芬陀院


DPP_33247.jpg

天は、二物をあたえる











DPP_33242.jpg











DPP_33243.jpg











DPP_33245.jpg











DPP_33252.jpg











DPP_33244.jpg











DPP_33246.jpg











DPP_33253.jpg











DPP_33250.jpg











DPP_33249.jpg











DPP_33251.jpg











DPP_33256.jpg











DPP_33254.jpg











DPP_33255.jpg











DPP_33248.jpg

水墨画の達人として

知られている雪舟


実は、作庭の名人でもあった


この芬陀院さんには

雪舟作と伝えられる、鶴亀の庭があります



+芬陀院(ふんだいん)+

京都市東山区本町15丁目803
東山区にある臨済宗東福寺派大本山・東福寺の塔頭(たっちゅう)である
雪舟が作庭したという庭園があることから雪舟寺とも呼ばれる
元亨年間(1321~1324)に時の関白であった一条内経(うちつね)が東福寺開山・円爾(聖一国師)の
法孫にあたる定山祖禅(じょうざんそぜん)を開山として創建
以後、今日まで摂関家の一家である一条家の菩提寺とされる
画聖として知られる雪舟が作庭したと伝わる枯山水庭園で、元禄と宝暦の火災などにより
一部荒廃したが,昭和12年(1937)に重森三玲(しげもりみれい)により復元された

アクセス JR奈良線 東福寺駅 下車 徒歩10分
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/674-bd5fb918

Comment

koko | URL | 2015.08.21 12:02 | Edit
残暑お見舞い申し上げます。

まだまだ暑い日が続いていますでしょうか。
こちら地方は、少しだけですが、一時の酷暑は
去ったみたいです^^

重森三玲の庭園なんですね。

侘び寂びの世界ですね~!

最近、ざわざわしていたので、こころを落ち着かせて
もらいました^^ありがとうございます(*^^)v
teakota | URL | 2015.08.21 13:42 | Edit
こんにちは。

また素敵なお写真たち。
どの切り取りも溜息が出ます。

私も心が落ち着きました。

いつもありがとうございます。
ke-n | URL | 2015.08.21 14:13
高兄さん、こんにちは。

まさに「和」の世界、
高兄さんがその雰囲気をとても大切に想われ、
切り取られていることも伝わってまいります。

故に、癒されるんでしょうね。
noyuri | URL | 2015.08.21 21:46
高兄さん、こんばんは^^

芬陀院、東福寺さんの塔頭なんですね。。。
こちらは、雪舟の作庭の後に重森三玲が復元されたのですか。
雪舟は、水墨画で有名ですが、作庭もされるとは知りませんでした。
与謝蕪村は俳句のほかに絵の才能もありますが、雪舟も画家と作庭家だったとは。。。
昔の方は、多才ですね。

どの写真もはっとさせられるような感覚で
いつもながら素晴らしい切り取りですね~^^



rika3377 | URL | 2015.08.21 22:47
こんにちは。
京都に行ったのが遠い昔のようです~。
あのころは暑さもピークだったんでしょうか・・・
少しは涼しくなりましたか?
お写真では涼しげに見えるのですが・・・
高兄 | URL | 2015.08.22 21:50
kokoさん、こんにちは

> 残暑お見舞い申し上げます。
>
> まだまだ暑い日が続いていますでしょうか。
> こちら地方は、少しだけですが、一時の酷暑は
> 去ったみたいです^^

こちらも、ここ数日

やっとこさ、暑さが和らぎましたが・・・・

はてさて^^;

> 重森三玲の庭園なんですね。
>
> 侘び寂びの世界ですね~!

そうなんですね

天才のあとに、鬼才の上塗りの御庭

凄いですよね^^

> 最近、ざわざわしていたので、こころを落ち着かせて
> もらいました^^ありがとうございます(*^^)v

いえいえ

そう云って頂けると、嬉しいです^0^
高兄 | URL | 2015.08.22 21:53
teakotaさん、こんにちは

> こんにちは。
>
> また素敵なお写真たち。
> どの切り取りも溜息が出ます。

恐れ入ります

こちらの御庭、額縁の切り取りは

王道です^^

いつもながら、被写体に恵まれました

> 私も心が落ち着きました。
>
> いつもありがとうございます。

いえいえ

こちらこそ、いつも暖かいコメントありがとうございます^^
85-f14 | URL | 2015.08.22 21:53
こんにちは。ご無沙汰しております。
変わらずお寺巡りに行かれているようですね。

苔と緑の写真は緩やかな風が吹いているような
涼しさを感じますね。
高兄 | URL | 2015.08.22 21:55
ke-nさん、こんにちは

> 高兄さん、こんにちは。
>
> まさに「和」の世界、
> 高兄さんがその雰囲気をとても大切に想われ、
> 切り取られていることも伝わってまいります。

恐縮です

本当、こちらの御庭は

和の世界の中心の様ですよ^^

> 故に、癒されるんでしょうね。

お恥ずかしや

そうだと嬉しいです^^v
高兄 | URL | 2015.08.22 21:59
noyuriさん、こんにちは

> 高兄さん、こんばんは^^
>
> 芬陀院、東福寺さんの塔頭なんですね。。。
> こちらは、雪舟の作庭の後に重森三玲が復元されたのですか。
> 雪舟は、水墨画で有名ですが、作庭もされるとは知りませんでした。

わたしも、10年近く前

こちらの御庭訪れるまで

全然知らずで

雪舟と、三玲

凄い取り合わせ

何とも贅沢^^

> 与謝蕪村は俳句のほかに絵の才能もありますが、雪舟も画家と作庭家だったとは。。。
> 昔の方は、多才ですね。

感性がとても鋭かったのでしょうね

> どの写真もはっとさせられるような感覚で
> いつもながら素晴らしい切り取りですね~^^

ありがとうございます^^
高兄 | URL | 2015.08.22 22:01
rikaさん、こんにちは

> こんにちは。
> 京都に行ったのが遠い昔のようです~。
> あのころは暑さもピークだったんでしょうか・・・

そうなんですね

来京された頃が

暑さ、ど真ん中

ご苦労様でございます^^;

> 少しは涼しくなりましたか?
> お写真では涼しげに見えるのですが・・・

ここ、数日、涼しいのですが

このまま、秋に向かわないのが京都

おそらく、9月の頭に、また暑い日が

来るかと・・・・戦々恐々^^;
高兄 | URL | 2015.08.22 22:03
f14さん、こんにちは

> こんにちは。ご無沙汰しております。
> 変わらずお寺巡りに行かれているようですね。

ええ、それしか能がない・・・と云うか

寺社撮りが、本当に好きなんですよ私^^;

> 苔と緑の写真は緩やかな風が吹いているような
> 涼しさを感じますね。

涼を感じる写真

そろそろ撮っていきたい季節になりました^^
sakayo | URL | 2015.08.22 22:44 | Edit
雪舟さんは、多才な方だったのですね。
芬陀院、行ってみたくなりました。
高兄 | URL | 2015.08.23 08:13
sakayoさん、こんにちは

> 雪舟さんは、多才な方だったのですね。

ええ

sakayoさんの様に、多才だったんです^^

> 芬陀院、行ってみたくなりました。

近くに、東福寺、本寺

光明院などがあって

被写体には困りませんよ^^
まろぷう | URL | 2015.08.24 12:25 | Edit
こんにちは^ ^
東福寺の中にあるのですね。
東福寺、行ったことあるのにこのお庭は知らなかった…ような気がします。←訪れてたりして(^_^;)

相変わらず、高兄さんの明暗をとらえた作品にはハッとさせられますが、
暗めの中の障子の明るさもとても雰囲気いいですね。
一コマ入れた絵もすてきです。
障子作る機会があったらマネしたくなりました(^ ^)

来月、愛知県で同窓会があり参加しますが、諸事情にて京都までは足を伸ばせなさそうです(>_<)
名古屋と京都、近くなのにとてもザンネンです。
宴会は夜スタートなのに日帰りなのです…(苦笑)

高兄 | URL | 2015.08.24 20:05
まろぷうさん、こんにちは

> こんにちは^ ^
> 東福寺の中にあるのですね。
> 東福寺、行ったことあるのにこのお庭は知らなかった…ような気がします。←訪れてたりして(^_^;)

メジャーでは、ありませんが

なかなか、見応えありますよ^^

> 相変わらず、高兄さんの明暗をとらえた作品にはハッとさせられますが、
> 暗めの中の障子の明るさもとても雰囲気いいですね。
> 一コマ入れた絵もすてきです。
> 障子作る機会があったらマネしたくなりました(^ ^)

粋な障子ですよね

この塔頭寺院は

額縁以外にも、パーツパーツ

被写体として、いろいろ撮りやすい御寺さんかと

> 来月、愛知県で同窓会があり参加しますが、諸事情にて京都までは足を伸ばせなさそうです(>_<)
> 名古屋と京都、近くなのにとてもザンネンです。
> 宴会は夜スタートなのに日帰りなのです…(苦笑)

その分

名古屋の美食、堪能なさってくださいな^^
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ