豊国神社

DPP_1567.jpg

凶兆















DPP_1568.jpg













DPP_1571.jpg













DPP_1574.jpg













DPP_1572.jpg













DPP_1573.jpg














DPP_1575.jpg













DPP_1577.jpg













DPP_1581.jpg

この鐘が


豊臣に災いをもたらす















DPP_1582.jpg

大阪冬の陣、始まる









+豊国神社(とよくにじんじゃ)+

京都市東山区大和大路正面茶屋町530
東山区に鎮座する神社、豊臣秀吉を祀る
秀吉の死去の翌年の1599年(慶長4年)、遺体が遺命により方広寺の近くの
阿弥陀ヶ峰山頂に埋葬され、その麓に方広寺の鎮守社として廟所が建立されたのに始まる
この時、秀吉は東大寺の大仏に倣い、自身を八幡として祀るように遺言したが
結果として方広寺とは別の存在となり、別に神宮寺が建てられ、神号も大明神となっている
後陽成天皇から正一位の神階と豊国大明神(ほうこくだいみょうじん)の
神号が贈られ鎮座祭が盛大に行われた

しかし、1615年(元和元年)に豊臣宗家が滅亡すると、徳川幕府により方広寺の
大仏の鎮守とするために廃絶され、大仏殿裏手に遷されている
神宮寺や本殿は残されたが、それも後に妙法院に移されている

1868年(明治元年)、明治天皇が大阪に行幸したとき、秀吉を、天下を統一しながら
幕府は作らなかった尊皇の功臣であるとして、豊国神社の再興を布告した
1873年(明治6年)、別格官幣社に列格した
1880年(明治13年)、方広寺大仏殿跡地の現在地に社殿が完成し、遷座が行われた

アクセス 京都市バス 東山七条下車 徒歩8分
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/287-a271c343

Comment

yokoblueplanet | URL | 2012.03.08 18:47
こんばんは。
この世から居なくなった後でもゆっくり出来ない状況に陥れられるとは。。。偉くなるのも考えもの。中庸が一番、とは云っても、そうは行かない運命もあるし。。。
人の世は悠久の時から見れば、瞬きにもならないほど短いのに、色々ありますね~。
cox | URL | 2012.03.08 19:55 | Edit
こんにちは。

7枚目の写真、ああ日本なんだなあ。。。と妙に我に返りました。(笑)
400年前は山以外はどんな風景が広がっていたんでしょうね?
nao | URL | 2012.03.09 03:12
「国家安康」ですね。
まあよくこんな小さなもんを家康は見つけた
もんですね。隣の家のゴミをチェックしている
くらいのレベルでしょう?(?)

この近くに耳塚がありますが、これまた残酷
な歴史遺産であります。

歴史は面白いですが、時として知らない方が
よかったなって思う時があるのも事実です・・・

6枚目が好きです(^_^)
ke-n | URL | 2012.03.09 08:45 | Edit
高兄さん、おはようございます。

秀吉を祀った豊國神社は各地にありますね。
京都はまだ訪れたことがありません。

今回はよく組み合わされた写真の数々だなと
感心いたしました。
ぜひ大阪城の敷地にある大阪の豊國神社も
機会がありましたら訪れてみて下さい。

僕が見慣れている場所を
高兄さんの視点で見てみたいです。
高兄 | URL | 2012.03.09 12:24
Yokoさま、こんにちは

> この世から居なくなった後でもゆっくり出来ない状況に陥れられるとは。。。偉くなるのも考えもの。中庸が一番、とは云っても、そうは行かない運命もあるし。。。

ですね

私の様な、立身出世とも関係ない人間でも

中庸というのは、ほんとに難しいなぁ~と感じる事があります^^;

> 人の世は悠久の時から見れば、瞬きにもならないほど短いのに、色々ありますね~。

人と人の関わりのなかで

生きている人が、多いですから

やはり、色いろありますね^^

私自身も、そんな一人なんですよね^^
高兄 | URL | 2012.03.09 12:31
coxさん、こんにちは

> 7枚目の写真、ああ日本なんだなあ。。。と妙に我に返りました。(笑)

んん、?

7枚目・・・あーそうですね

こういう構図も日本ならではですかね?

京都の街並みでは、出来やすい構図かもしれませんね^^

> 400年前は山以外はどんな風景が広がっていたんでしょうね?

建物は、相当低かったとは想いますが^^;


秀吉の行った、京都の都市整備は

かなり、今の京都の市街観にも影響を及ぼしています

寺町通りなんか、その、最たる例でしょうね^^
高兄 | URL | 2012.03.09 12:37
naoさん、こんにちは

> 「国家安康」ですね。
> まあよくこんな小さなもんを家康は見つけた
> もんですね。隣の家のゴミをチェックしている
> くらいのレベルでしょう?(?)

どうでしょう^^

しかし、太閤亡きあとの豊臣家

家康にとっては、

秀頼が力を付ける前に、どうしても潰しておく必要があったのでしょうね

その為の口実なら、鐘だろうが、石ころだろうが

なんでも、良かったのかもしれませんね^^


> 6枚目が好きです(^_^)

おおきに^^

私は、逆光でも、あんまり気にしないで

ガシガシ、撮りますから^^
高兄 | URL | 2012.03.09 12:44
ke-nさん、こんにちは

> 秀吉を祀った豊國神社は各地にありますね。
> 京都はまだ訪れたことがありません。

ええ、豊国神社

全国に何箇所ぐらいあるんでしょうね

> 今回はよく組み合わされた写真の数々だなと
> 感心いたしました。

ありがとうございます^^

最後の写真を、あの鐘にしよう・・というのは

撮影に行く前から決めていましたが

後は、流れで・・

そんな風に思っていただけたら、恐縮です^^

> ぜひ大阪城の敷地にある大阪の豊國神社も
> 機会がありましたら訪れてみて下さい。
>
> 僕が見慣れている場所を
> 高兄さんの視点で見てみたいです。

そういう機会もありますかね~

まあ、京都で一杯一杯でもあるのですが^^;
メイフェ | URL | 2012.03.09 22:05 | Edit
私も京都に行った時にこの文字をしっかりと
見ました。
すごいですよね。言いがかり?!とも思えますが
これが戦いにつながるんですから・・・。
ゆに | URL | 2012.03.10 08:33 | Edit
細かいところまでじっくり見ると、歴史の勉強になりますね。桜の季節で混む前に、ゆっくり京都散歩したいです。
高兄 | URL | 2012.03.11 06:53
メイフェさん、こんにちは

> 私も京都に行った時にこの文字をしっかりと
> 見ました。

おお、それは、それは^^

なかなか、マニアック

メイフェは、歴女(れきじょ)なのかな??

> すごいですよね。言いがかり?!とも思えますが
> これが戦いにつながるんですから・・・。

そうですよね

しかし、家康は

とにかく火種が欲しかった

そうなるものなら、何でも良かったのかもしれません


目的の為に、理由が欲しかったのかも・・・
高兄 | URL | 2012.03.11 06:56
ゆにさん、こんにちは

> 細かいところまでじっくり見ると、歴史の勉強になりますね。桜の季節で混む前に、ゆっくり京都散歩したいです。

この話

戦国の歴史好きの間では有名ですよね

この鐘は

レプリカなのかもしれませんが・・・

まあ、春休みに入りますから

来週あたりから、G.W明けまでは、

京都は激混みだろうなぁ^^;
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ