蚕ノ社(木嶋神社)


DPP_20254.jpg

摩訶不思議















DPP_20264.jpg













DPP_20253.jpg













DPP_20255.jpg













DPP_20256.jpg













DPP_20257.jpg













DPP_20258.jpg













DPP_20259.jpg













DPP_20260.jpg













DPP_20261.jpg













DPP_20262.jpg













DPP_20263.jpg

この神社には

三柱鳥居という柱が三本で三正面

上からの形は三角形という

何とも、摩訶不思議な鳥居があります


果たして、何の為に?

どんな意味が?

う~ん不思議^^;





+木嶋坐天照御魂神社(このしまにますあまてるみたまじんじゃ)+

京都市右京区太秦森ヶ東町50番地
右京区太秦にある神社である、式内社で、旧社格は郷社。祈雨の神として信仰を集めている
通称木嶋神社(このしまじんじゃ)、また、本殿東側に織物の始祖を祀る
蚕養(こかい)神社があることから蚕の社(かいこのやしろ)の通称が広く知られている

木嶋坐天照御魂神社は「木嶋に鎮座する天照御魂神の社」という意味で
本来は「天照御魂神」を祀る神社ということになる。この「天照御魂神」が
どの神を指すのかについては諸説ある
『葛野郡神社明細帳』では上述の神々の他に爾々芸命の名を挙げている
『神社志料』では天火明命のこととしている
関西には、ほかにも「天照(アマテル)」のつく神社がいくつかあり
元々はそれぞれ当地の太陽神を祀っていた神社と考えられている

社殿は本殿、東本殿(前述の蚕養神社)、拝殿などからなり明治以降の再建である

社殿の西にかつては湧水が豊富であった「元糺の池」(もとただすのいけ)という
池の中に三柱鳥居(三ッ鳥居)がある
柱が三本で三正面、上からの形は三角形となっている鳥居は珍しい存在であり
京都三鳥居の一つとされている
これも起源不明ながら現存するものは天保2年(1831年)に再興されたものである

アクセス 京都市バス 「蚕の社」下車 徒歩3分


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/359-a9b70c74

Comment

きまぐれおじさん | URL | 2012.10.10 17:07
秋ですね~。
そろそろ京都は紅葉の季節になるのでしょうか。
九州ではまだまだだと思いますが紅葉の季節がくるとまたお出かけが楽しくなりますね。
今から行き先を考えておかなくっちゃ。
p garage | URL | 2012.10.10 20:49 | Edit
こんばんは
そうなんですか?
面白いですね。
気候が良くなると
そろそろ観光の人達が
増える頃ですね(笑)
ke-n | URL | 2012.10.11 08:22
高兄さん、おはようございます。

三角形の鳥居、もちろん見たことはなく
あることも初めて知りました。

今回のお写真は、「不思議な空間」という視点が
拝見していて伝わってくるようですね。
高兄 | URL | 2012.10.11 19:44
きまぐれ様、こんにちは

> 秋ですね~。
> そろそろ京都は紅葉の季節になるのでしょうか。

う~ん、もう少し先ですかね^^;

> 九州ではまだまだだと思いますが紅葉の季節がくるとまたお出かけが楽しくなりますね。
> 今から行き先を考えておかなくっちゃ。

紅葉の頃は

散歩しているだけでも、気分が良いですよね^^

今週末は

京都も少し、冷え込むそうで

紅葉も、少しだけ進みますかね?
高兄 | URL | 2012.10.11 19:48
pさん、こんにちは

> こんばんは
> そうなんですか?
> 面白いですね。

ええ

京都三鳥居の一つですが

奇妙です

ウルトラセブンで

三面怪獣ダダってのが居たんですが

ちょっと、思い出しました^^;

> 気候が良くなると
> そろそろ観光の人達が
> 増える頃ですね(笑)

そうなんですよね~

ただ、今は未だましです

11月半ばからの京都、混みます><
高兄 | URL | 2012.10.11 19:52
ke-nさん、こんにちは

> 高兄さん、おはようございます。
>
> 三角形の鳥居、もちろん見たことはなく
> あることも初めて知りました。

京都市内では、そこそこ知られていますが

全国的には、全然、有名ではありません^^;

> 今回のお写真は、「不思議な空間」という視点が
> 拝見していて伝わってくるようですね。

ありがとうございます

本当は、もっと近くで撮影したいんですが

今回、数十年ぶりに蚕ノ社に参拝して気付きましたが

こに三柱鳥居

策が張ってあって、近づけない様になってました・・・・
Yukari | URL | 2012.10.13 03:13 | Edit
こんにちは!
蚕の社ってこんなところだったんですね。
バスとかに乗っているとアナウンスとか聞いた事はあるんですが、行った事はないです。

秋もだんだん深まり、写真の楽しい季節になりますねー。
京都に帰りたいです~。
高兄 | URL | 2012.10.13 07:13
Yukariさん、こんにちは

> こんにちは!
> 蚕の社ってこんなところだったんですね。
> バスとかに乗っているとアナウンスとか聞いた事はあるんですが、行った事はないです。

そうなんですよ

この地は、大昔から

元来、秦氏の土地


朝鮮半島からやってきた、技術屋集団の地


太秦(うずまさ)の名のとうり、はたおり関係ですよね

> 秋もだんだん深まり、写真の楽しい季節になりますねー。
> 京都に帰りたいです~。

京都に来られる時は

お知らせくださいな^^

わたしも、可愛らしい娘さんに、お会いしたいです^^
Comment Form
公開設定

プロフィール

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Translation(自動翻訳)