龍源院


DPP_1003.jpg

写真問答















DPP_1005.jpg













DPP_1006.jpg

問いかけては















DPP_1007.jpg

ただ、カメラを構えて















DPP_1008.jpg













DPP_1009.jpg

また、問いかけては















DPP_1010.jpg

レンズを向けて















DPP_1011.jpg














DPP_1012.jpg

また、問いかけては















DPP_1013.jpg

シャッターを切る





















DPP_1014.jpg

そして、得たと想う答えは

















DPP_1015.jpg

錯覚で・・・






















DPP_1017.jpg


















DPP_1018.jpg

ただ一つ、云える事は















DPP_1020.jpg

惚れてしもたんやなぁ、この庭に





+龍源院(りょうげんいん)+

京都市北区紫野大徳寺町82-
北区紫野にある、臨済宗大本山大徳寺の塔頭(たっちゅう)である
大仙院を本庵とする大徳寺北派に対して、南派の本庵とされている

文亀2年(1502)に東渓宗牧(とうけいそうぼく)を開山として、能登の畠山義元・豊後の大友義長らが創建
明治の初めに神仏分離により大阪・住吉神社内の慈恩寺と岐阜・高山城主だった金森長近が
大徳寺内に建立した金竜院を合併した
大徳寺の山号である龍宝山(りゅうほうざん)の「龍」と中国・臨済宗松源派の祖
松源崇岳(しょうげんすうがく)の禅を正しく継承する松源一脈の「源」の2文字を採ったものである

アクセス 京都市バス 大徳寺前 下車 徒歩5分
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/239-10e145a5

Comment

yokoblueplanet | URL | 2011.10.17 01:12
こんばんは。
全部の空間が計算され尽くされていますね、それもさり気なく。全く力まず。
ただ龍の顔が人間の顔のようで、ちょっと生臭いかな。。。
碁盤の装飾は凄いけど。
ke-n | URL | 2011.10.17 08:28 | Edit
高兄さん、おはようございます。

一枚目のお写真、建物に囲まれた静かな坪庭、
かなり良い雰囲気で撮影されましたね。
どこかこう冷たそうで厳しそうで、それでいて暖かいものが伝わってきました。

広い方のお庭は穏やかな雰囲気のように思えます。
龍源院、良いところですね。
「お庭に惚れる」、
分かる気がします。
rabi | URL | 2011.10.17 15:17
大徳寺の塔頭に、こんな素敵な所があったなんて・・・。
やっぱり高兄さん、よくご存じでいらっしゃいます。

こういう凛とした佇まいに、しばらく身を置いてみたいです。
高兄 | URL | 2011.10.17 21:04
Yokoさま、こんにちは

> 全部の空間が計算され尽くされていますね、それもさり気なく。全く力まず。

ええ、確かに

立体構造物・・とでも、申しましょうか

この、小さな御庭に色んな要素が、含まれてますね^^


> ただ龍の顔が人間の顔のようで、ちょっと生臭いかな。。。
> 碁盤の装飾は凄いけど。

この碁盤で

豊臣秀吉と徳川家康が、対局を行った・・・そういう逸話まで残っていますよ^^
高兄 | URL | 2011.10.17 21:07
ke-nさん、こんにちは

> 一枚目のお写真、建物に囲まれた静かな坪庭、
> かなり良い雰囲気で撮影されましたね。
> どこかこう冷たそうで厳しそうで、それでいて暖かいものが伝わってきました。

ありがとうございます^^

普段、撮影で露出を弄ることは、よくあるのですが

この写真に関しては、WBも弄ってK(ケルビン)を低く設定しました

全体的に青いイメージは、その為です


> 広い方のお庭は穏やかな雰囲気のように思えます。
> 龍源院、良いところですね。
> 「お庭に惚れる」、
> 分かる気がします。

いやいや、全くそのとうりなんですよ♪

ke-nさんも、魅入られてみては如何ですか^^
高兄 | URL | 2011.10.17 21:11
rabiさん、こんにちは

> 大徳寺の塔頭に、こんな素敵な所があったなんて・・・。
> やっぱり高兄さん、よくご存じでいらっしゃいます。

大徳寺には、常時、公開されている

4つの塔頭があります、高桐院、瑞峯院、大仙院、龍源院です

それぞれに、本当に素晴らしいです

その内、3つが撮影可能です^^


> こういう凛とした佇まいに、しばらく身を置いてみたいです。

所謂、座る・・という状態なのでしょうが

カメラを構える、空間を切る・・というのも、似合う場所ですよ^^v
butaneko | URL | 2011.10.17 21:57
私の毎日毎日のグルメネタみたいな
世俗にまみれた世界とはちがうなぁ(T_T)
1枚目の光が青い感じが雰囲気にぴったりですね。
私も、グルメ以外の被写体を探さないと(^_^;)
lotta | URL | 2011.10.18 21:25 | Edit
高兄さま、こんばんは♪
一枚目の写真,本当にとっても素敵ですねー!!!
写真からにじみ出る緊張感が、見ている側にも伝わり
心地よい緊張感を味わえました。
さすがです。。。
普段なにげなく日本で過ごしているけれど、この美学って
忘れてはいけないものですね。。。
あー素敵な写真です!!!^^ 毎回ホレボレです♪
高兄 | URL | 2011.10.18 23:36
butanekoさん、こんにちは

> 私の毎日毎日のグルメネタみたいな
> 世俗にまみれた世界とはちがうなぁ(T_T)

いえいえ

私も、立派な俗物ですからぁ^^;

花より団子派です^^

> 1枚目の光が青い感じが雰囲気にぴったりですね。

WBを弄ると、それはそれで、カラーフィルターかかったみたいで面白いですよね


> 私も、グルメ以外の被写体を探さないと(^_^;)

これからは、紅葉の季節ですね^^
高兄 | URL | 2011.10.18 23:40
lottaさん、こんにちは

> 一枚目の写真,本当にとっても素敵ですねー!!!

ありがとうございます^^

> 写真からにじみ出る緊張感が、見ている側にも伝わり
> 心地よい緊張感を味わえました。
> さすがです。。。

まあ、毎回の事ですが、被写体に助けられています

この大徳寺の塔頭は、ほんと、何処もレベル高いです^^


> 普段なにげなく日本で過ごしているけれど、この美学って
> 忘れてはいけないものですね。。。

私は、京都に居るせいか

比較的、古い社寺仏閣を眼にする機会も多いのですが・・・

ほんと、昔の人の感性は凄いなぁーと、つくづく感じます♪

Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ