源光庵

DPP_1086.jpg

もう、なんの言葉も要りません

この景色を観れた・・・・充分です





+源光庵(げんこうあん)+

京都市北区鷹峯北鷹峯町47
鷹峯(たかがみね)にある曹洞宗の寺院、山号は鷹峰山、正式には鷹峰山寶樹林源光庵という
本尊は釈迦牟尼仏
貞和2年(1346)に臨済宗大徳寺の徹翁義亨の隠居所として開基、当初は復古堂と呼ばれた
その後、1694年(元禄7)に卍山道白により曹洞宗に改宗された

本堂の天井板は伏見桃山城から移築したもので、1600年(慶長5)に徳川家家臣鳥居元忠らが
石田三成に破れ自刃したときの跡が残り、血天井となっている
その脇に丸窓と角窓がありそれぞれ悟りの窓、迷いの窓と呼ばれている

アクセス 京都市バス 「源光庵」下車 徒歩2
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/248-b2a8a53e

Comment

メイフェ | URL | 2011.11.12 08:13 | Edit
まだ紅葉には早いのでしょうか!?
樹の色が緑茶を想像させて
ますます心が穏やかになる感じです。


高兄 | URL | 2011.11.12 08:43
メイフェさん、こんにちは

> まだ紅葉には早いのでしょうか!?

ですね^^;

メイフェさんが、アテンドされるのは

来週ぐらいですかね?

嵐山近辺、高尾あたりなら、ばっちり紅葉だと想いますよ^^

> 樹の色が緑茶を想像させて
> ますます心が穏やかになる感じです。

この窓、悟りの窓というんですがね

この前に座すると、不思議な落ち着きがありますよ♪
ke-n | URL | 2011.11.12 09:07 | Edit
高兄さん、おはようございます。

悟りの窓から見える緑が少しだけ色づき始めているようですね。
丸い窓から見える外の世界を眺めていると
なにかしら安心と言うか、安定と言うか、
そんな気持ちにさせてもらえますね。

お写真一枚でそれを表現されましたね。
源光庵、印象付けられました。
yokoblueplanet | URL | 2011.11.12 23:51
こんばんは。
同感!
mna07_mna07 | URL | 2011.11.13 04:59
高兄さん、こんばんは。

源光庵は、いま1番行きたいお寺。。。
なのでとっても惹かれて、お写真じーっと見てしまいました。
正座してじっと見ていたくなる窓ですよね。
高兄 | URL | 2011.11.13 07:29
ke-nさん、こんにちは

> 悟りの窓から見える緑が少しだけ色づき始めているようですね。

そうですね

今年の紅葉は、かなり遅れていますが

その分、その成り行きを愉しめます^^

> 丸い窓から見える外の世界を眺めていると
> なにかしら安心と言うか、安定と言うか、
> そんな気持ちにさせてもらえますね。

四角い窓が迷いで、丸窓が悟り

こういう、日本人の感覚、素晴らしいです

> お写真一枚でそれを表現されましたね。
> 源光庵、印象付けられました。

普段は、10数枚ぐらいの写真を使用しますが

たまに、一枚で勝負したくなります^^;

しかし、自分のイメージした写真通りには、未だ未だ・・・

もう少し、精進せねば^^;
高兄 | URL | 2011.11.13 07:31
Yokoさま、こんにちは

> こんばんは。
> 同感!

まあ、何枚も撮ろうかなぁ~とも想ったんですが

この悟りの窓のインパクトが大きかったので

今回は、シンプルに一枚です^^v
高兄 | URL | 2011.11.13 07:37
mnaさん、こんにちは

お元気どしたか^^

> 源光庵は、いま1番行きたいお寺。。。
> なのでとっても惹かれて、お写真じーっと見てしまいました。

数年前までは、此処まで有名な御寺ではなかったんですがね・・・

ただ、こじんまりとしながら

魅力に溢れています

> 正座してじっと見ていたくなる窓ですよね。

おそらく、来週あたりから

人も多いでしょうね・・・
rika3377 | URL | 2011.11.14 23:00
窓からのぞく景色も折々異なって見えるのでしょうね。
それがまた、それぞれ一枚の画に見えるのでしょうね。
高兄 | URL | 2011.11.15 07:34
rikaさん、こんにちは

> 窓からのぞく景色も折々異なって見えるのでしょうね。

そうんなですよね♪

日本の庭園、窓枠や額縁の構図というのは、ほんと良いですね^^

> それがまた、それぞれ一枚の画に見えるのでしょうね。

魅力的な画ですから

座ったら、離れられなくなりますよ~^^;
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ