龍安寺

DPP_1849.jpg

お酒を持ち込んで


みんなで

わいわい・・・なんて出来ませんが















DPP_1846.jpg

たまには















DPP_1848.jpg

こんな

花見も良いでしょう




+龍安寺(りょうあんじ)+

京都市右京区龍安寺御陵下町13
右京区にある臨済宗妙心寺派の寺院、石庭で知られる、山号を大雲山と称する
本尊は釈迦如来、開基(創立者)は細川勝元、開山(初代住職)は義天玄承である
「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている

「龍安寺の石庭」として知られる枯山水の方丈石庭で有名な龍安寺は
禅宗が盛んだった室町幕府の管領、守護大名で、応仁の乱の東軍総帥でもあった細川勝元が
宝徳2年(1450)に創建した禅寺である
衣笠山山麓に位置する龍安寺の所在地は、藤原北家の流れを汲む徳大寺実能以来
徳大寺家の山荘であったところを、細川勝元が譲り受けたものである
初代住職として妙心寺5世住持の義天玄承(玄詔)を迎えた
龍安寺の開山は実質的にはこの義天玄承とされているが、義天自身は2世に退き
自分の師の日峰宗舜を開山に立てている
創建当初の寺地は現在よりはるかに広く、京福電鉄の線路のあたりまでが境内であったという

アクセス 京都市バス「龍安寺前」下車 徒歩2分
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/300-a3218a39

Comment

ke-n | URL | 2012.04.16 08:39 | Edit
高兄さん、おはようございます。

少し離れた水の音さえも聞こえてくるような、
龍安寺の石庭の静かな様子が伝わってまいります。

そこに咲く枝垂れ桜、和空間に彩を添える
コントラストがとっても美しいですねぇ。
yukari | URL | 2012.04.16 08:55 | Edit
こんにちは~。
京都、お花見のシーズンになりましたね!
いつも素敵な京都の写真、本当に楽しませて頂いています!!!

↓のイチゴのミルフィーユのお写真にも惹かれました~♪ ほんと美味しそう!!!!
ゆに | URL | 2012.04.16 09:08 | Edit
静かにお花見もいいですね。
水の音が聞こえてきそうです。
yungchi | URL | 2012.04.16 18:15 | Edit
この時期だけのコントラスト、本当にすばらしいお庭ですね。
ため息しかでません。

いつかこの目で見て!撮りたい!絵ではありますが、
しかーし、世界遺産龍安寺、、、
この時期、ここの縁台はすごい事になっていると聞くので、、、^^;。
こんな風に「静寂感」を表現できる高兄さん、さすがです!
butaneko | URL | 2012.04.16 18:20
たまにはこんな・・・って。
めっちゃ贅沢ですね(^_^;)!!
ソメイヨシノももちろん好きですが、
しだれ桜もなんともいえません。
和の美しさですね~。
cox | URL | 2012.04.16 23:22 | Edit
龍安寺というと枯山水のモノトーンなイメージがあるのですが、桜が入るとまたぐっとイメージが変わりますね。
京都の人の特権です。

枝垂桜、結構大きい?
高兄 | URL | 2012.04.17 12:00
ke-nさん、こんにちは

> 少し離れた水の音さえも聞こえてくるような、
> 龍安寺の石庭の静かな様子が伝わってまいります。

ありがとうございます^^

実際は、修学旅行の皆さん

わんさか、わんさか・・・なんですが^^;


> そこに咲く枝垂れ桜、和空間に彩を添える
> コントラストがとっても美しいですねぇ。

この、光景

私も大好きなんですよ♪

ギャップがあるんで、良いんですよね~

幸せな充実感があります^^
高兄 | URL | 2012.04.17 12:02
yukariさん、こんにちは

> 京都、お花見のシーズンになりましたね!

ええ

多分、先週末が花見客のピークだったのでは?

人が多かった・・・京都^^;

> いつも素敵な京都の写真、本当に楽しませて頂いています!!!


おおきに、

そんな風に云っていただいて、恐縮です^^

> ↓のイチゴのミルフィーユのお写真にも惹かれました~♪ ほんと美味しそう!!!!

これは

なかなか美味しかったですよ~♪
高兄 | URL | 2012.04.17 12:04
ゆにさん、こんにちは

いつも、コメントありがとうございます^^

> 静かにお花見もいいですね。
> 水の音が聞こえてきそうです。

禅寺の御寺って

世界観がはっきりしていて

庭も凛としている気がいたします^^

精神世界ですね
高兄 | URL | 2012.04.17 12:08
yungchiさん、こんにちは

> この時期だけのコントラスト、本当にすばらしいお庭ですね。
> ため息しかでません。

いいですよね、ほんと

眺めていると、気持ちに充実感が湧いてくる・・・そんな感じかな~


> いつかこの目で見て!撮りたい!絵ではありますが、

yungchiさんなら

きっと、素晴らしい切り口で捉えられるでしょう^^

> しかーし、世界遺産龍安寺、、、
> この時期、ここの縁台はすごい事になっていると聞くので、、、^^;。

ええ、凄い事になってます

修学旅行の、中学生がねぇ・・・^^;

> こんな風に「静寂感」を表現できる高兄さん、さすがです!

いやいや

人を入れない構図を考えたら、こんな風に・・・


実は、だいぶ前から

この3枚の構成、構図は、イメージしていたもので

季節が巡り、春になり

やっと体現出来て、個人的にも嬉しいです^^v
高兄 | URL | 2012.04.17 12:10
butanekoさん、こんにちは

> たまにはこんな・・・って。
> めっちゃ贅沢ですね(^_^;)!!

ですかね?

えへへ^^

> ソメイヨシノももちろん好きですが、
> しだれ桜もなんともいえません。
> 和の美しさですね~。

枯山水の庭の、本来の形は

草木は何も存在しないのですが

この枝垂れは、心憎い演出ですよね^^
高兄 | URL | 2012.04.17 12:15
coxさん、こんにちは

> 龍安寺というと枯山水のモノトーンなイメージがあるのですが、桜が入るとまたぐっとイメージが変わりますね。
> 京都の人の特権です。

自郷自賛になりますが

ほんと、特権なのかも知れませんよね~^^


> 枝垂桜、結構大きい?

この枝垂桜は、それ程、大きくはありません

御覧のように

壁の裏側に植えられていて


この御庭が出来て

随分たってから、誰かが植えられたんでしょう


勿論、枝垂れが大石にかかるよう、計算されていますよね

この人物の、感覚は超人的だと想いませんか?
yokoblueplanet | URL | 2012.04.17 16:32
こんばんは。
ここのお庭は何回見ても良いな~と思えるお庭ですね、さすがに。
お花とのコントラスト、素敵です。
rika3377@カナリア | URL | 2012.04.19 02:38
こんにちは!
一瞬、お酒持ち込んでわいわいされてきたのかと思っちゃいました~。爆
龍安寺で桜をめでるのも良いですね~。
桜があると「ワビ・サビ」の世界が少し華やかになりますね~!
高兄 | URL | 2012.04.19 04:44
Yokoさま、こんにちは

> ここのお庭は何回見ても良いな~と思えるお庭ですね、さすがに。

ええ、私もそう思います

完成形ですよね、完全に^^


> お花とのコントラスト、素敵です。

ありがとうございます^^

本来、枯山水の庭には

不要な櫻なのですが、粋ですよね~^^
高兄 | URL | 2012.04.19 04:47
rikaさん、こんにちは

> 一瞬、お酒持ち込んでわいわいされてきたのかと思っちゃいました~。爆

これで、ブリットのシャンパーニュでも

持ち込めたらねぇー^^

吟醸の冷酒でも良いですが^^

> 龍安寺で桜をめでるのも良いですね~。
> 桜があると「ワビ・サビ」の世界が少し華やかになりますね~!

やはり

この刹那を、美しい、愛おしいと感じてしまうんだなぁーと

最近、つくづく思います、私も年齢をとったんだな^^;
蓮花草 | URL | 2012.04.21 11:48
高兄さま こんにちは

この前、見せて頂いて、あまりの見事さに、そのまま帰ってしまいました m(_ _)m

この油土塀にかぶさる枝垂れが、石庭を彩りながら、静けさも強調していますね。
本当はザワザワと人の気配が多いのでしょうが、お写真からはいっそうの静寂が立ち上る気がします。

行けなかった私も、石庭に向き合っているような気持ちにさせて頂きました。

御池の周りも素晴らしいでしょうねえ。
高兄 | URL | 2012.04.22 06:52
蓮華草さま、こんにちは
>
> この前、見せて頂いて、あまりの見事さに、そのまま帰ってしまいました m(_ _)m

いやいや、恐縮でございます

いつも、京都の被写体に助けられている私ですよ^^;


> この油土塀にかぶさる枝垂れが、石庭を彩りながら、静けさも強調していますね。
> 本当はザワザワと人の気配が多いのでしょうが、お写真からはいっそうの静寂が立ち上る気がします。

静寂が、少しでも表現出来ていれば

私としても、嬉しい限りでございます、はい^^v

> 行けなかった私も、石庭に向き合っているような気持ちにさせて頂きました。
>
> 御池の周りも素晴らしいでしょうねえ。

ここの鏡池も

なんとも、贅沢で美しい光景ですよね、ほんと^0^
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ