龍安寺


DPP_33940.jpg

祇園精舎の鐘の声











DPP_33939.jpg

諸行無常の響きあり











DPP_33944.jpg

沙羅双樹の花の色











DPP_33943.jpg

盛者必衰の理をあらはす











DPP_33942.jpg

驕れる人も久しからず











DPP_33945.jpg

ただ春の夜の夢のごとし











DPP_33946.jpg

猛き者も遂に滅びぬ











DPP_33948.jpg

ひとへに風の前の塵に同じ











DPP_33947.jpg

春の石庭にて、頭に響くは











DPP_33949.jpg

「平家物語」の一節




+龍安寺(りょうあんじ)+

京都市右京区龍安寺御陵下町13
右京区にある臨済宗妙心寺派の寺院、石庭で知られる、山号を大雲山と称する
本尊は釈迦如来、開基(創立者)は細川勝元、開山(初代住職)は義天玄承である
「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている

「龍安寺の石庭」として知られる枯山水の方丈石庭で有名な龍安寺は
禅宗が盛んだった室町幕府の管領、守護大名で、応仁の乱の東軍総帥でもあった細川勝元が
宝徳2年(1450)に創建した禅寺である
衣笠山山麓に位置する龍安寺の所在地は、藤原北家の流れを汲む徳大寺実能以来
徳大寺家の山荘であったところを、細川勝元が譲り受けたものである
初代住職として妙心寺5世住持の義天玄承(玄詔)を迎えた
龍安寺の開山は実質的にはこの義天玄承とされているが、義天自身は2世に退き
自分の師の日峰宗舜を開山に立てている
創建当初の寺地は現在よりはるかに広く、京福電鉄の線路のあたりまでが境内であったという

アクセス 京都市バス「龍安寺前」下車 徒歩2分





スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/736-d9f60c78

Comment

teakota | URL | 2016.04.18 10:46 | Edit
こんにちは。

子供の頃からこの一節、好きでした。
特に「ただ春の夜の夢のごとし、風の前の塵に同じ」
というフレーズの余韻がとても好き。

龍安寺のお庭を眺めながらそのフレーズを思う。
とは何とも贅沢な時間ですね。
MACHI* | URL | 2016.04.18 16:28 | Edit
こんにちわ。
おちつけるお庭。
平穏な空気感。
お水のはいっている器??も、歴史を感じるようで
、ぱっぱ一枚一枚にも心落ち着けます。
不思議なもので、京都ってすごいパワーを秘めていますよね。
いつも素敵な写真、ありがとうございます。
sakayo | URL | 2016.04.19 18:20 | Edit
いやはや、なんとも情緒がありますね。
龍安寺の吾唯足るを知るのつくばいを見るたびに、自分を戒めております。
aunt carrot | URL | 2016.04.22 22:13 | Edit
素敵ですねぇ~♪
こんな風に落ち着いて静かに龍安寺を
楽しむことができたら最高ですね。
なんどもスクロールして楽しみました。
高兄 | URL | 2016.04.23 10:39
teakotaさん、こんにちは

> こんにちは。
>
> 子供の頃からこの一節、好きでした。
> 特に「ただ春の夜の夢のごとし、風の前の塵に同じ」
> というフレーズの余韻がとても好き。

渋い!渋い子供ですね^^;

でも、私も好きかも知れません^^

> 龍安寺のお庭を眺めながらそのフレーズを思う。
> とは何とも贅沢な時間ですね。

この石庭は

私もカメラの練習場所でもあります

毎春、訪れていますが・・・

構図、なかなか、上達しません^^;
高兄 | URL | 2016.04.23 10:48
MACHI*さん、こんにちは

> こんにちわ。
> おちつけるお庭。
> 平穏な空気感。
> お水のはいっている器??も、歴史を感じるようで
> 、ぱっぱ一枚一枚にも心落ち着けます。

ありがとうございます^^

この蹲(つくばい)は、レプリカなんですが

「吾唯知足」ありがたい御言葉です

> 不思議なもので、京都ってすごいパワーを秘めていますよね。
> いつも素敵な写真、ありがとうございます。

被写体に囲まれ

いつも助かっています^^
高兄 | URL | 2016.04.23 10:50
sakayoさん、こんにちは

> いやはや、なんとも情緒がありますね。

この時期は、早朝から

海外の団体さんのバスやら

修学旅行生やら

何かと賑やかなんですがね^^;

> 龍安寺の吾唯足るを知るのつくばいを見るたびに、自分を戒めております。

ああ、素晴らしや

sakayoさん、博識ですねぇ^^
高兄 | URL | 2016.04.23 10:56
aunt carrotさん、こんにちは

> 素敵ですねぇ~♪
> こんな風に落ち着いて静かに龍安寺を
> 楽しむことができたら最高ですね。

周りは喧騒状態にも成りがちな

世界遺産、龍安寺

でも、石庭と向き合うと

不思議と静寂が訪れたりします^^v

> なんどもスクロールして楽しみました。

愉しんで頂けたら、幸いでございます^^
noyuri | URL | 2016.04.23 15:20
高兄さん、こんにちは^^

出遅れしまってすみません。。。

龍安寺、いいですよね。
四季折々、春の華やかな頃は特に好きです。

度重なる災害に心を痛めて
落ち着かない日々ですが、
高兄さんの美しいお写真を拝見すると
自然と心が静まります。

平家物語の一節と写真がリンクして
心に染み入ります。


rika3377@モーリシャス島 | URL | 2016.04.23 16:19
こんにちは。
龍安寺、私は去年8月に行ったのでとても暑かったです。
今はちょうど良い季節でしょうか。
ゆっくり庭を鑑賞できて良いですね〜。
高兄 | URL | 2016.04.23 21:32
noyuriさん、こんにちは

> 高兄さん、こんにちは^^
>
> 出遅れしまってすみません。。。
>
> 龍安寺、いいですよね。
> 四季折々、春の華やかな頃は特に好きです。

私も、考えてみれば

ここ数年

毎春訪れ

同じ様な構図の写真ばかり、撮っています^^;


> 度重なる災害に心を痛めて
> 落ち着かない日々ですが、
> 高兄さんの美しいお写真を拝見すると
> 自然と心が静まります。

恐縮です

そんな風に云って頂けると・・・何ともはや

好きでやってるカメラですが

もう少し、精進じて行かねばと思う日々でございます

> 平家物語の一節と写真がリンクして
> 心に染み入ります。

学校で習ったのは、随分前なんですが

こんな風に、ふと、思い浮かぶ時があります
高兄 | URL | 2016.04.23 21:34
rikaさん、こんにちは

> こんにちは。
> 龍安寺、私は去年8月に行ったのでとても暑かったです。

ああ、そう云えば

京都にお越しでしたね

確か、ご両親も、ご一緒に?

> 今はちょうど良い季節でしょうか。
> ゆっくり庭を鑑賞できて良いですね〜。

秋が、一番賑わいますが

あまりに有名な、石庭

冬場以外は、いつも人が多い様な・・・・
sherry3310 | URL | 2016.04.23 22:57
高兄さん、こんばんは~!
お久しぶりにお邪魔します。
そして、ちょっと涙をそそられる、、、
そんな想いを味わっています。

お写真と、古の言葉が、、、
なんだかとっても心に響きました。
いつの時代も、人の間にあるものは、
そうそう変わらないのかもしれませんね。
それは、悪いことでもなく、そういうものとして、
そこにあって、全部、「風の前の塵に同じ」なのかもしれないと、
そんな風に胸の奥に落ちました。

こういう、受け取り方も心ひとつで、
明日にはわたしのなかでも違っているかもしれないし、
今日もほかの方には違って見えるのでしょうし。
なんだか、頭のなかをいろんなことが駆け巡りました。
また、お邪魔させてください◎
高兄 | URL | 2016.04.24 07:32
sherryさん、こんにちは

> 高兄さん、こんばんは~!
> お久しぶりにお邪魔します。
> そして、ちょっと涙をそそられる、、、
> そんな想いを味わっています。

受け取り方

感じ方は

人それぞれですが

喜びだけでなく、切なさも

> お写真と、古の言葉が、、、
> なんだかとっても心に響きました。
> いつの時代も、人の間にあるものは、
> そうそう変わらないのかもしれませんね。

確かに、そうかもしれません

「巡り」という世界

そうそう変わらない本質もあるでしょうね

> それは、悪いことでもなく、そういうものとして、
> そこにあって、全部、「風の前の塵に同じ」なのかもしれないと、
> そんな風に胸の奥に落ちました。
>
> こういう、受け取り方も心ひとつで、
> 明日にはわたしのなかでも違っているかもしれないし、
> 今日もほかの方には違って見えるのでしょうし。

以前、この龍安寺を取り上げた時に

「一水四見」という

キャプションをつけました

同じ場所に居ながら

違う景色を、観ている

まさに、今、仰っている事です^^

> なんだか、頭のなかをいろんなことが駆け巡りました。
> また、お邪魔させてください◎

お時間ある時に

覗いて頂けたら、幸いです^^
bonbonno | URL | 2016.04.24 14:11
こんにちは

龍安寺の石庭、いいですよね
静であり、動であり ・・・ ・・・。
眺めているだけで、いろんなことを
夢想させてくれます

また、行きたくなっちゃいましたw
高兄 | URL | 2016.04.28 14:22
bonbonnoさん、こんにちは

> こんにちは

出帳で、お疲れの中

コメント、おおきに^^

> 龍安寺の石庭、いいですよね
> 静であり、動であり ・・・ ・・・。
> 眺めているだけで、いろんなことを
> 夢想させてくれます

やはり、修学旅行シーズン

静寂とはいかない部分もありますが・・・

御庭と向き合うのは、良いですよね^^

> また、行きたくなっちゃいましたw

これからの新緑も良いんじゃないでしょうか^^v
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Translation(自動翻訳)