祇王寺

マイナスイオン


貰いにきました




DSC02894.jpg



☆6月12日(土)午後☆



清涼寺を後にして


西へ



奥嵯峨の竹林を抜けると

森林の一画を

そのまま切り取ったような

小さな御寺が現れます



祇王寺


DSC02895.jpg



現在の祇王寺は

昔の往生院の境内の中にあるとのこと


往生院は法然上人の門弟良鎮に

依って創められた云われてます

山上に亘って広い地域を占めていたらしいんどすが・・・・



いつの間にか荒廃して

ささやかな尼寺として残り

後に祇王寺と呼ばれることに



DSC02898.jpg



墓地入口にある碑には

「妓王妓女仏刀自の旧跡明和八年辛卯正当六百年忌、 往生院現住、法専建之」

とあります



此の碑の右側に

「性如禅尼承安二年(一一七二年)壬辰八年十五日寂」
と刻んであるのは

祗王の事らしいんどす



DSC02900.jpg



祇王寺は明治初年になって

廃寺となり残った墓と木像は

旧地頭大覚寺によって保管されました



大覚寺門跡楠玉諦師は

これを惜しみ

再建を計画していた時に

明治二十八年

京都府知事北垣国道氏が

祗王の話を聞き


嵯峨にある別荘の一棟を寄付され

此が現在の祇王寺の建物なんどす




DSC02901.jpg




平家物語の巻頭に


祗園精舎の鐘の声

諸行無常の響あり

沙羅雙樹の花の色

盛者必衰のことわりを・・・・・



と美しく書き出してあるが

更に読み進むと祗王祗女の事が出て来る



これは平氏全盛の頃


平清盛と二人の女性の哀れな物語



DSC02913.jpg



都に聞えた白拍子の上手に祗王

祗女と言う姉妹がいました

姉の祗王が清盛の寵を得て

妹祗女も有名となり

安隠に暮らしていました




ある時

清盛が祗王に何か欲しいものがあるかと尋ねると

祗王は

自分の生国は水の便が悪く

毎年旱害を受け

一庄三村は飢餓に苦しんでいるから

願わくば水利を得させて戴きたいと願った



清盛は早速

野洲川から三里の溝を掘らせ水を通した




DSC02907.jpg



加賀の国の者で

仏御前と呼ばれる白拍子の上手が現われて

清盛の西八条の館に行き

舞をお目にかけたいと申し出た


清盛は神ともいえ仏ともいえ

祗王があらんずる所へは叶うまじきぞ

とうとうまかり出でよと門前払いをしたが

祗王がやさしく取りなしたので

呼び入れて

今様を歌わせることにした



仏御前は


君を初めて見る折は 千代も歴ぬべし姫小松 

御前の池なる亀岡に 鶴こそ群れいて遊ぶめれ

と繰り返し


とても上手であったため

清盛はたちまち心動かして仏御前に心を移した


昨日までの寵愛は何処へやら

祗王は館を追い出されることになった




DSC02911.jpg




あくる春になって清盛は仏が退屈しているから

舞を舞って仏をなぐさめよと使者をよこすと

祗王はもとより行く気は無かったが

清盛の権勢と母の哀願に抗しかね

館に行って


仏もむかしは凡夫なり われらも遂には仏なり

いずれも仏性具せる身を 隔つるのみこそ悲しけれ


と歌い舞った

並居る諸臣も涙を絞ったと云う


祗王「かくて都にあるならば、又うき目を見むづらん、今は都を外に出でん」と

祗王二十一、祗女十九、母刀自四十五の三人

髪を剃って尼となり



嵯峨の山里


今の祇王寺の地に世を捨て仏門に入る


母子三人念仏している所へ竹の編戸を


ほとほとたたく者がある


出て見ると

思いもかけぬ仏御前の姿が




DSC02912.jpg



祇王の不幸を思うにつれ

いずれか秋にあわで果つべき

と書き残された歌を誦するにつれて

無常を感じ


今朝

館をまぎれ出でて

参りたれと

被っていた衣を打ちのけるのを見れば

剃髪した尼の姿であった



わずかに十七なる仏御前の

浄土を願わんと深く思い入り給うこそ

と四人一緒に籠って朝夕の仏前に香華を供えて

みな往生の本懐を遂げた・・・・・





祇王寺で

しみじみとした気分をいただいて



小さな住職さんに挨拶をすませ


DSC02906.jpg



祇王寺を後にしました






+祇王寺(ぎおうじ)+

京都市右京区嵯峨鳥居本小坂32
右京区にある真言宗大覚寺派の仏教寺院、寺自体は尼寺である
山号は高松山、院号は往生院、本尊は大日如来
元々は浄土宗の僧・良鎮が創建した往生院の跡を引き継いで今日に至る

また、平家物語には平清盛の寵愛を受けた白拍子の祇王と仏御前が出家のため入寺したとしても知られている
その後往生院は衰退をたどり、明治時代の初期に一時廃寺となるが、嵯峨大覚寺の支配を受け真言宗に改宗し
1905年(明治38年)に富岡鉄斎らの尽力もあって復興を遂げた
苔の庭でも知られる

アクセス 京都市バス28番・91番系統 「嵯峨釈迦堂前」下車 徒歩10







スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/45-8de51ec3

Comment

yokoblueplanet | URL | 2010.06.26 13:51
こんばんは。しんみりとしてしまう話ですね。人生50年にも満たない時代。20歳前後で出家する心情、恐らく今の我々の20歳よりも熟成した精神構造であったと推察しますが、権力者に振り回される境遇を疎い。。。これも悪くないかも、と、特に「逃げ」でなければ。戦う価値の無い事象も多いですが。
高兄 | URL | 2010.06.26 14:10
Yoko様、こんにちは

> こんばんは。しんみりとしてしまう話ですね。

そうどすねぇ

>権力者に振り回される境遇を疎い。

しかし寺内の片隅に

平清盛の供養塔があるんです・・・

この辺りが複雑というか祇王の健気というか・・・

まあ

そういう悲恋話を抜きとしても

この空間は

とてもお勧めです♪


自分が今

何処にいるのだろう?と不思議な感触がします

明治28年の復興には

府知事のほか

京都の文人 富岡鉄斎など関わっておりまして

その感性が余すところなく活かされた空間です^^
yokoblueplanet | URL | 2010.06.26 15:24
再度こんばんは。ここも「訪問リスト」に早速加えます。ありがとう!
平清盛は魅力ある男だったと云う事でしょうか?!
高兄 | URL | 2010.06.26 18:28
Yoko様、こんにちは

> ここも「訪問リスト」に早速加えます。ありがとう!

どういたしまして

この初夏の「緑の祇王寺」と

11月の紅葉の「赤の祇王寺」は特に必見どす^^
アラック | URL | 2010.06.27 08:20 | Edit
アラックです。
清盛ですね!!!
歴史にはいっぱいあったと思いますが、
水を撒かないと!!!
苔が可愛そう!!!
高兄 | URL | 2010.06.27 08:35
アラックさん、こんにちは

> 清盛ですね!!!

現在の七条あたりに六波羅があったとも云われています

> 水を撒かないと!!!
> 苔が可愛そう!!!

そうですねぇ^^;

ここはとても小さな御寺で

管理の方も通いで来ている感じでした

紅葉が有名ですが

新緑の祇王寺も素敵どす
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ