妙心寺 大法院

DPP_31419.jpg

Zwei Gesicht

α Frühling















DPP_31418.jpg















DPP_31417.jpg















DPP_31420.jpg















DPP_31422.jpg















DPP_31421.jpg















DPP_31237.jpg

β Winter















DPP_31232.jpg















DPP_31238.jpg















DPP_31240.jpg















DPP_31245.jpg















DPP_31241.jpg















DPP_31426.jpg

α Frühling















DPP_31423.jpg















DPP_31425.jpg















DPP_31424.jpg















DPP_31427.jpg















DPP_31428.jpg


晩春の大法院の御庭

小雨が降ったあとの、しっとり感


実は今冬にも訪れていて


記事UPのタイミングを

逃していた

雪景色の大法院


一緒に載せる事が出来ました^^


晩春と真冬

2つの顔を、カメラに納められた私・・・・


幸せもんです^^





+大法院(だいほういん)+

京都市右京区花園大薮町20
真田幸村の兄で松代藩主であった真田信之の菩提寺
露地庭園が美しいことで知られ、境内には、松代藩の真田家一門や兵法学者佐久間象山の御墓がある

普段非公開だが、春の新緑と秋の紅葉の時期のみ特別公開される

アクセス 京都市バス 妙心寺前 下車 徒歩10分
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/527-fa45f589

Comment

teakota | URL | 2014.04.21 16:04 | Edit
こんにちは。

雪景色と晩春とどちらも美しいですね。
ガラスに映る雪景色が特に美しい。

(2枚目の苔が抹茶ロールの生地に見えてしまいました。 ^^)

これからは新緑の季節になりますね。
Rika@メキシコ | URL | 2014.04.21 21:45
こんにちは。
春も冬もそれぞれ素敵ですね。
いろいろな顔が季節によって楽しむことができますね。

ところで高兄さん、ドイツ語もおできになるのですね。
にわ | URL | 2014.04.21 22:43 | Edit
あー!そっか!

京都は雪?って不思議に思って拝見していたら
桜が登場して、え???ってなりました。^^

タイミングを逃してかえって
良かったですよ^^
得した気分です。
ラッキー!
coto | URL | 2014.04.21 22:44
高兄様こんばんは。

新緑の春もいいですが、冬の凛としたお寺もまた素晴らしいですよね。
落差が何とも言えずいいです。

いつも楽しく勉強させてもらってます🎶


| | 2014.04.21 23:10
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ke-n | URL | 2014.04.22 08:46
高兄さん、おはようございます。

冬の厳しい冷たさや四季の移り変わりがあるからこその、
春のほっこりとした花たちの生き生きとした風情にも
感動があるのかもしれませんね。

モミジの花も咲いていますね。
高兄 | URL | 2014.04.22 08:54
teakotaさん、こんにちは

> こんにちは。
>
> 雪景色と晩春とどちらも美しいですね。
> ガラスに映る雪景色が特に美しい。

ありがとうございます

あの日は、本当に

京都市内には珍しく、雪が積もったなぁ^^

> (2枚目の苔が抹茶ロールの生地に見えてしまいました。 ^^)
>
> これからは新緑の季節になりますね。

ええ

新緑、梅雨、そしてやって来る夏

早いなぁ・・・
高兄 | URL | 2014.04.22 08:57
rikaさん、こんにちは

> こんにちは。
> 春も冬もそれぞれ素敵ですね。
> いろいろな顔が季節によって楽しむことができますね。

ええ

この大法院さん、今年の冬は

初めての公開で、そのタイミングで雪景色が撮れて、良かった^^

> ところで高兄さん、ドイツ語もおできになるのですね。

出来ません^^;

Ich spreche kein Deutsch><

京都に住む、ドイツ人に友人が

「何気に、ブログ観てるよ」と云ってたんで

ちょっと、遊び心^^
高兄 | URL | 2014.04.22 08:59
にわさん、こんにちは

> あー!そっか!
>
> 京都は雪?って不思議に思って拝見していたら
> 桜が登場して、え???ってなりました。^^

驚かして、すいません

このまま、ボツになるところ

冬景色にも、日の目が

良かった、よかった

> タイミングを逃してかえって
> 良かったですよ^^
> 得した気分です。
> ラッキー!

わたしも、そんな風に云ってもらえて

ラッキー!
高兄 | URL | 2014.04.22 09:01
cotoさん、こんにちは

> 高兄様こんばんは。
>
> 新緑の春もいいですが、冬の凛としたお寺もまた素晴らしいですよね。
> 落差が何とも言えずいいです。

普段は公開されていない場所なんで

タイミングもあり、良かったです

妙心寺の塔頭は

素晴らしい御庭が、多いですよ

次回の京都、回られてみては

> いつも楽しく勉強させてもらってます🎶

大した参考には、ならないと思いますが^^;

龍安寺さん、cotoさん素敵に撮られてましたね
高兄 | URL | 2014.04.22 09:07
鍵コメさん、こんにちは

本当に、亡くなられた方に

ご冥福をお祈りします


残された御家族への、精神的ケアが

絶対に必要ですよね


事故から、日が経つにつれ

これは人災だったのでは?と

はぁ~

何と云うか、本当に、やりきれません
高兄 | URL | 2014.04.22 09:11
ke-nさん、こんにちは

> 高兄さん、おはようございます。
>
> 冬の厳しい冷たさや四季の移り変わりがあるからこその、
> 春のほっこりとした花たちの生き生きとした風情にも
> 感動があるのかもしれませんね。

そうですよね

季節は、一秒たりとも止まってくれません

流れて流れて

巡っていく

その一瞬を、何とか捉えられたらと、シャッター切ってる気もする

> モミジの花も咲いていますね。

これから、ツツジ、サツキ

愉しみですね^^
Yukari | URL | 2014.04.22 14:25 | Edit
春と冬の景色が一度に楽しめて
お得な感じ♪
やっぱり風情が全然違いますねー。
甲乙つけがたい!
y213 | URL | 2014.04.23 00:15 | Edit
こんばんは。
なるほど、こちらでしたか(笑)
見事に大ハズレでした。

春と冬の景色を存分に
堪能させていただきました。
ごちそうさまでした^^
まぎ | URL | 2014.04.23 14:53
2枚目、めっちゃ好き!!!
cox | URL | 2014.04.25 00:29
ドイツ語とお寺って合いますね。(笑)
楓の花がかわいいなあ~。
高兄 | URL | 2014.04.25 15:08
Yukariさん、こんにちは

> 春と冬の景色が一度に楽しめて
> お得な感じ♪

そうですか~^^

私も、ボツってた冬ヴァージョン

記事に出来て、嬉しいです^0^

> やっぱり風情が全然違いますねー。
> 甲乙つけがたい!

ありがとうございます♪

京都市内で、雪が積もる事は少ないので

雪の日は、何処に撮影に行こうか、迷ってしまいます^^;
高兄 | URL | 2014.04.25 15:10
y213さん、こんにちは

> こんばんは。
> なるほど、こちらでしたか(笑)
> 見事に大ハズレでした。

ははは^^

常時公開の場所ではないんでねぇ・・・

最初、詩仙堂に行こうかと思いました

サツキには、まだ早いもので^^;

> 春と冬の景色を存分に
> 堪能させていただきました。
> ごちそうさまでした^^

美味しく頂いてもらえたら

こちらとしても、嬉しい限り^^v
高兄 | URL | 2014.04.25 15:11
まぎさん、こんにちは

> 2枚目、めっちゃ好き!!!

マジっすか!!!

おおきに^0^
高兄 | URL | 2014.04.25 15:13
coxさん、こんにちは

> ドイツ語とお寺って合いますね。(笑)

ふふふ

ドイツ人旅行者

たまに、禅寺の塔頭で見かけたりして

よく、こんな場所まで来たなぁ・・・と

感心してしまいますよ♪

> 楓の花がかわいいなあ~。

ありがとうございます^^
Comment Form
公開設定

プロフィール

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Translation(自動翻訳)