知恩院三門

DPP_33775.jpg

舞台











DPP_33780.jpg











DPP_33779.jpg











DPP_33774.jpg











DPP_33778.jpg











DPP_33781.jpg











DPP_33785.jpg











DPP_33782.jpg











DPP_33784.jpg











DPP_33786.jpg

除夜の鐘で有名な

知恩院さん


その三門は

まさに、大舞台の迫力

一見の価値ありです


P.S

仕事が少し、バタついています

コメント欄は閉じています



+知恩院三門(ちおんいんさんもん)+

京都市東山区林下町400
東山区にある浄土宗総本山の寺院、山号は華頂山(かちょうざん)
詳しくは華頂山知恩教院大谷寺(かちょうざん ちおんきょういん おおたにでら)と称する
本尊は法然上人像(本堂)および阿弥陀如来(阿弥陀堂)、開基(創立者)は法然である

三門は、本堂へ向かう急勾配の石段の途中に西面して建つ
元和7年(1621)の建立(平成の大修理で同年の墨書が発見されている)
五間三戸の二重門である。(「五間三戸」は正面柱間が5つで、うち中央3間が通路になっているもの
「二重門」は2階建てで、1階・2階の両方に軒の張りだしがあるものをいう)高さ24メートルの堂々たる門で
東大寺南大門より大きく、現存する日本の寺院の三門(山門)のなかで最大の二階二重門である

組物(軒の出を支える構造材)を密に並べるなど、細部の様式は禅宗様であり、禅寺の三門に似た形式とする
門の上層内部は釈迦如来像と十六羅漢像を安置し、天井には龍図を描くなど、やはり禅寺風になっている
日本三大門のひとつに数える説がある

アクセス 京都市バス 「知恩院」下車 徒歩5分
スポンサーサイト
プロフィール

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Translation(自動翻訳)