鹿王院


DPP_30977.jpg

冬枯れの侘び















DPP_30976.jpg













DPP_30978.jpg













DPP_30980.jpg













DPP_30983.jpg













DPP_30982.jpg













DPP_30986.jpg













DPP_30984.jpg













DPP_30988.jpg













DPP_30985.jpg













DPP_30989.jpg













DPP_30990.jpg

京都に底冷えの寒さが

やって来る頃になると・・・

なぜか、足が向く鹿王院さん


冬の枯れの風景の中にも

何とも味のある御寺さんです^^




+鹿王院(ろくおういん)+

京都市右京区嵯峨北堀町24
右京区嵯峨北堀町にある臨済宗系の単立寺院、山号は覚雄山
本尊は釈迦如来、開基(創立者)は足利義満、開山(初代住持)は
春屋妙葩(しゅんおくみょうは)である
鹿王院は、足利義満が建立した宝幢寺という寺の塔頭(たっちゅう)であった
宝幢寺は応仁の乱で廃絶し、その後は開山の塔頭であった鹿王院のみが残って寺籍を継いでいる

室町時代の記録である『花営三代記』や、開山伝の『宝幢開山知覚普明国師行業実録』によると
宝幢寺の建立経緯は次のとおり、足利義満は康暦元年(1379)のある夜
「そなたは今年中に大患をわずらうが、宝幢菩薩を祀る伽藍を建立すれば寿命が延びるであろう」との
夢告を受けた、そのため、義満は自らの帰依する禅僧春屋妙葩(普明国師)を開山として
一寺を建立することとし、康暦2年(1380)完成した
当初の寺号を興聖寺といい、後に宝幢寺(詳名は大福田宝幢禅寺)に改称したという
鹿王院は、嘉慶元年(1387)、開山の春屋妙葩の寿塔(生前に造る墓)を守る塔頭として
創建されたものである(春屋の死去は翌嘉慶2年・1388)

アクセス 嵐電(京福電鉄)「鹿王院」駅下車 徒歩5分
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/498-c897c5ff

Comment

mna07_mna07 | URL | 2014.01.09 09:21 | Edit
高兄さん

おはようございます。
冬枯の侘び、素敵な表現ですね。
特に2枚目のお写真が好きです。
これからますます寒さが厳しくなりますが、冬ならではの京都のお写真楽しみにしています。
rabi | URL | 2014.01.09 09:34
おはようございます。

毎日寒いですね。
いや~、凛とした寒い京都、これもまたステキです。
鹿王院かぁ~、ここもよく行きました。
冬は観光客が少なくなるので、本当の京都が見られるチャンスですよね。

ところで、ブログ移行しましたが、また元に戻そうか悩み中です^^;
あ~、もうほんとバタバタしててすみません。

また元に戻ったら笑ってやってくださいませ。

今年もよろしくお願い致します。
yuma | URL | 2014.01.09 15:03 | Edit
高兄さん
ご挨拶が遅くなりました。
今年もよろしくお願い致します。

東京も随分寒くなってきましたが、京都はもっと寒そうですねー。
お写真を拝見すると京都の寒さが伝わって来ます。
冬の京都もゆっくりと回れるので、いいですよねー。
昨年は一番人出の多い京都を堪能したので(笑)今度はゆっくり歩く京都を旅したいです^^
teakota | URL | 2014.01.09 15:11
こんにちは。

一枚一枚に味がありますね。
立体感もあって、どうしたらこんな素敵な写真が撮れるのか? 見入ってしまいます。

冬の京都、高兄様の写真、楽しみにしていますね。

↓ 「PAUL」、「grains de vanille」、色々お店できてますね。 行ってみたい!
ちろ | URL | 2014.01.09 20:29
年始のご挨拶が遅くなってしまいました~☆彡

*。:.゚アケマシテヽ(´∀`)ノオメデトウゴザイマス゚.:。+゚
今年もよろしくお願いします!!

紅葉の時期依頼なかなかお寺さんには行けてないんですが、
冬もいい感じですね~
そろそろ出かけようかな~ヽ(*´∀`)ノ
koko | URL | 2014.01.09 23:25 | Edit
冬枯れの京都、凛と背筋が伸びる感じが
します。

ハイキーな乙女なスイーツからの、この写真。
気が引き締まりました。

どうやったら、冬の寂しい雰囲気を写真に
撮れるのか勉強になりました。

次は雪景色ですか~^^
高兄 | URL | 2014.01.10 09:17
mnaさん、こんにちは

> 高兄さん
>
> おはようございます。
> 冬枯の侘び、素敵な表現ですね。

ありがとうございます

寒くなってきた京都ですが

なかなか、雪は降りませんねぇ^^;

> 特に2枚目のお写真が好きです。
> これからますます寒さが厳しくなりますが、冬ならではの京都のお写真楽しみにしています。

ありがとうございます

mnaさんも、風邪などひかぬ様

御身体、御自愛くださいませ^^
高兄 | URL | 2014.01.10 09:20
rabiさん、こんにちは

> おはようございます。
>
> 毎日寒いですね。

ええ

しかし、そろそろ

はらり、はらりと雪降らないかなぁ~

> いや~、凛とした寒い京都、これもまたステキです。
> 鹿王院かぁ~、ここもよく行きました。
> 冬は観光客が少なくなるので、本当の京都が見られるチャンスですよね。

そうですね

流石に観光の方も少ないので

ゆっくり、撮影しやすいですね、はい^^

> ところで、ブログ移行しましたが、また元に戻そうか悩み中です^^;
> あ~、もうほんとバタバタしててすみません。
>
> また元に戻ったら笑ってやってくださいませ。

試行錯誤も、よろしいじゃありませんか

了解です^^

> 今年もよろしくお願い致します。

こちらこそ、よろしく御願いいたします
高兄 | URL | 2014.01.10 09:27
yumaさん、こんにちは

> 高兄さん
> ご挨拶が遅くなりました。
> 今年もよろしくお願い致します。

おめでとうございます^^

こちらこそ

よろしく御願いいたします

> 東京も随分寒くなってきましたが、京都はもっと寒そうですねー。
> お写真を拝見すると京都の寒さが伝わって来ます。

まだ、洛中は初雪は

まだなんですがね

風が冷たいです^^;

> 冬の京都もゆっくりと回れるので、いいですよねー。
> 昨年は一番人出の多い京都を堪能したので(笑)今度はゆっくり歩く京都を旅したいです^^

今から、2月の半ばぐらいまでは

観光の方も少ないので

ゆっくり回られるには、おすすめです
高兄 | URL | 2014.01.10 09:29
teakotaさん、こんにちは

> こんにちは。
>
> 一枚一枚に味がありますね。
> 立体感もあって、どうしたらこんな素敵な写真が撮れるのか? 見入ってしまいます。

ありがとうございます

カメラやレンズの御蔭、というのが大きいかと^^;

被写体にも恵まれつつ・・・

> 冬の京都、高兄様の写真、楽しみにしていますね。
>
> ↓ 「PAUL」、「grains de vanille」、色々お店できてますね。 行ってみたい!

京都も、いつのまにやら

パン、スイーツ

選択肢が増えました^^
高兄 | URL | 2014.01.10 09:32
ちろさん、こんにちは

> 年始のご挨拶が遅くなってしまいました~☆彡
>
> *。:.゚アケマシテヽ(´∀`)ノオメデトウゴザイマス゚.:。+゚
> 今年もよろしくお願いします!!

おめでとうございます

こちらこそ

よろしく御願いいたします^^

> 紅葉の時期依頼なかなかお寺さんには行けてないんですが、
> 冬もいい感じですね~
> そろそろ出かけようかな~ヽ(*´∀`)ノ

ええ、炬燵に入っている(私もそうですが^^;)には

もったいない様な、景色が

拡がっていますよ♪
高兄 | URL | 2014.01.10 09:34
kokoさん、こんにちは

> 冬枯れの京都、凛と背筋が伸びる感じが
> します。

空気感が良いですね

冬の世界って

> ハイキーな乙女なスイーツからの、この写真。
> 気が引き締まりました。

えへへへ

そうですかね^^

> どうやったら、冬の寂しい雰囲気を写真に
> 撮れるのか勉強になりました。

いやいや、全然

な~んも、考えず、カシャカシャやってますから

すいません

> 次は雪景色ですか~^^

京都市内は、なかなか降らないので

シャッターチャンスのタイミングが・・・
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ