芬陀院


DPP_0816.jpg

雪舟 x 三玲 x 高兄















DPP_0811.jpg

東福寺の塔頭である芬陀院(ふんだいん)















DPP_0812.jpg













DPP_0813.jpg

画聖として知られる雪舟が

作庭したと伝わる枯山水庭園があり

雪舟寺とも呼ばれている













DPP_0817.jpg













DPP_0814.jpg

火災などにより

荒廃してしまった庭を

昭和に入り















DPP_0815.jpg

稀代の作庭家

重森三怜が蘇らせた















DPP_0818.jpg
















DPP_0819.jpg

雪舟

重森三怜(しげもりみれい)


この二人の天才に

カメラを持って挑んだ高兄でしたが・・・















DPP_0821.jpg

いやはや

何とも

この二人の偉人には到底、歯が立ちません

















DPP_0822.jpg













DPP_0823.jpg

もう少し

腕を磨いて

また挑戦します^^;





+芬陀院(ふんだいん)+

京都市東山区本町15丁目803
東山区にある臨済宗東福寺派大本山・東福寺の塔頭(たっちゅう)である
雪舟が作庭したという庭園があることから雪舟寺とも呼ばれる
元亨年間(1321~1324)に時の関白であった一条内経(うちつね)が東福寺開山・円爾(聖一国師)の
法孫にあたる定山祖禅(じょうざんそぜん)を開山として創建
以後、今日まで摂関家の一家である一条家の菩提寺とされる
画聖として知られる雪舟が作庭したと伝わる枯山水庭園で、元禄と宝暦の火災などにより
一部荒廃したが,昭和12年(1937)に重森三玲(しげもりみれい)により復元された

アクセス JR奈良線 東福寺駅下車、徒歩10分
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/223-c6d25bd0

Comment

ke-n | URL | 2011.08.29 08:27 | Edit
高兄さん、おはようございます。

ここへは僕も訪れたことがありますが、
静かな良いところですよね。

高兄さんの個性あるチャレンジで、お二人の天才もニヤリとされてるのではないでしょうか(笑顔。

茶室の窓の切り口も新鮮に感じますし、
六枚目とかも、とても好きです。
もふもふ | URL | 2011.08.29 09:28 | Edit
おはようございます(^^)/
芬陀院・・・知らなかったです。
あの雪舟が作ったお庭なんですね。
確かに、高兄さんのお写真は絵のようですが(^.^)

光と影(明と暗?)のコントラストのせいか、まだ暑い京都のはずが空気が澄んで涼しげな印象!
静けさが伝わってくるお写真ですね。
私は2枚目と5枚目が好きです・・・
rabi | URL | 2011.08.29 11:15
へぇー、東山にこんな場所がっ!!
東福寺の塔頭でしたか。

1枚目の写真、ノーファインダーでしょうか?
それとも見て撮られたのかしら?
背の低い私には、なかなかこういう写真は撮れません^^;
butaneko | URL | 2011.08.29 20:09 | Edit
しずかで良さそうなところですね。
人がいなかったのはたまたま?
それとも、隠れ家のようなところなんでしょうかd('-'*)?
円い窓からのぞく庭の風景が素敵です^^
rika3377 | URL | 2011.08.30 05:58
本当に京都のお寺の庭は美しいところが多いですね。人が少なそうなときに行ってのんびり時間を忘れて庭をめでたいです。
行く季節によっても同じ庭が違って見えるのでしょうね~。
高兄 | URL | 2011.08.30 07:22
ke-nさん、こんにちは

> ここへは僕も訪れたことがありますが、
> 静かな良いところですよね。

ええ、

東福寺ほど、メジャーじゃないですから

拝観の人も、それ程、多くないですよね^^


> 高兄さんの個性あるチャレンジで、お二人の天才もニヤリとされてるのではないでしょうか(笑顔。

そうだと、良いのですが・・・うーむ^^;

> 茶室の窓の切り口も新鮮に感じますし、
> 六枚目とかも、とても好きです。

ありがとうございます

丸い窓も

角度が変わると、構図もおもしろいですね^^
高兄 | URL | 2011.08.30 07:31
もふもふさん、こんにちは

> 芬陀院・・・知らなかったです。
> あの雪舟が作ったお庭なんですね。

そうなんです、雪舟寺

それほど、メジャーな御寺ではない?

まあ、マニアックな観光地ですかね^^;

> 確かに、高兄さんのお写真は絵のようですが(^.^)

ありがとうございます^^

> 光と影(明と暗?)のコントラストのせいか、まだ暑い京都のはずが空気が澄んで涼しげな印象!
> 静けさが伝わってくるお写真ですね。

御寺は

建物の中から撮影すると

テクニックがなくても、コントラストが良い雰囲気で撮れたりもします

素から、上手い具合に光を取り入れられる構造になっているのでしょう^^

高兄 | URL | 2011.08.30 07:40
rabiさん、こんにちは

> へぇー、東山にこんな場所がっ!!
> 東福寺の塔頭でしたか。

意外と知られていませんねぇ

東福寺の西門から、西側に数分、下った場所にあります

> 1枚目の写真、ノーファインダーでしょうか?
> それとも見て撮られたのかしら?

この写真は、流石にノーファインダーです

丸窓は大きいので

背の高い男性でも、三脚でもない限り

ファインダーは覗けないでしょうね^^;

当て勘ってやつで、一発で撮りました
高兄 | URL | 2011.08.30 07:47
butanekoさん、こんにちは

> しずかで良さそうなところですね。

とてものんびりです

ゆっくり、御庭を眺める・・・良いですよ^^

> 人がいなかったのはたまたま?
> それとも、隠れ家のようなところなんでしょうかd('-'*)?

多分、両方ですね

わたしが、平日の朝に撮影に行ったので

そして、一部の方にしか有名な場所でないはず


> 円い窓からのぞく庭の風景が素敵です^^

季節ごとに、表情を変えますよ♪
高兄 | URL | 2011.08.30 07:50
rikaさん、こんにちは

> 本当に京都のお寺の庭は美しいところが多いですね。人が少なそうなときに行ってのんびり時間を忘れて庭をめでたいです。

それは、それで

贅沢な時間の過ごし方ですよね

同じ場所に行っても、タイミングや自分の気持ちの状態で

そのつど、感じ方が変わったり・・・おもしろいです


> 行く季節によっても同じ庭が違って見えるのでしょうね~。

日々、季節が流れていきますよね^^
ゆうさん | URL | 2011.08.30 15:39 | Edit
こんな場所があるのですね。
なんだか、瞑想にひたれそうな場所ですね。
一人でひっそり訪れてみたいです。
yokoblueplanet | URL | 2011.08.31 00:27
こんばんは。
素敵なお寺さんですね。初めて様子を拝見しました。
次回は是非足を運んでみたいと思います!
庭の切り取り方が鋭くて楽しいですね。
高兄 | URL | 2011.08.31 07:29
ゆうさん、こんにちは

> こんな場所があるのですね。
> なんだか、瞑想にひたれそうな場所ですね。

リピーターの方が多いのかな?

人は、いつも少ないですが

なかなか素敵な場所です♪


> 一人でひっそり訪れてみたいです。

そうですね

一人、のんびり出来ますよ^^
高兄 | URL | 2011.08.31 07:32
Yokoさま、こんにちは

> 素敵なお寺さんですね。初めて様子を拝見しました。
> 次回は是非足を運んでみたいと思います!

是非是非^^

ちょっと穴場かもそれませんね

東福寺に比べれば、ほんと、観光の方が少ない^^


> 庭の切り取り方が鋭くて楽しいですね。

ありがとうございます^^v
p garage | URL | 2011.08.31 19:44 | Edit
こんばんは
静寂が感じられる場所ですね。
こんなところで静かにゆっくりと
したいです(笑)
紅葉が始まると京都には
近寄れなくなるので
この時期だけでしょうか?
高兄 | URL | 2011.09.01 06:51
pさん、こんにちは

> 静寂が感じられる場所ですね。
> こんなところで静かにゆっくりと
> したいです(笑)

ええ、ほんとゆっくり^^

考え事とかするのも、良さそうですよ♪

> 紅葉が始まると京都には
> 近寄れなくなるので
> この時期だけでしょうか?

まあ、9月は時期的に

観光の方も少なく、のんびりかもしれません

10月のなると、観光だけでなく

修学旅行シーズンですからねぇ^^;
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ