天龍寺


DPP_32226.jpg

万華鏡











DPP_32227.jpg











DPP_32228.jpg











DPP_32229.jpg











DPP_32236.jpg











DPP_32230.jpg











DPP_32237.jpg











DPP_32231.jpg











DPP_32240.jpg











DPP_32234.jpg











DPP_32232.jpg











DPP_32238.jpg











DPP_32233.jpg











DPP_32235.jpg











DPP_32239.jpg

子供の頃

カレイドスコープから、覗く世界が好きでした


そんな事を、ちょっと思い出しました・・・




+天龍寺+

京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68

右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町にある、臨済宗天龍寺派大本山の寺院
山号は霊亀山(れいぎざん)、寺号は詳しくは天龍資聖禅寺(てんりゅうしせいぜんじ)と称する
本尊は釈迦如来、開基(創立者)は足利尊氏、開山(初代住職)は夢窓疎石である
足利将軍家と桓武天皇ゆかりの禅寺として壮大な規模と高い格式を誇り、京都五山の第一位とされてきた
「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている

アクセス 京福電気鉄道(嵐電) 「さがあらしやま」下車 徒歩3分
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/591-62532e51

Comment

ギズモ | URL | 2014.11.19 21:05 | Edit
高兄さん こんばんは^^
お仕事 お疲れ様でした☆

世界遺産なのですね~ 納得です。
万華鏡も鯉も龍も落ちる椿もすすきも紫式部も 全部素敵です…

でも一番 やられたのは落ちる椿を万華鏡に例えた高兄さん!思いつきませんでした!
小さい頃から 美的センスがすぐれていたのですね~ 
美しいものばかりを見て育つ京都の方のセンスは脱帽です。(都ライト)
ke-n | URL | 2014.11.20 08:09
高兄さん、おはようございます。

さすがは天龍寺、秋の色に溢れ、
曹源池庭園もこの時期はまさに別格な映り絵が繰り広げられていますね。

万華鏡の如く、いつまでも見ていたい気持ちになります。
MACHI* | URL | 2014.11.20 10:58 | Edit
おはようございます。
天龍寺の庭は、やっぱり素敵ですね。
色彩の美しいこと。
みたいな~と思った龍もチラ見させていただいて、ちょっと観光した気分になりました。
もう5年くらい京都に出かけてないな。
またいつか絶対に行きたい町です。
teakota | URL | 2014.11.20 15:27 | Edit
こんにちは。

息をのむほど美しいお写真。

カレイドスコープとはまたやられました^^。
高兄さんはお写真とともに綴られる言葉も美しいですね。

溜息ものです。




まろぷう | URL | 2014.11.20 16:27 | Edit
ほんとう・・・水面に映る景色は万華鏡のように見えますね。
紅葉でたくさんの色になってる木々の景色も万華鏡のようです。
それに、時間とともに変わる景色も万華鏡とおんなじかも。
普段みている景色は、目に見えない大きな万華鏡を通しているようなものかもしれませんね。

新宿のはずれにあるカフェには、万華鏡を手作りしているオーナーがいらっしゃいます。
万華鏡がお好きであれば、東京にいらっしゃる際にはぜひお寄りになってはいかがかしら(^^)
風情のある昭和の建物や水琴窟のあるお庭も楽しめます。
運がよければ、そのへんをウロウロしている猫にも会えるかもしれません^^
noyuri | URL | 2014.11.20 20:51
高兄さん、こんばんは^^
水面に映り込む紅葉の木々の彩りは、
美しい万華鏡の世界ですね。
光の差し込み具合によって
見え方も刻々と変化していく様子、
冬が訪れる前の京の華やぎを見させていただきました^^
美しく心洗われるようなお写真もさることながら
水面に映る紅葉をカレイドスコープに例えられた高兄さんは、
素晴らしい審美眼の持ち主ですね~
高兄 | URL | 2014.11.21 19:04
ギズモさん、こんにちは

> 高兄さん こんばんは^^
> お仕事 お疲れ様でした☆

いえいえ

単なる貧乏暇なしでして^^;

> 世界遺産なのですね~ 納得です。
> 万華鏡も鯉も龍も落ちる椿もすすきも紫式部も 全部素敵です…

こちらの禅寺は、歴史も古く

お庭も、大層立派な造りでして

> でも一番 やられたのは落ちる椿を万華鏡に例えた高兄さん!思いつきませんでした!
> 小さい頃から 美的センスがすぐれていたのですね~

いえいえ

そんな事はないですよ^^;
 
> 美しいものばかりを見て育つ京都の方のセンスは脱帽です。(都ライト)

小さい頃から

神社や、御寺には、よく行く子でしたので

身近な存在ではあったのですが・・・
高兄 | URL | 2014.11.21 19:07
ke-nさん、こんにちは

> 高兄さん、おはようございます。
>
> さすがは天龍寺、秋の色に溢れ、
> 曹源池庭園もこの時期はまさに別格な映り絵が繰り広げられていますね。

ええ、そうなんですよ

やはり、秋の庭なんだなぁ~と

この時期が来ると、再認識させてくれますね^^

> 万華鏡の如く、いつまでも見ていたい気持ちになります。

池に写り込む景色も

この庭の一部と成る

こういう昔の人の発想、感性

素晴らしいなぁと感じ入ってしまいます^^v
高兄 | URL | 2014.11.21 19:10
machiさん、こんにちは

> おはようございます。
> 天龍寺の庭は、やっぱり素敵ですね。
> 色彩の美しいこと。

そうですね

小倉山まで取り込んだ

壮大な借景でございます^^

> みたいな~と思った龍もチラ見させていただいて、ちょっと観光した気分になりました。
> もう5年くらい京都に出かけてないな。
> またいつか絶対に行きたい町です。

この天龍寺さんの御庭は

是非、machiさんにも、実際、観ていただきたい

そちらは、早、雪景色でしょうが

この御庭の雪景色も、美しいですよ、本当に^^
高兄 | URL | 2014.11.21 19:13
teakotaさん、こんにちは

> こんにちは。
>
> 息をのむほど美しいお写真。
>
> カレイドスコープとはまたやられました^^。

そうですか

ありがとうございます^^

紅葉の時期の、天龍寺さん

カメラに収められた私は、幸せですね♪

> 高兄さんはお写真とともに綴られる言葉も美しいですね。
>
> 溜息ものです。

キャプションには、いつも悩ませられるのですが

今回は、珍しく

撮影に行く前から、決まっていました^^v
高兄 | URL | 2014.11.21 19:17
まろぷうさん、こんにちは

> ほんとう・・・水面に映る景色は万華鏡のように見えますね。
> 紅葉でたくさんの色になってる木々の景色も万華鏡のようです。
> それに、時間とともに変わる景色も万華鏡とおんなじかも。
> 普段みている景色は、目に見えない大きな万華鏡を通しているようなものかもしれませんね。

そんな風に感じ取って頂けると

私も、嬉しいかぎり

紅葉の時期は、早朝から開門されていて

素敵な、朝散歩となりました^^

> 新宿のはずれにあるカフェには、万華鏡を手作りしているオーナーがいらっしゃいます。
> 万華鏡がお好きであれば、東京にいらっしゃる際にはぜひお寄りになってはいかがかしら(^^)

次回、東京に行けば

撮りたい場所や、被写体もあるんですがね~

なかなか、実現しません^^;

> 風情のある昭和の建物や水琴窟のあるお庭も楽しめます。
> 運がよければ、そのへんをウロウロしている猫にも会えるかもしれません^^

ああ、それも良いなぁ~

考えると、妄想ばかりしてしまいます
高兄 | URL | 2014.11.21 19:20
noyuriさん、こんにちは

> 高兄さん、こんばんは^^
> 水面に映り込む紅葉の木々の彩りは、
> 美しい万華鏡の世界ですね。

今年も、美しく

透明感のある紅葉でした♪

> 光の差し込み具合によって
> 見え方も刻々と変化していく様子、
> 冬が訪れる前の京の華やぎを見させていただきました^^

冬は、それはそれで魅力的なのですが

鮮やかな、秋色、良いもんどすなぁ^0^

> 美しく心洗われるようなお写真もさることながら
> 水面に映る紅葉をカレイドスコープに例えられた高兄さんは、
> 素晴らしい審美眼の持ち主ですね~

ああ、そんな事云われたら

木に登って、降りられなくなりますよ^^;

まあ、褒められて伸びるタイプです^^
Comment Form
公開設定

プロフィール

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Translation(自動翻訳)