高山寺


DPP_33319.jpg

もろともに 哀れとおぼせ 御仏よ











DPP_33330.jpg

君よりほかに 知る人もなし











DPP_33320.jpg











DPP_33325.jpg











DPP_33327.jpg











DPP_33323.jpg











DPP_33321.jpg











DPP_33326.jpg











DPP_33328.jpg











DPP_33324.jpg











DPP_33329.jpg











DPP_33322.jpg

この歌を詠んだと云われる

明恵上人(みょうえしょうにん)


彼も

この景色を眺めていたのかなぁ




+高山寺(こうざんじ)+

京都市右京区梅ケ畑栂尾町
右京区梅ヶ畑栂尾(とがのお)町にある寺院、栂尾は京都市街北西の山中に位置する
高山寺は山号を栂尾山と称し、宗派は真言宗系の単立である
創建は奈良時代と伝えるが、実質的な開基(創立者)は、鎌倉時代の明恵である
「鳥獣人物戯画」をはじめ、絵画、典籍、文書など、多くの文化財を伝える寺院として知られる
境内が国の史跡に指定されており、「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている

高山寺の中興の祖であり、実質的な開基とされるのは、鎌倉時代の華厳宗の僧、明恵(みょうえ)である
明恵房高弁(1173-1232)は承安3年(1173)
紀伊国有田郡は現在の和歌山県有田川町にあたる場所で生まれた
父は平重国という武士であり、母は紀州の豪族湯浅家の娘であった
幼時に両親を亡くした明恵は、9歳で生家を離れ、母方の叔父に当たる神護寺の
僧上覚(1147-1226)のもとで仏門に入った

明恵は建永元年(1206)、34歳の時に後鳥羽上皇から栂尾の地を与えられ
また寺名のもとになった「日出先照高山之寺」の額を下賜された
この時が現・高山寺の創立と見なされている
「日出先照高山」(日、出でて、まず高き山を照らす)とは、「華厳経」の中の句で
「朝日が昇って、真っ先に照らされるのは高い山の頂上だ」という意味であり
そのように光り輝く寺院であれとの意が込められていると思われる
高山寺は中世以降、たびたびの戦乱や火災で焼失し、鎌倉時代の建物は石水院を残すのみとなっている

アクセス JRバス周山行・栂ノ尾行 「栂ノ尾」 下車 徒歩7分
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/681-3d3b2a6a

Comment

きまぐれおじさん | URL | 2015.09.12 07:16
こんにちは~
窓から見える深い緑色いいですね。
今から秋が深まってくるとこの色が変わっていくのでしょうか。
これもまた楽しみですね。
夏の深い緑色と秋の暖色この移り変わり僕は好きです。
今年の秋はどこに行こうかなって思います。
ke-n | URL | 2015.09.12 08:35
高兄さん、おはようございます。

この秋は残暑が少なく、高尾のお山も涼しかったではないでしょうか。

高山寺、明恵上人の修行部屋であったとされる石水院の簡素な造りと、
長年磨き上げられたような床の光沢に驚いた記憶が残っています。

自然と一体化したような素晴らしき高山寺を、
高兄さんのお写真で思い出させていただきました。
sakayo | URL | 2015.09.13 06:54 | Edit
明恵上人(みょうえしょうにん)といえば、キャノンのEFレンズのCMを思い出します。ショパンのノクターンのBGMにのせて、写真家が、明恵上人にあやかって、EOSとEF50mm1.2とEF70-200F2.8LII、EF100mmF2.8マクロを持って山道を行くCMです。
最後の決め台詞「あなたの心の目を開くキヤノンEFレンズ、EOSを支える確かなテクノロジー」というのに、本当にぐっときましたね。
西明寺には行きましたが、今度は高山寺に行ってみたくなりました。
koko | URL | 2015.09.17 00:49 | Edit
こんにちわ。

夏の花と秋の花が一緒に楽しめる
時期なんですね。
濃い緑の庭に色どりを添えていて、
ステキです^^

この紅葉たちが色づいたら、この眺めは
どんな風に変るんだろう・・・
って想像膨らませてワクワクしました!
高兄 | URL | 2015.09.17 13:25
きまぐれ様、こんにちは

> こんにちは~
> 窓から見える深い緑色いいですね。
> 今から秋が深まってくるとこの色が変わっていくのでしょうか。

そうですね

だんだんと色づく季節となりました

紅葉の時期、愉しみです^^

> これもまた楽しみですね。
> 夏の深い緑色と秋の暖色この移り変わり僕は好きです。
> 今年の秋はどこに行こうかなって思います。

紅葉の時期

写真と云う意味では

いつも、場所選びに迷う私^^;

何処も、人が多いんだよな~
高兄 | URL | 2015.09.17 13:28
ke-nさん、こんにちは

> 高兄さん、おはようございます。
>
> この秋は残暑が少なく、高尾のお山も涼しかったではないでしょうか。

ちょうど、過ごしやすい気候に

ただ、山を少し登るせいか

私は、汗をかきかき

いけません、いけません、体力不足><

> 高山寺、明恵上人の修行部屋であったとされる石水院の簡素な造りと、
> 長年磨き上げられたような床の光沢に驚いた記憶が残っています。
>
> 自然と一体化したような素晴らしき高山寺を、
> 高兄さんのお写真で思い出させていただきました。

ありがとうございます

実際にこの景色を見下ろすと

感動があります

心地が良いんですよ♪
高兄 | URL | 2015.09.17 13:34
sakayoさん、こんにちは

連コメ、ありがとうございます^^

> 明恵上人(みょうえしょうにん)といえば、キャノンのEFレンズのCMを思い出します。ショパンのノクターンのBGMにのせて、写真家が、明恵上人にあやかって、EOSとEF50mm1.2とEF70-200F2.8LII、EF100mmF2.8マクロを持って山道を行くCMです。

そんなCMが!

全然、知りませんでしたが

雰囲気たっぷりなCMですね~それは^^

> 最後の決め台詞「あなたの心の目を開くキヤノンEFレンズ、EOSを支える確かなテクノロジー」というのに、本当にぐっときましたね。

CANONさんと云えば

建仁寺との関わり、観音(CANON)の名前の由来しかイメージがなかったなぁ^^;

> 西明寺には行きましたが、今度は高山寺に行ってみたくなりました。

ぜひ、今度は、足を延ばしてみてくださいませ
高兄 | URL | 2015.09.17 13:36
kokoさん、こんにちは

> こんにちわ。
>
> 夏の花と秋の花が一緒に楽しめる
> 時期なんですね。

そうなんですね

そのハザマと云おうか

日々、変化していく様が、美しく

カメラが趣味で良かったと、思う

そういう瞬間が、あります^^

> 濃い緑の庭に色どりを添えていて、
> ステキです^^
>
> この紅葉たちが色づいたら、この眺めは
> どんな風に変るんだろう・・・
> って想像膨らませてワクワクしました!

そうです、そうです

しかし、人も多いですよ~

ある意味、覚悟して・・・・><
まろぷう | URL | 2015.09.19 07:47 | Edit
高兄さん、こんにちは。

高山寺、愛知に住んでいたときになんどか訪れました。
まだ20代の始めのころだったので、寺社は好きでしたが今ほどではなく、
鳥獣戯画のお皿を買いに行く…という目的でした(^_^;)
母が鳥獣戯画のお皿を集めていたので、愛知から車で行き、お皿を買い、そこから上に向かって手を合わせて…お参りは終わり!
以前は他のショップでは鳥獣戯画のお皿などの作品を買うことができなかったのでしょうか、
何度か(そのためだけに)行きました。
今は東京でもふと見るとお店に売ってたりして鳥獣戯画モノを買えます。

前置きが長くなりましたが、高兄さんのお写真を見て、こんなに静かな(これは高兄さんの腕かしら?)趣きのあるお寺だったと知って、今度はちゃんとお参りしたいと思います(^ ^)
高兄 | URL | 2015.09.19 17:53
まろぷうさん、こんにちは

> 高兄さん、こんにちは。
>
> 高山寺、愛知に住んでいたときになんどか訪れました。
> まだ20代の始めのころだったので、寺社は好きでしたが今ほどではなく、
> 鳥獣戯画のお皿を買いに行く…という目的でした(^_^;)

鳥獣戯画には神秘性がありますよね

本当の意味や、由来は

考え程、謎^^;

> 母が鳥獣戯画のお皿を集めていたので、愛知から車で行き、お皿を買い、そこから上に向かって手を合わせて…お参りは終わり!
> 以前は他のショップでは鳥獣戯画のお皿などの作品を買うことができなかったのでしょうか、
> 何度か(そのためだけに)行きました。
> 今は東京でもふと見るとお店に売ってたりして鳥獣戯画モノを買えます。

そうですか

そういう意味では、凄いブランド商品とも云えますね

> 前置きが長くなりましたが、高兄さんのお写真を見て、こんなに静かな(これは高兄さんの腕かしら?)趣きのあるお寺だったと知って、今度はちゃんとお参りしたいと思います(^ ^)

石水院さん、素晴らしい眺めがあります

お勧めいたします^^
Comment Form
公開設定

プロフィール

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Translation(自動翻訳)