車折神社


DPP_21070.jpg

京都には

「櫻」という

季節があるのかも知れません
















DPP_21062.jpg














DPP_21064.jpg














DPP_21063.jpg














DPP_21065.jpg














DPP_21067.jpg














DPP_21066.jpg














DPP_21068.jpg














DPP_21071.jpg














DPP_21069.jpg














DPP_21072.jpg














DPP_21073.jpg

境内で

満開を迎えた、溪仙桜(けいせんざくら)を

眺めながら


季節の事を思いました

そして

京都と云う

産まれた街の事を思いました





+車折神社(くるまざきじんじゃ)+

京都市右京区嵯峨朝日町23
嵯峨にある神社である、社名は「車裂」「車前」とも書いた
旧社格は村社で、現在は単立神社
祭神は清原頼業(きよはらのよりなり)である
頼業は、学問で有名な清原氏の出であり、自身も平安時代後期の著名な漢学者・儒学者であった
大外記の職を長年務め、晩年には九条兼実より政治の諮問を受け、兼実から
「その才、神といふべく尊ぶべし」と評された

社名の「車折」については、ある人が牛車に乗ったまま社前を通った所、突然車が裂けてしまったためとも
後嵯峨天皇の大堰川遊幸の際、社前で突然車が前に進まなくなったので、不思議に思って社の者に問うた所
頼業公を祀ると答えがあったので、還御の後に「車折大明神」の神号と正一位の神階を贈ったためともいう

アクセス 京福電気鉄道(嵐電) 「車折神社」徒歩1分
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/411-e4d2c02c

Comment

ke-n | URL | 2013.03.26 08:28
高兄さん、おはようございます。

なるほど、都では「櫻」と言う季節ですね。
どのお写真からもその特別な季節が感じられます。

トップに持ってこられたお写真も光と色合いが
とても素敵です。
ひさえ | URL | 2013.03.27 19:20 | Edit
この神社に思い出があります。

あーー、懐かしいな~~。
にわ | URL | 2013.03.27 21:56 | Edit
咲きましたね。

今週末くらいが、見頃でしょうか?

溪仙桜はお花が小さいのかしら。

社名の「車折」の言われ
面白いですね。
高兄 | URL | 2013.03.29 06:32
ke-nさん、こんにちは

> 高兄さん、おはようございます。
>
> なるほど、都では「櫻」と言う季節ですね。
> どのお写真からもその特別な季節が感じられます。

ありがとうございます

櫻都と云っても、大袈裟でないくらい

今、満開の桜の溢れる京都ですね^^

嬉しや♪

> トップに持ってこられたお写真も光と色合いが
> とても素敵です。

ありがとうございます

一枚目は、私自身も気に入っているんですよ

ke-nさんも、今日あたりは

山々でなく、櫻樹を追いかけておられるのかな?
高兄 | URL | 2013.03.29 06:34
hisaeさま、こんにちは

> この神社に思い出があります。
>
> あーー、懐かしいな~~。

そうなんですか

車折神社

きっと、ロマンチックな想い出なのでは^^

嵐山などは、まだ、早いですが

洛中の桜は、次々と満開を迎えますよ^^
高兄 | URL | 2013.03.29 06:37
にわさん、こんにちは

> 咲きましたね。
>
> 今週末くらいが、見頃でしょうか?

ええ、咲きました

種類に拠りますが

今日ぐらいから、2,3日が

一番の見頃かと^^

此処から、散りゆく過程も、好きです^^v


> 溪仙桜はお花が小さいのかしら。
>
> 社名の「車折」の言われ
> 面白いですね。

此処は、嵐電の駅もありますし

観光にもお勧め

芸能関係の名前、見つけるだけでも興味深い
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ