青蓮院門跡


DPP_31959.jpg

もったいない











DPP_31965.jpg











DPP_31954.jpg











DPP_31964.jpg











DPP_31962.jpg











DPP_31957.jpg











DPP_31960.jpg











DPP_31958.jpg











DPP_31961.jpg











DPP_31963.jpg











DPP_31955.jpg











DPP_31956.jpg

こんな空間

独りで眺めるなんて、もったいない


友人が、京都を訪ねてきたら

連れて来て

この空間、堪能して欲しいなぁ




+青蓮院門跡(しょうれんいんもんせき)+

京都市東山区粟田口三条坊町69-1
東山区粟田口(あわたぐち)三条坊町にある天台宗の寺院
「青蓮院門跡」(-もんぜき)とも称する、山号はなし
開基(創立者)は伝教大師最澄、本尊は熾盛光如来(しじょうこうにょらい)である
三千院(梶井門跡)、妙法院とともに、天台宗の三門跡寺院とされる
「門跡寺院」とは皇室や摂関家の子弟が入寺する寺院のことであり、青蓮院は多くの法親王が
門主(住職)を務め、宮門跡寺院として高い格式を誇ってきた
江戸時代に仮御所となったことがあるため「粟田御所」の称もある
日本三不動のひとつ「青不動」のある寺としても知られる

アクセス 京都市バス 「神宮道」 徒歩5分

スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/567-f07bbf9b

Comment

MACHI* | URL | 2014.09.02 14:11 | Edit
高兄さんこんにちわ。

名前は聞いたことあったけど、出掛けたこともないし行ってみたいと思ったことないところ。

な~んか、とっても素敵じゃないですか!

ふすまの色鮮やかなブルー。
落ち着きがあって、風情のあるブラウン&ゴールド。

静寂の中、いいですね~
おひとりでお出かけになると、怖くなるときないですか?
teakota | URL | 2014.09.02 15:54 | Edit
こんにちは。

こちらは入ったことなかったです。
こんなに素敵だったのですね。
行けば良かった^^;。

襖の色が大好きな青。
鮮やかですね。^^

独り占めはほんまもったいない。
まろぷう | URL | 2014.09.03 11:25 | Edit
高兄さん、こんにちは。

鮮やかなブルーの襖が目をひきますね。
以前、期間限定で催し物がなされていたときに訪れたことがありますが、とても混んでいました。
静寂の中、歴史ある建物の中にひとりでいられるって本当に贅沢な時間ですね(^^)

つくばいの写真、とってもとっても素敵です。
普段、ものを見るときって、いろいろな情報が目に入りますが、高兄さんの一点集中型の目線のひそかなファンです!
こちらは、寝っころがって撮影なさったのですか・・・?

来週1週間、上洛いたします。
御ブログで拝見したお寺やカフェ、参考にさせていただきます(^^)
rika3377 | URL | 2014.09.03 17:08
こんにちは。
素敵な襖ですね!
こんな襖、見たの初めてです。
絵といい、色といい、素敵です~。
sakayo | URL | 2014.09.03 19:57 | Edit
シーズンに行くと、わんさか人が多くて、落ち着いて庭を楽しむどころか
行列の流れに乗って拝観を済ませてしまいがちですよね。
京都のお寺へは、朝一番に行かねばなりません。
開門時間順に見て回るとか、効率を考えてる自分が、既に嫌な感じですけど
許して、ちょんまげ・・・。(古!
belinda | URL | 2014.09.04 16:39 | Edit
こんにちは。
青蓮院、私も大好きなのですが、
夜しか行ったことがない事に
今気付きました。
昼間はこんなに静かなのですね。
贅沢な体験のおすそ分けを頂きました^^
リアモア | URL | 2014.09.04 18:39
高兄さんこんにちは^^

こちらのお寺のふすまのデザイン、すごくモダンですてきですね!

こんなのはじめてみました~@@

最近デザインされた・・・と言われても、「そうなのか~」と思ってしまいそうです^^
高兄 | URL | 2014.09.05 15:15
machiさん、こんにちは

> 高兄さんこんにちわ。
>
> 名前は聞いたことあったけど、出掛けたこともないし行ってみたいと思ったことないところ。
>
> な~んか、とっても素敵じゃないですか!

でしょ、でしょ、ふふふ^^

> ふすまの色鮮やかなブルー。
> 落ち着きがあって、風情のあるブラウン&ゴールド。

これも、キーヤンの作品なんですよ

色鮮やかですよね^^

> 静寂の中、いいですね~
> おひとりでお出かけになると、怖くなるときないですか?

そうですね

あんまり広い場所に独りだとねぇ・・・

ただ、この青蓮院さんは、こころ落ち着きます

お勧めの場所ですよ

きっとmachiさんなら、素敵な御写真撮られるでしょうねぇ^0^
高兄 | URL | 2014.09.05 15:23
teakotaさん、こんにちは

> こんにちは。
>
> こちらは入ったことなかったです。
> こんなに素敵だったのですね。
> 行けば良かった^^;。

季節によって、ライトアップもされてますし

北へ行けば、岡崎、平安神宮にも近いですよ

南へ行けば、知恩院、八坂神社です^^

> 襖の色が大好きな青。
> 鮮やかですね。^^
>
> 独り占めはほんまもったいない。

この蓮三部作も

匹十と同じく、木村英輝氏の作品です
高兄 | URL | 2014.09.05 15:30
まろぷうさん、こんにちは

> 高兄さん、こんにちは。
>
> 鮮やかなブルーの襖が目をひきますね。
> 以前、期間限定で催し物がなされていたときに訪れたことがありますが、とても混んでいました。
> 静寂の中、歴史ある建物の中にひとりでいられるって本当に贅沢な時間ですね(^^)

ブルーが眼をひきますね、確かに

この色彩の感覚

とても、勉強になります

> つくばいの写真、とってもとっても素敵です。
> 普段、ものを見るときって、いろいろな情報が目に入りますが、高兄さんの一点集中型の目線のひそかなファンです!
> こちらは、寝っころがって撮影なさったのですか・・・?

いえいえ

ちゃんと御行儀よく、正座ですよ^^

離れた場所から、単135mmで撮りました

> 来週1週間、上洛いたします。
> 御ブログで拝見したお寺やカフェ、参考にさせていただきます(^^)

来週、連休でしたよね

何処も混みそうだぁ^^;

京飴や、琥珀流しは、是非、味わって頂きたいなぁ^0^
高兄 | URL | 2014.09.05 15:34
rikaさん、こんにちは

> こんにちは。
> 素敵な襖ですね!
> こんな襖、見たの初めてです。
> 絵といい、色といい、素敵です~。

お気に入りですね^^

良かったら、キーヤンのHP見てみてください

彼の、様々な作品が見られますよ

どれも、力強く、鮮やかです^^
高兄 | URL | 2014.09.05 15:36
sakayoさん、こんにちは

> シーズンに行くと、わんさか人が多くて、落ち着いて庭を楽しむどころか
> 行列の流れに乗って拝観を済ませてしまいがちですよね。

そう、なりがち^^;

わかります、わかります

> 京都のお寺へは、朝一番に行かねばなりません。
> 開門時間順に見て回るとか、効率を考えてる自分が、既に嫌な感じですけど
> 許して、ちょんまげ・・・。(古!

私も、同じような感覚、気持ちになる事ありますが

何度も訪れている場所は

やはり、自分の王道の構図が、頭の中にあって

ああ、あの1枚撮るなら、早く行かないと・・・みたいにね^^;
高兄 | URL | 2014.09.05 15:38
beliさん、こんにちは

> こんにちは。
> 青蓮院、私も大好きなのですが、
> 夜しか行ったことがない事に
> 今気付きました。

ライトアップで、大楠が照らし出される絵

圧巻ですよね~

私も、何度かライトアップ行きました^^

> 昼間はこんなに静かなのですね。
> 贅沢な体験のおすそ分けを頂きました^^

いえいえ

beliさんの、上海夜景も楽しみにしてますよ~^^v
高兄 | URL | 2014.09.05 15:40
リアモアさん、こんにちは

> 高兄さんこんにちは^^
>
> こちらのお寺のふすまのデザイン、すごくモダンですてきですね!
>
> こんなのはじめてみました~@@
>
> 最近デザインされた・・・と言われても、「そうなのか~」と思ってしまいそうです^^

10年ほど前に、

京都在住の、ロックな絵師

木村英輝氏が、奉納しました

この作品で、彼は

絵師として評価を得ましたね

実物観て頂きたいなぁ~
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Translation(自動翻訳)