千本ゑんま堂(引接寺) 狂言


DPP_1909.jpg

鬼が、舞う















DPP_1898.jpg













DPP_1899.jpg













DPP_1900.jpg













DPP_1901.jpg













DPP_1902.jpg













DPP_1905.jpg













DPP_1903.jpg













DPP_1904.jpg













DPP_1906.jpg













DPP_1907.jpg













DPP_1908.jpg















DPP_1911.jpg














DPP_1910.jpg













DPP_1912.jpg













DPP_1913.jpg













DPP_1914.jpg













DPP_1915.jpg













DPP_1916.jpg













DPP_1919.jpg













DPP_1917.jpg













DPP_1918.jpg













DPP_1920.jpg














DPP_1921.jpg













DPP_1922.jpg













DPP_1924.jpg













DPP_1923.jpg













DPP_1925.jpg













DPP_1926.jpg













DPP_1927.jpg













DPP_1928.jpg













DPP_1929.jpg













DPP_1930.jpg













DPP_1931.jpg













DPP_1932.jpg

毎年、G.Wに行われる


閻魔堂(えんまどう)の

大念佛狂言


狂言がわからない人でも

観てわかりやすい様な仕草や

セリフ回し等もあり


なんの、なんの^^

一級品のエンターテイメントです






+引接寺(いんじょうじ)+

京都市上京区千本通鞍馬口下ル閻魔前町34
上京区にある高野山真言宗に属する寺院である
一般には千本閻魔堂(せんぼん えんまどう)の通称で知られ、春の念仏狂言で知られている

寛仁年間(1017 - 1021年)、源信の弟弟子の定覚により開山されたと伝える
現世と冥土を行き来して閻魔王とも交流したという伝承のある小野篁(802年 - 853年)を
開基に仮託する説もある
文永10年(1273年)、明善律師によって中興された

1574年(天正2年)に織田信長が上杉謙信に贈ったと伝えられ、京の名所と町衆の姿を描いた 
国宝《洛中洛外図屏風》(米沢市上杉博物館蔵)の左隻右上に千本ゑんま堂が描かれている
その境内では銘桜普賢象(ふげんぞう)桜や十重石塔とともに
ゑんま堂狂言「閻魔庁」を演じている様子が描かれている

千本ゑんま堂大念佛狂言は、昭和39年(1964年)に後継者不足が原因で途絶える
昭和49年(1974年)不審火によって狂言堂が焼け、狂言衣装も焼失する
しかし、翌年には焼け残った狂言面をもとに千本ゑんま堂狂言保存会が結成され
狂言堂は仮建築ながら再建され、以前の西陣講中を中心としたメンバーや
一般から募集したメンバーも含めた編成に推移し
以降復活した狂言二十数演目が毎年境内で公開されている

アクセス 京都市バス 「乾隆校前」下車 徒歩3分

スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/307-e03418cc

Comment

ke-n | URL | 2012.05.07 09:10 | Edit
高兄さん、おはようございます。

都の文化を堪能させてもらいました。
鬼、土蜘蛛、興味深い世界感でもあります。

臨場感あふれるお写真の数々で、
鬼への畏怖、緊張感や神聖なる雰囲気が
ひしひしと伝わってまいります。
写真を撮るようも舞台にくぎ付けになりそうですね。
MACHI* | URL | 2012.05.07 22:37 | Edit
こんばんわ。
こういう舞台ってみたことないんですけど、伝統を感じますね。
写真で見ていても、興味深いものがあります。
そばで見ていたら、すごい迫力なんでしょうね。

今回も、いいもの見せていただいちゃいました(^-^)
高兄 | URL | 2012.05.08 11:34
ke-nさん、こんにちは
>
> 都の文化を堪能させてもらいました。
> 鬼、土蜘蛛、興味深い世界感でもあります。

狂言の世界では

現在よりも

人と鬼との距離が近かった

そんな背景を感じます

おかしみの様なものさえ、漂っています


> 臨場感あふれるお写真の数々で、
> 鬼への畏怖、緊張感や神聖なる雰囲気が
> ひしひしと伝わってまいります。
> 写真を撮るようも舞台にくぎ付けになりそうですね。

実際、席が後ろの方で

前のお客さん方の、頭が見切れる、見切れる

構図が、考え付かず

結局、すべて

望遠レンズで撮影でございました^^;

高兄 | URL | 2012.05.08 11:40
Machiさん、こんにちは

> こういう舞台ってみたことないんですけど、伝統を感じますね。
> 写真で見ていても、興味深いものがあります。

意外と初心者でも、愉しめるもんですよ^0^

舞台芸なので

やはり、観客を惹きつける

手法というのが、ちりばめられています


> そばで見ていたら、すごい迫力なんでしょうね。
>
> 今回も、いいもの見せていただいちゃいました(^-^)

G.Wに京都を訪れられる事がありましたら^^

他にも、壬生狂言なんかも有名です

ぜひ、一度、拝見してみてください♪
いけこ | URL | 2012.05.09 11:58 | Edit
こんにちは、高兄様

ゑんま堂狂言へいらっしゃったのですね~。
普賢象桜は咲き残ってましたか?
GWは京都中色々なところで狂言が奉納されますので、楽しゅうございますねぇ。
壬生寺・神泉苑・ゑんま堂と伺いましたが、私、こちらの狂言がすきですわ~。
butaneko | URL | 2012.05.09 21:17
お写真だけでも迫力がありますね。
リボンはツチグモの糸なのかしらd('-'*)
日本の伝統芸能って、歌舞伎含めて
一つも見たことがないんです(^_^;)
どうも敷居が高くて。
それが、わかりやすいのは嬉しいですね。
pipin | URL | 2012.05.09 23:54 | Edit
高兄さん、こんばんは♪

GWに観れるんですね~φ(..)メモメモ

お写真で語ってます!
狂言って観た事が無くても大丈夫ですか?
立ち見ですか?

日本の伝統芸能も継承も大事にしたいですね^^
高兄 | URL | 2012.05.10 05:11
いけこ様、こんにちは

G.Wはリフレッシュされましたか?

> ゑんま堂狂言へいらっしゃったのですね~。
> 普賢象桜は咲き残ってましたか?

残念ながら、普賢象は蕾を落としていましたよ^^;

> GWは京都中色々なところで狂言が奉納されますので、楽しゅうございますねぇ。

ええ

わたしなんか、G.Wイコール狂言みたいなイメージ

御近所が、壬生さんなもので^^

> 壬生寺・神泉苑・ゑんま堂と伺いましたが、私、こちらの狂言がすきですわ~。

写真撮影可能というのが

よりありがたい、閻魔堂さんです^^v
高兄 | URL | 2012.05.10 05:14
butanekoさん、こんにちは

> お写真だけでも迫力がありますね。
> リボンはツチグモの糸なのかしらd('-'*)

この、閻魔堂狂言は

歴史もあり

無料で観覧していただけます^^

撮影も許可いただいている、太っ腹ですよ~


> 日本の伝統芸能って、歌舞伎含めて
> 一つも見たことがないんです(^_^;)
> どうも敷居が高くて。
> それが、わかりやすいのは嬉しいですね。

結構、セリフ回しなんかも

現代風にアレンジされていて

鬼の念仏などは、漫才のかけあいみたいで、大いに笑えます

土蜘蛛は、やっぱり大迫力だし

愉しいですよ、ほんと^^v
高兄 | URL | 2012.05.10 05:16
pipinさん、こんにちは

> GWに観れるんですね~φ(..)メモメモ

ええ、それと

以前、紹介した苺スイーツの御店の近所です、閻魔堂

> お写真で語ってます!
> 狂言って観た事が無くても大丈夫ですか?
> 立ち見ですか?

席がちゃんと用意されていて

狂言鑑賞は、無料です^^

良いでしょ^^

> 日本の伝統芸能も継承も大事にしたいですね^^

こういう方々には

ほんと、頭が下る思いでございます
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ