蓮華寺


DPP_34549.jpg

五色霜林











DPP_34551.jpg











DPP_34554.jpg











DPP_34550.jpg











DPP_34553.jpg











DPP_34555.jpg











DPP_34556.jpg











DPP_34557.jpg











DPP_34552.jpg











DPP_34548.jpg

この景色を眺めながら

五色霜林(ごしきそうりん)と云う言葉を

久しぶりに、思い出しました




+蓮華寺(れんげじ)+

京都市左京区上高野八幡町1
左京区にある天台宗の寺院、山号は帰命山(きみょうざん)
近世初期に造営された池泉鑑賞式庭園によって知られる

高野川のほとり、かつての鯖街道(国道367号線)の京都口の傍ら上高野の地にある
しかし、もとは七条塩小路(現在の京都駅付近)にあった西来院という時宗寺院であり
応仁の乱に際して焼失したものを江戸時代初期の寛文2年(1662)に、加賀前田藩の家臣
今枝近義が再建したものである

上高野は、かつて近義の祖父、重直の庵があった土地であった
重直は、美濃国出身の武士で、豊臣秀次に仕えた後、加賀前田家に招かれた
晩年に至って得度し、宗二(そうじ)居士と号して、詩書や絵画、茶道に通じた文人として草庵を結んだ
また、仏道への帰依の念も深く、上高野の地に寺院を建立することを願っていたが、果たせずして
寛永4年(1627)に死去した
近義が蓮華寺を造営したのは、祖父の願いに応え、菩提を弔うためと考えられている

アクセス 京都交通バス 「上橋」下車 徒歩1分
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/790-ced8744d

Comment

rika3377 | URL | 2016.11.26 17:20
こんにちは。
畳の上に座って、ぼ~っとお庭を眺めていたいです。
静寂さがこちらまで伝わってきそうです。
今回も高兄さん、この景色を独り占めされたんですか?
うらやましいです~。
sakura | URL | 2016.11.26 23:51
高兄さん、こんばんは♪

蓮華寺さん、行かれたんですね(^.^)
ちょうど紅葉の色づきが一番鮮やかな時で
額縁庭園の
美しいお庭ですね🎵
実は、私も先日行ってきました。
少し色は退色し始めた時季でしたが
書院からの眺めに時間を忘れるほど。

南禅寺界隈の混雑を考えると
洛北は、気分的にゆっくり観賞できました。
今年の紅葉は、早く進み
帰省予定に間に合うかどうかハラハラしましたが
それぞれに美しくて
色づきも綺麗でしたね。
teakota | URL | 2016.11.27 08:48 | Edit
こんにちは。

ほっと落ち着く写真たちです。

「五色霜林」
晩秋を感じる美しい言葉ですね。
rabi | URL | 2016.11.27 08:54
最後の写真、テレビで見せてもらっているみたいでステキです。

撮影したくてムズムズしてきま~す。
aunt carrot | URL | 2016.11.27 09:55 | Edit
落ち着いた色合いに見惚れます。
これだけの色がありながら、
しみじにと癒やされる。。。
まさに五色霜林ですね。
ke-n | URL | 2016.11.27 10:17
高兄さん、おはようございます。

京の都の紅絵巻もそろそろ終盤に近づいてきましたかね。
紅葉のシリーズのお写真から、そのような緩やかな時の流れを感じます。

今回は五色霜林ですか。
もみじの葉が、霜によって色づき、霜によって地に落ちるという雰囲気が
上手く表現されていると思います。

毎回、イメージを持って撮影されることの大切さを教えてもらっています。
高兄 | URL | 2016.11.27 20:34
rikaさん、こんにちは

> こんにちは。
> 畳の上に座って、ぼ~っとお庭を眺めていたいです。

やっぱ

ぼっ~と、眺めたいですよ、わかります、わかります^^

> 静寂さがこちらまで伝わってきそうです。
> 今回も高兄さん、この景色を独り占めされたんですか?
> うらやましいです~。

まさか、独り占めはありません^^;

10年前ならいざ知らず

今や、観光バスの団体さんさえ、ご参拝の場所

私以外にも、多くのカメラを抱えた人々が

人が、居なくなるまで、この額縁の前で、みな、我慢^^
高兄 | URL | 2016.11.27 20:38
sakuraさん、こんにちは

> 高兄さん、こんばんは♪
>
> 蓮華寺さん、行かれたんですね(^.^)
> ちょうど紅葉の色づきが一番鮮やかな時で
> 額縁庭園の
> 美しいお庭ですね🎵
> 実は、私も先日行ってきました。

洛北と云う事だったので

こちらへも、お越しかな?と

やはり、そうでございましたか^^

> 少し色は退色し始めた時季でしたが
> 書院からの眺めに時間を忘れるほど。

落葉の深い頃の、額縁も

捨てがたい眺め

少々、寒いですがね^^;

> 南禅寺界隈の混雑を考えると
> 洛北は、気分的にゆっくり観賞できました。

確かに、確かに^^

> 今年の紅葉は、早く進み
> 帰省予定に間に合うかどうかハラハラしましたが
> それぞれに美しくて
> 色づきも綺麗でしたね。

発色良く、紅葉の当たり年でしたね

しかし、散りが早いなぁ~と

その儚さが、より、美しく感じるのかもしれませんね
高兄 | URL | 2016.11.27 20:41
teakotaさん、こんにちは

> こんにちは。
>
> ほっと落ち着く写真たちです。

わたしも、ほっと一息

御茶を、頂きたい気分でしたよ^^

> 「五色霜林」
> 晩秋を感じる美しい言葉ですね。

私も、幾年も忘れていた言葉ですが

ふっと、心に入って来ました、幸せでございます^^
高兄 | URL | 2016.11.27 20:42
rabiさん、こんにちは

> 最後の写真、テレビで見せてもらっているみたいでステキです。

おおきに^^

> 撮影したくてムズムズしてきま~す。

rabiさんなら

きっと、綺麗に鋭く、切り撮られると思いますよ^^
高兄 | URL | 2016.11.27 20:44
aunt carrotさん、こんにちは

> 落ち着いた色合いに見惚れます。
> これだけの色がありながら、
> しみじにと癒やされる。。。
> まさに五色霜林ですね。

本当に

紅葉と云っても、色んな色が混ざり合う季節なんだと

改めて感じました

自然は偉大ですね^^
高兄 | URL | 2016.11.27 20:47
ke-nさん、こんにちは

> 高兄さん、おはようございます。
>
> 京の都の紅絵巻もそろそろ終盤に近づいてきましたかね。
> 紅葉のシリーズのお写真から、そのような緩やかな時の流れを感じます。

ke-nさんの仰るとうり、

本人は、そんな意識をしないで

UPしている記事でも

やはり、流れというものがあるもんなんですよね

> 今回は五色霜林ですか。
> もみじの葉が、霜によって色づき、霜によって地に落ちるという雰囲気が
> 上手く表現されていると思います。

恐縮でございます

> 毎回、イメージを持って撮影されることの大切さを教えてもらっています。

いえいえ、そんな

イメージが、ちゃんと決まっている場合の方が少なくありません

行き当たりばったりで、撮ってて

あとで、キャプションに悩まされる事、多いです><
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Translation(自動翻訳)