鞍馬寺

さて


登ろうか


DSC02826.jpg


☆6月11日(金)朝☆


京都中心部から

バスと叡山電車を乗り継ぎ

一時間半


左京区の鞍馬寺へ



鞍馬寺仁王門

DSC02823.jpg



仁王門から本殿を目指し

山道を登って行きます


ちなみに本殿までの中腹

多宝塔までは輸送機関としてケーブルカー(鞍馬山鋼索鉄道)を運営しており

宗教法人としては唯一の鉄道事業者ともなっています

ケーブルカーも魅力的でしたが・・・


ケーブルを利用せず

本殿までは歩いて40分ほど

良い運動になりそう^^

勿論歩きますよ



鞍馬寺は宗派は天台宗に属していましたが

1949年以降独立して鞍馬弘教総本山となっています

山号は鞍馬山




開基は鑑真の高弟鑑禎(がんてい)


DSC02825.jpg





本尊は寺では「尊天」と称しています

尊天とは毘沙門天王

千手観世音菩薩

護法魔王尊の三身一体の本尊のこと



仁王門から山道を登ること5分

現れるのは由岐神社


DSC02833.jpg



後ろには


立派な御柱が三本も



DSC02831.jpg



壮大な風景どすねぇ




こんなんありました

天狗の御神籤キーホルダー

ローカル感がたっぷり



DSC02834.jpg



さらに登っていきます





義経公供養塔


DSC02835.jpg



この鞍馬山は

牛若丸(源九郎義経の幼名)が

7歳から10年間を修行して過ごしたと云われた場所




初夏の京都とはいえ

京都の北に位置する鞍馬山

山の中はヒンヤリと涼しいです



山神や天狗が舞い降りてくるような

雰囲気があるんどす



DSC02838.jpg


山道を登ること

20分ほどで




中門が現れます


DSC02842.jpg


ここまでくれば

半分過ぎました・・・が


ここからは石段になりますので

ここからの方が息がきれますよ^^;



石段を登ること

10分ほどで



本殿金堂に到着


着いたなぁという充実感があります


DSC02852.jpg



立派な本殿金堂の姿



DSC02854.jpg



本殿の左側にある

お前立ちの魔王尊像は

背中に羽根をもち

長い髭をたくわえた仙人のような姿で

鼻が高い



DSC02850.jpg



この姿から

鞍馬天狗伝説になったとか・・・・



そんな説もあるんです


なるほどねぇ



実際来て観てみないと

わからん事って

ありますね





+鞍馬寺+

京都市左京区鞍馬本町1074
左京区鞍馬本町にある寺、1949年まで天台宗に属したが以降独立して鞍馬弘教総本山となっている
山号は鞍馬山、開基(創立者)は鑑真の高弟鑑禎(がんてい)とされている
本尊は寺では「尊天」と称している

「尊天」とは毘沙門天王、千手観世音菩薩、護法魔王尊の三身一体の本尊であるという

京都盆地の北に位置し、豊かな自然環境を残す鞍馬山の南斜面に位置する
鞍馬は牛若丸(源義経)が修行をした地として著名であり、能の『鞍馬天狗』でも知られる
新西国十九番札所である

アクセス 京都市営バス4, 17号系統「出町柳駅前」 (乗継ぎ)叡山電鉄「鞍馬」下車 徒歩20分
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/42-aa2c0f37

Comment

yokoblueplanet | URL | 2010.06.19 14:27
こんばんは。メイド喫茶も格調が有っていいですが、鞍馬山の大きな木々、ヒンヤリ感がそのまま伝わって来ます。大きな木には力がありますね。
高兄 | URL | 2010.06.19 16:29
Yoko様、こんにちは

> 鞍馬山の大きな木々、ヒンヤリ感がそのまま伝わって来ます

山の中なので

6月とは云え、日陰もあり

結構涼しいんです



>大きな木には力がありますね

10月には鞍馬の奇祭

鞍馬の火祭りもあります^^
yokoblueplanet | URL | 2010.06.20 14:10
こんばんは。義経ゆかりのお寺と云うだけでも魅力大なのに、10月の火祭り。更に面白くなりそうです。次回の京都行きはメニュー満載になりそうな予感がします。
高兄 | URL | 2010.06.20 16:16
Yoko様、こんにちは

> 10月の火祭り。更に面白くなりそうです。次回の京都行きはメニュー満載になりそうな予感がします。

私もこの火祭りには一度しか行った事がないのですが

かなりの迫力で

見ごたえは充分ですよ^^
| | 2010.06.21 21:12
このコメントは管理人のみ閲覧できます
高兄 | URL | 2010.06.21 22:56
鍵コメ様

御連絡ありがとうございます

了解いたしました^^


| | 2010.06.21 23:10
このコメントは管理人のみ閲覧できます
高兄 | URL | 2010.06.22 07:20
鍵コメ様

了解です

こちらこそ

よろしく御願いします^^
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ