南禅寺 水路閣


DPP_31790.jpg

IN THE MONOCHROME WORLD











DPP_31785.jpg











DPP_31784.jpg











DPP_31787.jpg











DPP_31788.jpg











DPP_31786.jpg











DPP_31789.jpg











DPP_31794.jpg











DPP_31795.jpg











DPP_31791.jpg











DPP_31798.jpg











DPP_31792.jpg

さて、今回も

写真の御話、だらだらと長文です^^;

興味のない方、スルーしちゃってください


拙blogを、昔から御贔屓いただいている方は

お気付きでしょうが

IN THE MONOCHROME WORLDシリーズという

モノクロ写真群を

年に数回のペースで、細々続けています^^;


普段、カラー主体で撮影しているので

単純に、モノクロになっただけで、自分自身では新鮮な発見が

いつも在ります^^


普段よりも、構図とか考えず(普段もあまり考えてませんが)より自由に

撮れる事が、単純に愉しい

そういう部分も、大きいかもしれません^^


プロ写真家でもない私が

こういう表現は、ちょっとやらしい云い方になるかもしれませんが

モノクロ写真は、カラー写真にはない

メリット、デメリットというものが存在すると思います


そういったものを、すこしづつ発見していける、感じていけるのも

魅力のひとつなんだなぁ~と思っています


まあ、そんな感じで

コツコツ、地味ぃ~に、これからもモノクロシリーズやっていくつもりです

これからも、皆様、よろしく御願いします




+南禅寺 水路閣+

京都市左京区南禅寺福地町86
明治維新後に建設された、南禅寺の境内を通る琵琶湖疏水水路閣は
テレビドラマの撮影に使われるなど、今や京都の風景として定着している
建設当時は古都の景観を破壊するとして反対の声もあがった一方で
南禅寺の三門には見物人が殺到したという

維新直後には政府の上地に遭い寺領の多くを失ったため廃絶に
追い込まれた塔頭も少なくなかったが
その跡地は邸宅地として再開発され、そこには植治こと小川治兵衛により
疎水から引き込んだ水流を
主景とする数々の名庭園が造られ、いまなお貴重な空間として残っている

アクセス 地下鉄東西線 蹴上 下車 徒歩5分

スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/555-a5f5ab43

Comment

ke-n | URL | 2014.07.21 07:45
高兄さん、おはようございます。

「カラー」という要素が無い分、
伝わってくるものもよりシンプルになり、
想像力もかきたてられますね。
そんな中でもやはり、「光」の存在が感じられる
カットが素敵に思えます。

関西もいよいよ梅雨明けですね。
暑さ厳しき京都ですが、高兄さんにおかれましても、
仕事や趣味、ご家族のみなさんとの生活に元気で励まれて下さいね。
teakota | URL | 2014.07.21 11:57 | Edit
こんにちは。

よく見る水路閣がモノクロだとまた違った雰囲気になって面白いですね。

私も時々モノクロ撮りしますがいつもと違う感じにハッとする時があります。

これからも高兄さんのモノクロシリーズ楽しみにしていますね。
YUKI | URL | 2014.07.21 16:42
おぉ、祇園祭の時期にあえて水路閣というのが憎いですね!(笑)
モノクロでも、滴るような夏の緑が伝わってきて、
一枚一枚、印刷してポストカードにしたいほどです。

あ、今日は後祭りに行ってきました。
大船鉾周辺はすごい人でしたね。
bonbonno | URL | 2014.07.21 19:43
こんばんは

南禅寺の水路閣、自分でも写したことが
ある場所ですが、モノクロだと、まるっきり
雰囲気が変わりますね。

これは、いいものを観せていただきました
参考にさせていただきます。d(^^)
腕がないので高兄さんのようにはいきませんが
モノクロの魅力、改めて気付かされました。
高兄 | URL | 2014.07.21 20:19
ke-nさん、こんにちは

> 高兄さん、おはようございます。
>
> 「カラー」という要素が無い分、
> 伝わってくるものもよりシンプルになり、
> 想像力もかきたてられますね。
> そんな中でもやはり、「光」の存在が感じられる
> カットが素敵に思えます。

ありがとうございます

モノクロだからこそ、より光が恋しい

そんな気分で、光の射し込み探してしまいました^^

> 関西もいよいよ梅雨明けですね。
> 暑さ厳しき京都ですが、高兄さんにおかれましても、
> 仕事や趣味、ご家族のみなさんとの生活に元気で励まれて下さいね。

ありがとうございます

そうそう、梅雨明けてしまいましたね~^^

これから、真夏に突入です

体調整えねばなりませんね^^

ke-nさんも、御身体、お大事になさってくださいね
高兄 | URL | 2014.07.21 20:22
teakotaさん、こんにちは

> こんにちは。
>
> よく見る水路閣がモノクロだとまた違った雰囲気になって面白いですね。

ですよね~

モノクロ撮り考える時に

この水路閣は、いつかモノクロで撮りたいと考えてた場所だったんです^^

> 私も時々モノクロ撮りしますがいつもと違う感じにハッとする時があります。

ええ、わかります

いい意味で、予想を裏切る画が出てきたりするんで

それだけで、ああ、写真愉しい!って思ってしまいます^0^

> これからも高兄さんのモノクロシリーズ楽しみにしていますね。

おおきに^^
高兄 | URL | 2014.07.21 20:25
YUKIさん、こんにちは

> おぉ、祇園祭の時期にあえて水路閣というのが憎いですね!(笑)

えへへ、そうですか~^^

> モノクロでも、滴るような夏の緑が伝わってきて、
> 一枚一枚、印刷してポストカードにしたいほどです。

ありがとうございます

知恩寺の、手作り市で売ろうかな(冗談)^^

> あ、今日は後祭りに行ってきました。
> 大船鉾周辺はすごい人でしたね。

わたしも、混みあう前にと

昨夜、娘と、こっそり観に行きました

夜の21時ぐらいだったので、人も少なくて

巧く撮れそうになかったので、カメラは持っていきませんでしたが^^;

今夜あたりから、大船鉾の周り

人が多いだろうなぁ~><
高兄 | URL | 2014.07.21 20:31
bonbonnoさん、こんにちは

> こんばんは
>
> 南禅寺の水路閣、自分でも写したことが
> ある場所ですが、モノクロだと、まるっきり
> 雰囲気が変わりますね。

このレンガ造り被写体は

モノクロも似合いますよね^^

このロケーションも、画になりますね^^

> これは、いいものを観せていただきました
> 参考にさせていただきます。d(^^)
> 腕がないので高兄さんのようにはいきませんが
> モノクロの魅力、改めて気付かされました。

恐縮です^^;

わたしも、分不相応なカメラやレンズに

フォローしてもらって、何とかやってます、はい^^
にわ | URL | 2014.07.21 21:22 | Edit
写真教室でモノクロ縛りで
撮ったことがあります。

モノクロだと、光と影、特に影を
意識できますよね。

それにしても、レンガが素敵なところですね。
きっと、緑がさわやかなのでしょうね。
高兄 | URL | 2014.07.21 23:20
にわさん、こんにちは

> 写真教室でモノクロ縛りで
> 撮ったことがあります。
>
> モノクロだと、光と影、特に影を
> 意識できますよね。

そうですよね~

まあ、私自体、モノクロは、たまにしかやらないんで

単純に、画が新鮮ってのもありますが^^;

銀塩時代から、カメラを趣味にしてたら

モノクロ主体で、撮ってたかもしれませんね^^

> それにしても、レンガが素敵なところですね。
> きっと、緑がさわやかなのでしょうね。

南禅寺の境内にあります

秋には、この水路閣も、多くの方で混雑しますよ
Lulu | URL | 2014.07.26 12:06
高兄さん、こんばんは♪
私も先日行ってきました!
モノクロで撮るとまた違った雰囲気で
素敵ですねー。
名所だけに人がいなくなるのを狙うのが
なかなか大変でしたが・・
写真を撮るのも根気が必要と、あらためて
認識しました^^
高兄 | URL | 2014.07.29 12:11
Luluさん、こんにちは

御返事おそくなり、すいません

> 高兄さん、こんばんは♪
> 私も先日行ってきました!
> モノクロで撮るとまた違った雰囲気で
> 素敵ですねー。

やはり、この西洋式のモダンさが

インパクトあったろうなぁ~と、当時の事を想像してました

> 名所だけに人がいなくなるのを狙うのが
> なかなか大変でしたが・・
> 写真を撮るのも根気が必要と、あらためて
> 認識しました^^

ですね

とりあえず、フレーミングして

シャッター半押し状態

枠から人が消えた瞬間、シャッターON!

数秒の勝負って感じですかね~^^;
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ