二条城

DPP_32014.jpg

DOUBLE NAME











DPP_32002.jpg











DPP_32004.jpg











DPP_32003.jpg












DPP_32006.jpg











DPP_32005.jpg











DPP_32008.jpg











DPP_32009.jpg











DPP_32010.jpg











DPP_32013.jpg











DPP_32015.jpg











DPP_32011.jpg











DPP_32019.jpg











DPP_32018.jpg











DPP_32020.jpg

DOUBLE NAME ダブルネーム

10年程まえ、ファッション業界で派生してきた言葉


ところが

この元離宮二条城では

150年前、既に葵紋(徳川家)と菊紋(天皇家)のダブルネームが混在していた


この唐門も

修復の際、菊の紋を剥がすと下地から、葵紋が現れた

そんな事があったそう・・・・・

云わずもがな、大政奉還の舞台となった場所です





+二条城+

世界文化遺産に平成6年(1994年)に登録
二の丸の中心的建造物である二の丸御殿は、東大手門から見て正面の右斜め前方向に建つ
御殿は築地塀で囲まれていて、唐門は塀の南側にある
それをくぐると正面に二の丸御殿の玄関にあたる「車寄」(くるまよせ)が見え
手前から順に「遠侍」(とおざむらい)、「式台」、「大広間」、「蘇鉄の間」、「黒書院」、「白書院」
と呼ばれる6つの建物が雁行に並び、廊下で接続され一体となった造り
大広間の西側に日本庭園が広がっている

アクセス 京都市バス 二条城 下車 徒歩1分

スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/571-65014591

Comment

namihey | URL | 2014.09.19 16:28
初めまして。
たまたま立ち寄らせてもらった高兄さんのblog。写真とcaptionがとても素敵です。
一気に先に先に、ページをめくってしまいました。そうして、京都行きのチケットをポチッ。
更新、楽しみにしています。またお邪魔させてもらいますね。
noyuri | URL | 2014.09.19 17:50
高兄さん、こんにちは^^

ダブルネームですね~
なるほど。。。
先日歴史秘話ヒストリアを見て、
修学院離宮にも菊の御紋と葵の御紋が一緒になった飾りがあると放送していたので、そのことを思い出しました。
天皇家と徳川家にまつわる因縁ですね。。。

昨年秋東京国立博物館で二条城の黒書院の重文障壁画、松鷹図、桜花図を見ました^^
圧倒的な迫力で、素晴らしかったです。

唐門のアップ、お壕に映り込んだ景色
素晴らしいですね。
hisae | URL | 2014.09.19 20:36 | Edit
私が初めて二条城を訪れたのは、中学の修学旅行でした。笑
関東の田舎出身なので、高校もデザイン学校も
全部、京都 奈良が修学旅行!!
まさか、京都が第二の故郷になるなんでその頃は
考えもしませんでした。

それにしても素晴らしいお写真ですね。

また京都に行きたくなりました。
ke-n | URL | 2014.09.20 08:18
高兄さん、おはようございます。

京の地にありながら、
徳川の栄えと滅びの象徴のようなお城ですね。

「ダブルネーム」…いかにも高兄さんらしい視点で、
興味深いです。

teakota | URL | 2014.09.20 14:54 | Edit
こんにちは。
すっかり秋めいてきましたね。

いつもながら高兄さんのポイントは素敵ですね。
2枚目の写真は雲が迫ってきているようです。

菊の紋の下から葵紋、歴史を物語ってますね。
歴史好きなので京都に居るとその一ページを見ることができて楽しかったです。
sakayo | URL | 2014.09.20 20:35 | Edit
以前、二条城に行った時には、本殿の中では撮影禁止になっていて、ちょっとガッカリだった思い出があります。マナーの悪いカメラマンが居たのかも知れませんが、解禁してもらえると嬉しいのですが・・・。
本殿の中の欄間の細工など、ホント美しい装飾が施されていて、見ているだけではもったいない感じです。
高兄 | URL | 2014.09.21 19:34
namiheyさま、こんにちは

> 初めまして。

初めまして

> たまたま立ち寄らせてもらった高兄さんのblog。写真とcaptionがとても素敵です。

ありがとうございます

自己満足なフォトログですが

そう云って頂けると嬉しいです^^

> 一気に先に先に、ページをめくってしまいました。そうして、京都行きのチケットをポチッ。
> 更新、楽しみにしています。またお邪魔させてもらいますね。

京都は、まだ、本格的シーズンには早いのですが

それでも、観光の方、多いですね

特に、海外のお客さん、増えましたね~^^;
高兄 | URL | 2014.09.21 19:48
noyuriさん、こんにちは

> 高兄さん、こんにちは^^
>
> ダブルネームですね~
> なるほど。。。
> 先日歴史秘話ヒストリアを見て、
> 修学院離宮にも菊の御紋と葵の御紋が一緒になった飾りがあると放送していたので、そのことを思い出しました。
> 天皇家と徳川家にまつわる因縁ですね。。。

京都は、歴史舞台になった場所が多いですが

歴史好きの方からすれば、不思議な感覚におそわれる事が

多々あるのではないでしょうか^^

> 昨年秋東京国立博物館で二条城の黒書院の重文障壁画、松鷹図、桜花図を見ました^^
> 圧倒的な迫力で、素晴らしかったです。

へぇ~東京国立に持って行ったんですか

それは、凄かったろうなぁ~^0^

> 唐門のアップ、お壕に映り込んだ景色
> 素晴らしいですね。

この唐門

見応えたっぷり、綺麗に御色直ししています^^v
高兄 | URL | 2014.09.21 19:50
hisaeさん、こんにちは

> 私が初めて二条城を訪れたのは、中学の修学旅行でした。笑
> 関東の田舎出身なので、高校もデザイン学校も
> 全部、京都 奈良が修学旅行!!
> まさか、京都が第二の故郷になるなんでその頃は
> 考えもしませんでした。

京都、学生の頃より

大人になってからの方が、愉しいんじゃないですか?

私は、永らく住みながら

年追うごとに、興味深い^^

> それにしても素晴らしいお写真ですね。
>
> また京都に行きたくなりました。

ありがとうございます

まだまだ、甘い写真ばかりなんですがね~^^;

まあ、愉しく撮らせていただいてます、はい
高兄 | URL | 2014.09.21 19:53
ke-nさん、こんにちは

> 高兄さん、おはようございます。
>
> 京の地にありながら、
> 徳川の栄えと滅びの象徴のようなお城ですね。

そうですよね

なんだか、複雑ですね~

同じ歴史でも、平安の様に、大昔ではなく

近世、近代ですから、何だか、リアリティを感じます^^

> 「ダブルネーム」…いかにも高兄さんらしい視点で、
> 興味深いです。

ははは、恥ずかしや

いつも、表題には、頭を悩ませられます^^;
高兄 | URL | 2014.09.21 19:55
teakotaさん、こんにちは

> こんにちは。
> すっかり秋めいてきましたね。

ええ

やっとこさ・・と云うか、急に涼しくなりだした京都

> いつもながら高兄さんのポイントは素敵ですね。
> 2枚目の写真は雲が迫ってきているようです。

ありがとうございます

もうちょっと、色んな構図

試したいとこなんですが・・・・

> 菊の紋の下から葵紋、歴史を物語ってますね。
> 歴史好きなので京都に居るとその一ページを見ることができて楽しかったです。

何だか、不思議ですよね

教科書で、出てきたのが

あ~なるほど~此処かぁ・・・みたいに^^
高兄 | URL | 2014.09.21 20:00
sakayoさん、こんにちは

> 以前、二条城に行った時には、本殿の中では撮影禁止になっていて、ちょっとガッカリだった思い出があります。マナーの悪いカメラマンが居たのかも知れませんが、解禁してもらえると嬉しいのですが・・・。

本殿、黒書院

私の記憶では、随分、昔から

撮影禁止だった気が致します

確かに、カメラマンのマナー

頭の痛い問題ですよね

自分たちで、フィールドを狭くしない為にも

他人の振り見て、わが身を・・・ですかね^^;

> 本殿の中の欄間の細工など、ホント美しい装飾が施されていて、見ているだけではもったいない感じです。

これ、じっくり観てると

何時間も居座りそうになります^^;
ゆに | URL | 2014.09.22 07:49 | Edit
京都もいい季節になって歩いてまわるのが楽しいですね。二条城もこれから賑やかになりそうです。でもいつも高兄さんのお写真は静けさが漂っていて素敵です。
高兄 | URL | 2014.09.22 08:34
ゆにさん、こんにちは

> 京都もいい季節になって歩いてまわるのが楽しいですね。二条城もこれから賑やかになりそうです。でもいつも高兄さんのお写真は静けさが漂っていて素敵です。

ありがとうございます

やっと、秋らしくなって来たと思えば

また、台風^^;

花が散らないか、心配です・・・
Comment Form
公開設定

プロフィール

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Translation(自動翻訳)