尊は地蔵菩薩 
周囲を竹林で囲まれていることから竹の寺の通称で知られている
一休宗純は幼少時、この寺で修行したと伝えられる
応安元年(1368)、室町幕府管領を務めた武将細川頼之によって創建された
頼之は碧潭周皎(へきたんしゅうこう)に帰依して出家した
当寺の実質的な開山は碧潭周皎であるが、碧潭は法兄である夢窓疎石を勧請開山としている

南北朝時代には勅願寺となって寺運も興隆したが、応仁の乱の兵火により伽藍を焼失し寺運も衰えた
江戸時代中期に中興され、江戸期には天龍寺に属した
昭和43年に独立して単立寺院となった
アクセス 阪急嵐山線「上桂」駅下車 徒歩15分
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/794-807cdc90

Comment

teakota | URL | 2016.12.13 15:41 | Edit
こんにちは。

しっとり落ち着いたお写真ですね。

ファインダーから細かな季節の移ろいを感じる。
写真を撮る楽しみでもありますね。
高兄 | URL | 2016.12.15 19:11
teakotaさん、こんにちは

> こんにちは。
>
> しっとり落ち着いたお写真ですね。

ありがとうございます

この時期

地蔵院さんを訪れるのは、格別な気分です

黄色い葉を見ると、

ああ、地蔵院^^

> ファインダーから細かな季節の移ろいを感じる。
> 写真を撮る楽しみでもありますね。

そろそろ、カメラ撮影も

冬支度が必要ですが

どうしても、カメラを抱えて外出したくなります^^;

Comment Form
公開設定

プロフィール

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Translation(自動翻訳)