法然院


DPP_32793.jpg

落ち椿











DPP_32794.jpg











DPP_32795.jpg











DPP_32796.jpg











DPP_32798.jpg











DPP_32799.jpg











DPP_32797.jpg











DPP_32800.jpg

早朝、


この境内で行なわれた

法然院の御婦人と、あるカメラマンの会話



カメラマン「おはようございます」

婦人「ああ、朝早うから、えらいね」

カメラマン「椿集めも大変ですね」

婦人「そやねん、両手からこぼれそうやし、また、掃除もね・・・」


カメラマン「ですね・・・わかりますわ」

婦人「そや、丁度ええわ、あんたさん、この椿、石段とこ上手くまいてよ」


カメラマン「ええ!わたしがやるんですか?わたしでええんやろか・・・」

婦人「ええよ、ええよ、カメラやらはるみたいやし、上手いことまいて」


カメラマン「そうですか、ほな、まきます、あんまり拡げんように、あとで掃除しやすいぐらいの範囲で」


と、云うわけで

一枚目の写真は、私の自作自演・・・ならぬ、自作自撮

皆さん、ごめんなさい



+法然院(ほうねんいん)+

京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町30
鹿ヶ谷にある浄土宗系の単立寺院である、正式な寺名は、善気山法然院萬無教寺と号するが
院号の法然院の名で知られる

寺は、鄙びた趣きをもつ、茅葺で数奇屋造りの山門と、谷崎潤一郎、河上肇、九鬼周造などの
著名な学者や文人の墓が数多く存在することで有名であり、哲学の道近くという立地も関係して
春秋の観光シーズンには、大勢の参拝者がある

本堂の本尊は阿弥陀如来坐像であり、法然上人立像なども安置されている
また、方丈にある狩野光信筆の襖絵は重要文化財に指定されている
白砂壇(びゃくさだん)は、山門を入ると両側にある白い盛り砂で、水を表わす砂壇の間を通ることは
心身を清めて浄域に入ることを意味している

アクセス 京都市バス 浄土寺下車 徒歩10分



スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/635-886818af

Comment

sakayo | URL | 2015.04.07 05:51 | Edit
早朝からお参りされているとは流石ですね。
銀閣寺、哲学の道、法然院 と定番のコースですね。この辺りは比較的静かな京都という印象ですが、このような人とのちょっとした会話にも癒されるような感じがしました。
teakota | URL | 2015.04.07 06:52 | Edit
おはようございます。

落ち椿、高兄さん作なんですね。
落ち加減が素敵やな、と思っていました。

ご婦人とのやりとりがやはり西ですね。
東、特にこちらではそういった会話は少ないように思います。
ke-n | URL | 2015.04.07 08:22
高兄さん、おはようございます。

京都の桜の記事が続くかなと思っていましたが、
良い意味で期待を裏切って下さいますね(笑顔。

法然院さんは、どのような光景も絵になる素敵さがありますね。
高兄さん演出の落ち椿、僕も撮らせていただきたかったです。
koko | URL | 2015.04.07 12:36 | Edit
こんにちわ。

最後まで記事を読んで、あわててスクロールしましたよ。

ほのぼのとしたご婦人との会話と、写真の持つ「静」の対比が面白かったです^^

高兄さんが撒いている姿を自撮りしてほしかったなあ(笑)
ギズモ | URL | 2015.04.07 18:27 | Edit
高兄さん こんばんは^^

あはは 読んでる途中 カメラマンは高兄さんじゃないか と思いながら 読み進めたら やっぱり~^^

というか 高兄さんの京都弁 新鮮でした!
普段標準語でブログを綴っておられるので
何も考えていませんでしたが、
普段は京都弁ですよね^^
ええですね~ 「ほな」はなかなか聞けません!

桜も粋ですが 椿も粋です^^

ねこ食堂 | URL | 2015.04.09 14:21
はじめまして。いつも拝読させていただいております。
こちらのサイトにくると、こころが落ち着きます。
いつも素敵な京都をありがとうございます。
リアモア | URL | 2015.04.09 19:18
高兄さんこんばんは!
最近の記事では、桜のお写真をいっぱい、ありがとうございました^^
わたしの実家もさりげな~く日本の桜100選の町なのですが、今年は雨で全然だめだったようです。

今日のお写真は椿ということで、桜もいいですが、椿もすてきですね^^

一枚目の、自作自撮♪全然わかりませんでした~きれいでした^^
rika3377 | URL | 2015.04.10 01:57
こんにちは。
椿、たくさん落ちてるんですね~。
真っ赤な椿が落ちている風景、すてきです。
と思ったら、高兄さんプロデュースだったんですね。
京都ならではの素敵な一場面ですね。
おはぎ | URL | 2015.04.10 08:01 | Edit
おはようございます。

高兄さんのセンスも毎度本当に素晴らしいですが、ご婦人の、これを撒いたら素敵じゃない?という発想が粋だなぁ〜と思いました。
石段もお寺も、花器なのですね
高兄 | URL | 2015.04.12 08:41
sakayoさん、こんにちは

> 早朝からお参りされているとは流石ですね。

ありがとうございます

休日も、昼からは、子供たちの面倒をみてますので

自然と、撮影は朝型になりました^^;

> 銀閣寺、哲学の道、法然院 と定番のコースですね。この辺りは比較的静かな京都という印象ですが、このような人とのちょっとした会話にも癒されるような感じがしました。

桜と紅葉

この哲学の道は、大変な賑わいですよね~

しばしの静かな朝でした
高兄 | URL | 2015.04.12 08:46
teakotaさん、こんにちは

> おはようございます。
>
> 落ち椿、高兄さん作なんですね。
> 落ち加減が素敵やな、と思っていました。

まあ、適当に、適当にです^^;

> ご婦人とのやりとりがやはり西ですね。
> 東、特にこちらではそういった会話は少ないように思います。

ですかね

朝撮影に出ると

人の出逢いも、そうですが

想わぬ、出来事もあって

なかなか、愉しいです^^
高兄 | URL | 2015.04.12 08:51
ke-nさん、こんにちは

> 高兄さん、おはようございます。
>
> 京都の桜の記事が続くかなと思っていましたが、
> 良い意味で期待を裏切って下さいますね(笑顔。

あははは

たまたまですが

落ち椿の季節だったなぁ~と

> 法然院さんは、どのような光景も絵になる素敵さがありますね。
> 高兄さん演出の落ち椿、僕も撮らせていただきたかったです。

確かに構図、枠撮り

多様な場所ですね

私のまいた、落ち椿

どんな方達が、撮影したのかな?
高兄 | URL | 2015.04.12 08:54
kokoさん、こんにちは

> こんにちわ。
>
> 最後まで記事を読んで、あわててスクロールしましたよ。

あははは

狙い通りです^^v

> ほのぼのとしたご婦人との会話と、写真の持つ「静」の対比が面白かったです^^
>
> 高兄さんが撒いている姿を自撮りしてほしかったなあ(笑)

あ~それは御勘弁><

かなり、間抜けな姿だったのでは?
高兄 | URL | 2015.04.12 08:58
ギズモさん、こんにちは

> 高兄さん こんばんは^^
>
> あはは 読んでる途中 カメラマンは高兄さんじゃないか と思いながら 読み進めたら やっぱり~^^
>
> というか 高兄さんの京都弁 新鮮でした!

そうですか?

> 普段標準語でブログを綴っておられるので
> 何も考えていませんでしたが、
> 普段は京都弁ですよね^^
> ええですね~ 「ほな」はなかなか聞けません!

そんなん、なんぼでも云いますよ

ほな、ほな、ほな~ね^^

> 桜も粋ですが 椿も粋です^^

そろそろ、各地で

桜は、終わりですが

あと、何箇所か

桜の風景を、お届けしたいと思っています^^
高兄 | URL | 2015.04.12 09:26
ねこ食堂さま、こんにちは

> はじめまして。いつも拝読させていただいております。

初めまして

コメントありがとうございます^^

> こちらのサイトにくると、こころが落ち着きます。
> いつも素敵な京都をありがとうございます。

拙い写真ですが

そう云って頂けて、嬉しいです^^
高兄 | URL | 2015.04.12 09:32
リアモアさん、こんにちは

> 高兄さんこんばんは!
> 最近の記事では、桜のお写真をいっぱい、ありがとうございました^^
> わたしの実家もさりげな~く日本の桜100選の町なのですが、今年は雨で全然だめだったようです。

岡崎のあたりかな?

京都の100選は、嵐山や、御室仁和寺あたりですよ^^

> 今日のお写真は椿ということで、桜もいいですが、椿もすてきですね^^
>
> 一枚目の、自作自撮♪全然わかりませんでした~きれいでした^^

おおきに

あと、数回

京都の桜風景、お届けします

御付き合いくださいませ
高兄 | URL | 2015.04.12 09:34
rikaさん、こんにちは

> こんにちは。
> 椿、たくさん落ちてるんですね~。
> 真っ赤な椿が落ちている風景、すてきです。

この画は

この季節の法然院さんの王道の構図ですが

初めて、写真におさめる事が出来ました^^

> と思ったら、高兄さんプロデュースだったんですね。
> 京都ならではの素敵な一場面ですね。

私にも、忘れられない一枚となりました♪
高兄 | URL | 2015.04.12 09:37
おはぎさん、こんにちは

> おはようございます。
>
> 高兄さんのセンスも毎度本当に素晴らしいですが、ご婦人の、これを撒いたら素敵じゃない?という発想が粋だなぁ〜と思いました。

この御寺さんは

本当に、様々な演出が素敵なんです

さりげなく・・という感じも良いですし

白沙壇の紋様も、いつも素敵

> 石段もお寺も、花器なのですね

なるほど

そうかも知れませんね^^
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ