高桐院


DPP_33561.jpg

只今、修業中











DPP_33564.jpg











DPP_33565.jpg











DPP_33563.jpg











DPP_33570.jpg











DPP_33569.jpg











DPP_33572.jpg











DPP_33571.jpg











DPP_33566.jpg











DPP_33567.jpg











DPP_33568.jpg











DPP_33562.jpg

何度も、訪れている高桐院

毎回、同じ様な構図になってしまう


私の、カメラの腕前

あんまり、成長してないなぁ^^;





+高桐院(こうとういん)+

京都市北区紫野大徳寺町73-1
高桐院(こうとういん)は臨済宗大徳寺派大本山大徳寺の塔頭のひとつである
開基(創立者)は細川忠興(三斎)、開山(初代住職)は玉甫紹(ぎょくほじょうそう)
正保2年(1645)に、83歳で没した忠興の遺言により、その遺歯が高桐院に埋葬された
以後細川家の菩提寺として庇護される

アクセス 京都市バス205番206番、大徳寺下車、徒歩10分
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/703-6e1b0d29

Comment

ke-n | URL | 2015.12.08 08:22
高兄さん、おはようございます。

同じような構図ななってしまうのは、
そのお寺さんの雰囲気を大切に感じられ、
季節ごとの魅力をよく知っておられるからでしょうね。

腕前はぴか一だと感じさせてもらっておりますが、
ずっと楽しんでいくためには、
生涯修行中でも良いのでは?と思ったりもします(笑顔。
coto | URL | 2015.12.08 20:26 | Edit
最後のカット、これがやっぱり高桐院さんってことで、私は大好きですよ〜♪
koko | URL | 2015.12.08 22:01 | Edit
こんにちわ^^

私は、高兄さんのブログにお邪魔するたびに
新鮮な驚きを感じますよ^^

写真の奥にある
高兄さんがカメラと被写体に向き合う
息遣いを感じるなあ(*^^)v

修行ね、、、
修行僧がいるのかと思って、
じっくり拝見しちゃいましたよ(笑)
高兄 | URL | 2015.12.10 12:26
ke-nさん、こんにちは

> 高兄さん、おはようございます。
>
> 同じような構図ななってしまうのは、
> そのお寺さんの雰囲気を大切に感じられ、
> 季節ごとの魅力をよく知っておられるからでしょうね。

フォローありがとうございます<m(__)m>

まあ、王道の構図と云うものも

いくつかは、あるんでしょうが・・・

工夫しないとなぁ^^;

> 腕前はぴか一だと感じさせてもらっておりますが、
> ずっと楽しんでいくためには、
> 生涯修行中でも良いのでは?と思ったりもします(笑顔。

なるほど

確かに、一生、修業

仏教の、沙門の様なもんですかねぇ^^
高兄 | URL | 2015.12.10 12:27
cotoさん、こんにちは

> 最後のカット、これがやっぱり高桐院さんってことで、私は大好きですよ〜♪

確かに、王道

多くのカメラマンさんが、切る構図ですが

その中で、自分らしさを、いかに写すか

私には、まだまだ、修業が必要です^^;
高兄 | URL | 2015.12.10 12:30
kokoさん、こんにちは

> こんにちわ^^
>
> 私は、高兄さんのブログにお邪魔するたびに
> 新鮮な驚きを感じますよ^^

ありがとうございます、恐縮です^^

> 写真の奥にある
> 高兄さんがカメラと被写体に向き合う
> 息遣いを感じるなあ(*^^)v

そ、そうですかぁ

なんだか、恥ずかしいな(;^ω^)

> 修行ね、、、
> 修行僧がいるのかと思って、
> じっくり拝見しちゃいましたよ(笑)

私が、修行僧と云う事で

沙門(しゃもん)、いや、写者(しゃもん)ですかね

へへへ・・・!(^^)!
sakayo | URL | 2015.12.13 17:00 | Edit
高桐院、本当に良いですね。私も大好きな寺院の一つです。
高兄さんが着目されているポイント、私も参考にさせていただいています ^_^;
今年、紅葉の時期に京都に行く事が出来ませんでしたが、高兄さんのブログで堪能させていただいています。
高兄 | URL | 2015.12.17 10:50
sakayoさん、こんにちは

> 高桐院、本当に良いですね。私も大好きな寺院の一つです。

これほど、侘びの世界を凝縮した御庭

京都でも、珍しいんじゃないでしょうか^^

> 高兄さんが着目されているポイント、私も参考にさせていただいています ^_^;
> 今年、紅葉の時期に京都に行く事が出来ませんでしたが、高兄さんのブログで堪能させていただいています。

恐縮です

今年は、カメラマンにとっても

タイミング、場所選択が

難しい秋でしたね^^;
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Translation(自動翻訳)