地蔵院

DPP_1509.jpg

これ、千菊丸や

何をしておる?















DPP_1510.jpg

竹の音を聴いております















DPP_1511.jpg













DPP_1516.jpg













DPP_1517.jpg













DPP_1515.jpg














DPP_1518.jpg













DPP_1519.jpg













DPP_1520.jpg














DPP_1512.jpg

これ、千菊丸や

何をしておる?















DPP_1513.jpg

風の声を聞いております















DPP_1514.jpg

竹の寺、地蔵院は


千菊丸(せんぎくまる)、後の一休宗純が

幼少時

修行した寺と云われています







+地蔵院(じぞういん)+

京都市西京区山田北ノ町23
西京区にある臨済宗の寺院、山号は衣笠山、本尊は地蔵菩薩 
周囲を竹林で囲まれていることから竹の寺の通称で知られている
一休宗純は幼少時、この寺で修行したと伝えられる
応安元年(1368)、室町幕府管領を務めた武将細川頼之によって創建された
頼之は碧潭周皎(へきたんしゅうこう)に帰依して出家した
当寺の実質的な開山は碧潭周皎であるが、碧潭は法兄である夢窓疎石を勧請開山としている

南北朝時代には勅願寺となって寺運も興隆したが、応仁の乱の兵火により伽藍を焼失し寺運も衰えた
江戸時代中期に中興され、江戸期には天龍寺に属した
昭和43年に独立して単立寺院となった
アクセス 阪急嵐山線「上桂」駅下車 徒歩15分
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/284-01513a09

Comment

ke-n | URL | 2012.02.28 08:33 | Edit
高兄さん、おはようございます。

素晴らしい竹林ですね。
竹の音、風の音が聞こえてきそうです。

光も良い具合に入ってますね。
お見事です。
うさぎんちゃん | URL | 2012.02.28 19:36
今晩は。このお寺は私の散歩コースに有ります~
実はこの辺りが住まいですよ。
前を通るだけで、まだ入った事は無いのですけどね。
初夏あたりにでも行ってみようかな~
まだ寒かったでしょう?

光の入った竹林・・・いいですよねえ~
yokoblueplanet | URL | 2012.02.28 23:30
こんばんは。
竹林の手入れが良いですね。
画像も竹をきれいに収めて、、、全体に非常に魅力的に見えます!
メイフェ | URL | 2012.02.29 06:17
これは素晴らしい~。
物語の世界に引きずり込まれました。
竹林ってなんでこんなにも凛として美しいのでしょう。
ゆに | URL | 2012.02.29 08:09 | Edit
竹ってまっすぐでいいですねー。
すきっとします。寒いけど、気持ち引き締めて
いこうかなという気持ちになります。
もふもふ | URL | 2012.02.29 09:43 | Edit
一休宗純って、一休さんのモデルになった人なんですよね?
竹林が清々しいですね。
静けさが伝ってくるお写真たち、最近イロイロと乱れている私の心を癒してくれます・・・
親しい同僚が退職したり、いつもよりも落ち着かない年度末を過ごしており、心身ともに疲れ気味なので、高兄さんの写真は良いお薬です(*^^*)
高兄 | URL | 2012.02.29 12:09
ke-nさん、こんにちは


> 素晴らしい竹林ですね。
> 竹の音、風の音が聞こえてきそうです。

実際に、上空に風が吹き抜け

風に竹が揺れる音が、よく聴こえます^^

ほんと、静かな寺院です

> 光も良い具合に入ってますね。
> お見事です。

ありがとうございます

此処に来ると、私自身

心が平穏になる気がいたします・・・
高兄 | URL | 2012.02.29 12:12
うさごんちゃんさん、こんにちは

> 今晩は。このお寺は私の散歩コースに有ります~
> 実はこの辺りが住まいですよ。

そうでしたか^^

この辺りに御住いでしたか

> 前を通るだけで、まだ入った事は無いのですけどね。
> 初夏あたりにでも行ってみようかな~
> まだ寒かったでしょう?

そうですね

少しだけ山手側?なせいか

風もよく吹き抜けます^^;


> 光の入った竹林・・・いいですよねえ~

ありがとうざいます

私は、この御寺に参る時は

上桂駅から歩いていくのですが

途中にある

和菓子屋さん(なんたら月?)が気になります^^;
高兄 | URL | 2012.02.29 12:14
Yokoさま、こんにちは

> 竹林の手入れが良いですね。

ええ

毎朝、御寺の方が

手入れされている姿、見かけます^^

> 画像も竹をきれいに収めて、、、全体に非常に魅力的に見えます!

おおきにです^^

カメラの被写体としては、画になる場所ですよね♪
高兄 | URL | 2012.02.29 12:16
メイフェさん、こんにちは

> これは素晴らしい~。
> 物語の世界に引きずり込まれました。

台北には、こういう竹林寺院はないかな?

電光掲示板のある寺院には、びっくりでしたが^^;

> 竹林ってなんでこんなにも凛として美しいのでしょう。

この青というか緑というか

この色合いが、心に落ち着きを与えてくれる気がしますね^^v
高兄 | URL | 2012.02.29 12:18
ゆにさん、こんにちは

> 竹ってまっすぐでいいですねー。

ええ

やっぱりローアングルから撮ると

すーっと伸びた印象が強くなりますね

> すきっとします。寒いけど、気持ち引き締めて
> いこうかなという気持ちになります。

ええ

冬景色の竹林なんかも良いだろうなぁ~と

想像を巡らせていましたよ^^
高兄 | URL | 2012.02.29 12:24
もふもふさん、こんにちは

> 一休宗純って、一休さんのモデルになった人なんですよね?

そうですね

実在の人物であったと云われています


自らを、破戒僧、狂雲子などと称じ

かなり破天荒な人物であったらしいです

4回結婚し、子供も20人いた?

男色も嗜んだ・・・なぁんて話も


様々な逸話が残っていますが

蓮如との漫才の様なやりとりなんか、おもしろい話ですよ^^

> 静けさが伝ってくるお写真たち、最近イロイロと乱れている私の心を癒してくれます・・・
> 親しい同僚が退職したり、いつもよりも落ち着かない年度末を過ごしており、心身ともに疲れ気味なので、高兄さんの写真は良いお薬です(*^^*)

そうですかね~

そうだと良いのですが^^;
るる | URL | 2012.03.01 16:16 | Edit
なんとも身の引き締まる、清々しい写真ですね。
人気のない竹林のお庭から、
竹の音や風の声が聞こえてくる様子が頭に浮かびます。

私事ですが、来週末に京都に行くので、
高兄さんの過去記事を参考にさせていただいてまーす。
滞在時間が短いのと、あまり浮かれてばかりはいられない日なので、
あまりあちこち回る事は出来ないと思うけど、
とりあえず、マールブランジェ清水店に行ってみたいなぁ。
友人と一緒なので自分の希望ばかりは言えないけど・・・
カメラを持っていけたら、写真も撮りたいと思ってます。
高兄 | URL | 2012.03.02 06:56
るるさん、こんにちは

> なんとも身の引き締まる、清々しい写真ですね。
> 人気のない竹林のお庭から、
> 竹の音や風の声が聞こえてくる様子が頭に浮かびます。

ありがとうございます^^

此処は、ほんとうに静かな場所なんですよ

風に揺れる、竹の音しか聴こえません^^


> 私事ですが、来週末に京都に行くので、

あっ、そうなんですか~

来週末なら

梅も満開で、各地で見頃じゃないでしょうか^0^

> 高兄さんの過去記事を参考にさせていただいてまーす。
> 滞在時間が短いのと、あまり浮かれてばかりはいられない日なので、
> あまりあちこち回る事は出来ないと思うけど、
> とりあえず、マールブランジェ清水店に行ってみたいなぁ。

ご参考になっていれば、嬉しい限りですが^^;

マールブランシェさんは、

こんな事、云っちゃいけないかもしれませんが・・・・

茶の菓は、美味しいですが、他の御菓子は、イマイチです


> 友人と一緒なので自分の希望ばかりは言えないけど・・・
> カメラを持っていけたら、写真も撮りたいと思ってます。

るるさんの京都写真も

愉しみですね~
nao | URL | 2012.03.02 07:35
ここには入ったことがない。
いや、入ろうとしたら所持金が480円しか
なかったのである(苦笑)

そんなほろ苦い(情けない)思い出のある
お寺であります(^^ゞ

今度は僕も言ってみます(^_^)

高兄 | URL | 2012.03.03 13:53
naoさん、こんにちは

> ここには入ったことがない。
> いや、入ろうとしたら所持金が480円しか
> なかったのである(苦笑)

それは、それは

20円に泣きましたか^^;

古刹という言葉が似合う寺院ですよ♪

> そんなほろ苦い(情けない)思い出のある
> お寺であります(^^ゞ
>
> 今度は僕も言ってみます(^_^)

竹の音

風の音が、ほんとうに心地よい場所です

naoさんにも、体感していただきたいです^^
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ