祇王寺


DPP_34288.jpg

音色











DPP_34292.jpg











DPP_34293.jpg











DPP_34294.jpg











DPP_34296.jpg











DPP_34295.jpg











DPP_34297.jpg











DPP_34299.jpg











DPP_34300.jpg











DPP_34289.jpg

緑の音色に調和する

蝉の声色

祇王寺は、盛夏を迎えています


+祇王寺(ぎおうじ)+

京都市右京区嵯峨鳥居本小坂32
右京区にある真言宗大覚寺派の仏教寺院、寺自体は尼寺である
山号は高松山、院号は往生院、本尊は大日如来
元々は浄土宗の僧・良鎮が創建した往生院の跡を引き継いで今日に至る

また、平家物語には平清盛の寵愛を受けた白拍子の祇王と仏御前が出家のため入寺したとしても知られている
その後往生院は衰退をたどり、明治時代の初期に一時廃寺となるが、嵯峨大覚寺の支配を受け真言宗に改宗し
1905年(明治38年)に富岡鉄斎らの尽力もあって復興を遂げた
苔の庭でも知られる

アクセス 京都市バス28番・91番系統 「嵯峨釈迦堂前」下車 徒歩12分
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/765-5d3d279d

Comment

aunt carrot | URL | 2016.08.03 09:39 | Edit
思わずPCの前で大きく深呼吸しました。
素晴らしい緑と空気感、、、、
まさに癒しの場所ですね!
teakota | URL | 2016.08.03 15:20 | Edit
こんにちは。

深い緑が美しい写真たち。

目で涼を感じ、一瞬暑さを忘れました。
高兄 | URL | 2016.08.05 14:10
aunt carrotさん、こんにちは

> 思わずPCの前で大きく深呼吸しました。
> 素晴らしい緑と空気感、、、、
> まさに癒しの場所ですね!

ありがとうございます

こちらは、マイナスイオンたっぷり

特に、新緑の時期には

眼を見張る、美しさがあると思います

嵐山、嵯峨野方面に行かれる事があれば

是非、お立ちよりくださいませ^^
高兄 | URL | 2016.08.05 14:14
teakotaさん、こんにちは

> こんにちは。
>
> 深い緑が美しい写真たち。
>
> 目で涼を感じ、一瞬暑さを忘れました。

この祇王寺さん

大好きな場所です

10年ほど前までは、本当に、隠れた御寺さんだったんですが・・・

でも、美しさは変わらず

私自身、癒されてまいりました^^v
noyuri | URL | 2016.08.06 17:14
こんにちは^^

祇王寺へ行かれたんですね♪
祇王寺は、若い頃から大好きなお寺で思い入れがあります。
高校時代の文化祭で「建礼門院」の劇をした時
祇王の役をもらい、大阪のお能の先生の家に白拍子を習いに行きました。
今は、いつ訪れても人気のお寺さんですよね。。。

秋の祇王寺もいいですけど、夏もまた緑が深く豊かで
美しいですね^^
どのお写真も瑞々しくて清廉で素敵です。
高兄 | URL | 2016.08.08 16:46
noyuriさん、こんにちは

> こんにちは^^
>
> 祇王寺へ行かれたんですね♪

ええ、

嵯峨野では、この場所

昔から、大好きなんですよ^^

> 祇王寺は、若い頃から大好きなお寺で思い入れがあります。
> 高校時代の文化祭で「建礼門院」の劇をした時
> 祇王の役をもらい、大阪のお能の先生の家に白拍子を習いに行きました。

それは、また

本格的な御話ですね

この悲恋の物語も、よく出来た御話ですよね

人の業、因果、様々な面を現していますよね

> 今は、いつ訪れても人気のお寺さんですよね。。。

そうなんですよね

京都が、これだけブームになった昨今

穴場と云われる場所、無くなって来ましたね

> 秋の祇王寺もいいですけど、夏もまた緑が深く豊かで
> 美しいですね^^
> どのお写真も瑞々しくて清廉で素敵です。

ありがとうございます

秋も勿論ですが

新緑の輝きも美しいですね^^v
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Translation(自動翻訳)