東林院


DPP_0985.jpg

梵燈のあかりに親しむ会















DPP_0986.jpg













DPP_0987.jpg

不惑















DPP_0988.jpg

眼を閉じても、惑わず















DPP_0989.jpg













DPP_0990.jpg













DPP_0991.jpg

不動

















DPP_0992.jpg

眼を閉じても、動じず


















DPP_0993.jpg














DPP_0994.jpg













DPP_0995.jpg

梵燈に映し出された















DPP_0996.jpg

様々な願い















DPP_0997.jpg













DPP_0998.jpg













DPP_0999.jpg

東日本大震災より、七ヶ月















DPP_1000.jpg

眼を閉じて、闇を見つめようとも















DPP_1001.jpg

復興への願い、祈り















DPP_1002.jpg

そのあかりは消えない




+東林院(とうりんいん)+

京都市右京区花園妙心寺山内
臨済宗妙心寺の塔頭の一つ、樹齢300年の沙羅双樹の銘木で知られる
通称は沙羅双樹の寺

享禄4年(1531)、細川氏綱が父の菩提を弔うため現在の京都市上京区に建てた三友院を起源とする
弘治2年(1556)に山名豊国(母が細川高国の娘)が妙心寺(右京区花園)山内に移し
現在の「東林院」と改名した
このときに東林院は細川氏菩提寺から山名氏菩提寺に転じて現在に至っている

基本的に非公開寺院であるが、毎年1月の「小豆粥で新春を祝う会」、6月の「沙羅の花を愛でる会」
および10月の「梵燈のあかりに親しむ会」の時は特別拝観可能である

アクセス 京都市バス 「妙心寺」下車 徒歩5分











スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/237-8bd19cff

Comment

butaneko | URL | 2011.10.10 11:12
雰囲気ありますね。
室内もいいけど、庭園の様子が最高です。
人工的な明かりよりも、暖かくて優しい気がします。
Lulu | URL | 2011.10.10 15:17
高兄さん、こんにちは♪

優しい灯の色あいがあったかくて、
ほっと癒されますね。
空の群青色、お月さまの光、とっても素敵です。
秋の京都、また訪れたくなりました。
p garage | URL | 2011.10.10 20:17 | Edit
こんばんは
蝋燭の灯り?でしょうか。
雰囲気がありますね。
最近は京都でもあちこちで
ライトアップが行われていますね。
昼間とはまた違った雰囲気が
おもしろいです。
rika3377 | URL | 2011.10.11 02:56
やさしい明かりがいいですね。
灯火に願いを込めて・・・・
皆さんの願いがかないますように・・・
高兄 | URL | 2011.10.11 07:53
butanekoさん、こんにちは

> 雰囲気ありますね。

ええ、やっぱり深々と・・・良いですよ^^

> 室内もいいけど、庭園の様子が最高です。
> 人工的な明かりよりも、暖かくて優しい気がします。

こちらは

住職自ら

蝋燭を庭に配置されています

その数、およそ300

想いがなければ、出来ることではありません
高兄 | URL | 2011.10.11 08:07
Luluさん、こんにちは

> 優しい灯の色あいがあったかくて、
> ほっと癒されますね。

この東林院は、常時非公開寺院ですが

この10月の行事は有名です

この時ばかりは、中でゆっくりと堪能させていただきます

> 空の群青色、お月さまの光、とっても素敵です。
> 秋の京都、また訪れたくなりました。

涼しく過ごしやすい気候です

京都も観光のシーズンを迎えます
高兄 | URL | 2011.10.11 08:12
pさん、こんにちは

> 蝋燭の灯り?でしょうか。
> 雰囲気がありますね。

ええ

前コメ↑のとうり

蝋燭を一つ、ひとつ、庭に用意されます

結構、大変な作業だと想いますよ^^;

> 最近は京都でもあちこちで
> ライトアップが行われていますね。

ええ

その分、かく御寺さん、それぞれの特色を出されています^^

> 昼間とはまた違った雰囲気が
> おもしろいです。

pさんも機会があれば

訪れてみてください
高兄 | URL | 2011.10.11 08:14
rikaさん、こんにちは

> やさしい明かりがいいですね。

人工的でない灯りは

やはり、どこか暖かいですよねぇ・・・

> 灯火に願いを込めて・・・・
> 皆さんの願いがかないますように・・・

普段、物事を考えない私の様な人間には

こういう場所で、様々なことに想いを馳せる

良い機会だと想います
ke-n | URL | 2011.10.11 08:40 | Edit
高兄さん、おはようございます。

お庭は枯山水でしょうか。
庭園に配置された灯りが浮かび上がらせる光景は昼間とはまた違った幻想的な雰囲気ですね。

ひとつひとつの灯りに込められた想い、願い、が少しずつでも叶えられてゆきつつ、
明るい世の中に向かって欲しいものですね。
もふもふ | URL | 2011.10.12 12:25 | Edit
またまた、ステキな明かりのお写真~(^0^)
モノクロームでもほんわか暖かさが伝わりますねぇ。
てゆうか、さすがですね。
いくら機材が違うとは言え、もっと明るい普通の!?夜景でも満足に撮影できない身には、さすがの腕前・・・
感服いたしまする~
いや、しかし明かりって良いですね。ほんと癒しだわー(*^-^*)
marihi | URL | 2011.10.12 14:40
こんにちは。

素敵なお写真に見入ってしまいました(*^^*)
夜の写真はあまり撮ったことないので、どんな感じで
撮っておれるのか詳しく知りたくなりました。

高兄さんは旅行がお好きなのですね~
私もすごく好きで近々(ホントに近々)行く予定なので
山本まりこさんの本 熟読中です~笑
高兄 | URL | 2011.10.12 19:50
ke-nさん、こんにちは

> お庭は枯山水でしょうか。

以前(夏)に紹介させていただいた

沙羅双樹の庭です

枯山水ではないようですね・・


> 庭園に配置された灯りが浮かび上がらせる光景は昼間とはまた違った幻想的な雰囲気ですね。

やはり

電燈でなく、蝋燭の灯かりは味がありますよね^^


> ひとつひとつの灯りに込められた想い、願い、が少しずつでも叶えられてゆきつつ、
> 明るい世の中に向かって欲しいものですね。

本当に

暗いニュースが多いなかですからねぇ

嘆いてばかりは、おられませんが

前向きに歩いていきたいです
高兄 | URL | 2011.10.12 19:55
もふもふさん、こんにちは

> またまた、ステキな明かりのお写真~(^0^)
> モノクロームでもほんわか暖かさが伝わりますね

東林院さんは

毎年、愉しみに拝観させていただいてますが

いつも、その演出には感服いたします


> いくら機材が違うとは言え、もっと明るい普通の!?夜景でも満足に撮影できない身には、さすがの腕前・・・
> 感服いたしまする~

いえいえ

私の腕前なんて、まだまだです

やはり、三脚を使用せずの、夜撮影は、手振れしまくりますね^^;

数枚は、確実のノイズぃですが・・・まあ・・・次回は

もうちょっと、しっかりホールドして撮影します


> いや、しかし明かりって良いですね。ほんと癒しだわー(*^-^*)

同感です♪
高兄 | URL | 2011.10.12 20:02
marihiさま、こんにちは

さっそくにコメント、ありがとうございます^^

> 素敵なお写真に見入ってしまいました(*^^*)
> 夜の写真はあまり撮ったことないので、どんな感じで
> 撮っておれるのか詳しく知りたくなりました。

いや、いや

かなり、手振れしちゃいまして・・・^^;


> 高兄さんは旅行がお好きなのですね~

ええ、そうです^^

夏に家族とソウルに行きましたが

なかなか、思うように撮影出来ませんで・・・もっと修行しないと

普段、X4で撮影の時はローキーな写真を撮りますが

NEXの時は、意識して

女性の撮る様な、ハイキーな写真も撮ったりします^^


> 私もすごく好きで近々(ホントに近々)行く予定なので

それは、楽しみですね♪


> 山本まりこさんの本 熟読中です~笑

わたしも、あの本は熱中して読みました

旅行気分に浸れるし、写欲が湧いてきますね^^v
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ