駒井家



DPP_0734.jpg

京都 X   Vories













DPP_0736.jpg

拝啓、

ウィリアム・メレル・ヴォーリズ様















DPP_0738.jpg













DPP_0739.jpg

あなたに初めて

お逢いしたのは、8年前の夏















DPP_0740.jpg













DPP_0742.jpg

京都人の私が

この地で
















DPP_0743.jpg













DPP_0744.jpg

カンザス州生まれの

あなたに















DPP_0745.jpg

建築の美を

教えられる日が来ようとは・・・















DPP_0746.jpg

















DPP_0747.jpg

あなたの作品は

今も美しく

今もモダンで

















DPP_0748.jpg

この地に生きています





+駒井家(こまいけ)+

京都市左京区北白川伊織町64
駒井家住宅(駒井卓・静江記念館)は、遺伝学者であった駒井卓の住居であり
昭和初期の洋風住宅として質が高く、また建築当初の状態がよく保存されている
米国人建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズが円熟期にさしかかった時代の住宅建築で
昭和初期における代表的な作品
平成10年3月、文化的価値が高い建造物として京都市指定有形文化財に指定された

アクセス 京都市バス「上終町京都造形芸大前」下車 徒歩7分


+William Merrell Vories(ウィリアム・メレル・ヴォーリズ)+

建築家でありながら、ヴォーリズ合名会社(のちの近江兄弟社)の創立者の一人として
メンソレータム(現メンターム)を広く日本に普及させた実業家でもある
よく「宣教師」と紹介されるが、彼はプロの牧師ではなくキリスト教徒伝道者である
讃美歌などの作詞作曲を手がけ、ハモンドオルガンを日本に紹介するなど
音楽についての造詣も深かった

アメリカのカンザス州レブンワース生まれ
英語教師として来日後、日本各地で西洋建築の設計を数多く手懸けた
学校、教会、YMCA、病院、百貨店、住宅など、その種類も様式も多彩である
1941年(昭和16年)に日本に帰化してからは、華族の一柳末徳子爵の令嬢満喜子夫人の姓をとって
一柳米来留(ひとつやなぎ めれる)と名乗った
「米来留」とは米国より来りて留まるという洒落である

近江商人発祥地である滋賀県八幡(現:近江八幡市)を拠点に精力的に活動したことから
「青い目の近江商人」と称された
また太平洋戦争終戦直後、連合国軍総司令官ダグラス・マッカーサーと近衛文麿との
仲介工作に尽力したことから、「天皇を守ったアメリカ人」とも称される





スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/212-3775f192

Comment

ke-n | URL | 2011.07.27 08:28 | Edit
高兄さん、おはようございます。

モダンなお家でとても素敵です。
最後から三枚目のお写真、ここでゆっくり読書でもしてみたくなりますね。

メンソレータムにもよくお世話になりました(笑。
出来るお人というのは、いろんな分野でも秀でていて、後世に語り継がれていますね。
rabi | URL | 2011.07.27 08:50
おはようございます^^

京都にこんな所があったなんて、知りませんでしたね。
北白川の辺りは、街もおしゃれだから、こういう建物もしっくりと合いそうですね♪

高兄さんのおススメの雑誌、昨日届きました。
台湾以外にもソウルとかもあって、写真見てるだけでワクワクしてきました。
今週金曜日から出かけてきます。
蓮華草 | URL | 2011.07.27 10:27 | Edit
高兄さま おはようございます

この建築美素晴らしいです!
駒井家住宅は知りませんでした、いつも高兄さまの京都のお写真と記事を拝見していきたい所がどんどこ増えています。

モダンでシックで古都にあいますね、いや京都は、そう言うものをちゃんと懐に入れる深さがあるんですね。

近江八幡へ行ったおり、ヴォーリズの建築も見て参りました。
四条ですか?中華のお店、あそこも確かヴォーリズのてによる物だったと記憶しています。
yunti | URL | 2011.07.27 12:48 | Edit
高兄さん、こんにちわ。

おもわずお嬢様ごっこをしたくなるようなお宅ですねぇ。
重厚感のある木の色、昭和レトロな格子窓に
ロッキングチェア、、、、イイ!!!
庭の緑を眺めながらこんな所でボーっとしたいです・・・

彼の他の作品も見てみたくなりました。

それにしても、ヴォーリズさんはマルチですねぇ。
一個才能くれ、って感じです。^^
高兄 | URL | 2011.07.27 20:56
ke-nさん、こんにちは


> モダンなお家でとても素敵です。
> 最後から三枚目のお写真、ここでゆっくり読書でもしてみたくなりますね。

この窓からは

大文字山も見えるそうですよ~^^

最高ですね


> メンソレータムにもよくお世話になりました(笑。
> 出来るお人というのは、いろんな分野でも秀でていて、後世に語り継がれていますね。

そうですよね

ヴォーリズムの人物像

かなり、おもしろそうなんですよね

近江八幡にも、出かけたいなぁ~と、考えています
高兄 | URL | 2011.07.27 21:04
rabiさん、こんにちは

> 京都にこんな所があったなんて、知りませんでしたね。

まあ、マニアックと云えばマニアック?ですかね

> 北白川の辺りは、街もおしゃれだから、こういう建物もしっくりと合いそうですね♪

この辺りは

大きな御屋敷が多いんですよね


> 高兄さんのおススメの雑誌、昨日届きました。
> 台湾以外にもソウルとかもあって、写真見てるだけでワクワクしてきました。

そうそう、

ソウルの写真とかも良い感じですよね♪


台北の写真も、ソウルの写真も

勿論、プロの方が撮影してるんですが・・・

何て云うんですかねぇ~

上手いなぁ~と思うより、プロの人って、やっぱり器用だなって思うんですよね

上手い人って、アマチュアの方でも沢山居るんじゃないですか


この器用さ、こなせる感じは

毎日、毎日、何百ショットも撮影されてるプロの修練だと感じます^^


> 今週金曜日から出かけてきます。

この雑誌を観たら

余計にワクワクしてきたんじゃないですか^0^
高兄 | URL | 2011.07.27 21:18
蓮華草さま、こんにちは

> この建築美素晴らしいです!
> 駒井家住宅は知りませんでした、いつも高兄さまの京都のお写真と記事を拝見していきたい所がどんどこ増えています。

確かに、この御家の様式美は独特ですよね

日本家屋や、寺院の襖から見える庭

いわゆる、額縁の構図も素晴らしいですが

こういう洋館の、窓枠の構図も、やはり美しいですね^^


> 四条ですか?中華のお店、あそこも確かヴォーリズのてによる物だったと記憶しています。

東華菜館の事ですね

確かにヴォーリズの建築ですね^^

あの建物も味がありますね、エレベーターなんか凄いですね♪
高兄 | URL | 2011.07.27 21:26
yuntiさん、こんにちは

> おもわずお嬢様ごっこをしたくなるようなお宅ですねぇ。

そうですかぁ

なら、御主人と御一緒に如何ですか^^

> 重厚感のある木の色、昭和レトロな格子窓に
> ロッキングチェア、、、、イイ!!!

このロッキングチェア

皆さん、写真撮られていましたよ^^

やっぱり、こういうイス・・・憧れますよね

> 庭の緑を眺めながらこんな所でボーっとしたいです・・・

ここで、好きなだけ読書三昧とかもいいかも♪


> 彼の他の作品も見てみたくなりました。

京都や滋賀で、沢山の作品を残しています


> それにしても、ヴォーリズさんはマルチですねぇ。
> 一個才能くれ、って感じです。^^

何をおっしゃいますやら

yuntiさんも、才色兼備じゃないですか^^
rika3377 | URL | 2011.07.28 01:00
お久しぶりです。
京都にこんな素敵な洋館が残っているんですね。素敵。

PS /いつものぞいてくださってありがとうございます!
きまぐれおじさん | URL | 2011.07.28 07:11
あれ?ちょっと洋風?
こんな所も京都にあるんですね。意外でした。
京都というより神戸か横浜か長崎って感じですね。
でも素敵な建物を長年大切に保存しているところが見てとれます。
素敵な写真ありがとうございます。
ゆうさん | URL | 2011.07.28 07:28 | Edit
家そのものが美術館のようですね。
調度品や窓枠まで素敵です。
yokoblueplanet | URL | 2011.07.28 11:41
こんにちは。
こんな家、理想的ですね。個人のくつろぎの空間もしっかりあって、同時に日本的な外と内の空間の連続もあって、まったく時間を感じさせない造りですね。
素敵です。
高兄 | URL | 2011.07.28 20:47
rikaさん、こんにちは

> お久しぶりです。

BLOG再開されてるんですね^^

> 京都にこんな素敵な洋館が残っているんですね。素敵。

ここは、なんか落ち着きますよ~♪


> PS /いつものぞいてくださってありがとうございます!

いえいえ

また愉しみに、拝見いたします^0^
A-FOCUS | URL | 2011.07.28 20:49 | Edit
こんばんは。
とても素敵な洋館ですね、でもその設計者のプロフィールがこれまた凄いです。
白いレースのテーブルクロスの上のプランツデコレーションがさりげないけれどとても良いです。
あぁ~、また街撮りがしたくなってしまいました。

PS 近江八幡は僕も大好きな場所で何度か行っています、長命寺のそばの「シャーレ水ヶ浜」という喫茶店がお気に入りで必ず寄って帰ります。
高兄 | URL | 2011.07.28 20:50
きまぐれ様、こんにちは

> あれ?ちょっと洋風?

ええ、洋風ですよ^^

> こんな所も京都にあるんですね。意外でした。

京都に洋館のイメージってないですかね?


> 京都というより神戸か横浜か長崎って感じですね。
> でも素敵な建物を長年大切に保存しているところが見てとれます。

有形登録文化財になると

何かと大変でしょうが

観るほうとしては、ありがたいかぎりです^^


> 素敵な写真ありがとうございます。

こちらこそ

いつもコメント、ありがとうございます^^
高兄 | URL | 2011.07.28 20:52
ゆうさん、こんにちは

> 家そのものが美術館のようですね。

美意識が高いですよね

ヴォーリズ魔術ですかね^^

生活感も適度にあって、バランスが良い館です


> 調度品や窓枠まで素敵です。

ええ、

この窓が良いんですよ、これまた^^v
高兄 | URL | 2011.07.28 20:54
Yokoさま、こんにちは

> こんな家、理想的ですね。個人のくつろぎの空間もしっかりあって、同時に日本的な外と内の空間の連続もあって、まったく時間を感じさせない造りですね。

わたしも、同じ印象です

此処に来るのは、4年ぶりだったのですが

より、魅力的に感じました

色あせないんですよ、不思議に^^

> 素敵です。

大事に、残って欲しい場所です
高兄 | URL | 2011.07.28 21:00
A-FOCUSさま、こんにちは

> とても素敵な洋館ですね、でもその設計者のプロフィールがこれまた凄いです。

ええ

特に、この駒井家はヴォーリズの晩年、円熟期の作品です

ほんとに、キレが良い作品です♪


> 白いレースのテーブルクロスの上のプランツデコレーションがさりげないけれどとても良いです。

これ、良いですよね

思わず、カシャリッ・・でした^^


> あぁ~、また街撮りがしたくなってしまいました。

自転車で、北白川まで

颯爽と如何ですか^^

しかし、この時期

ゲリラ豪雨や、台風が怖いですね^^;

MACHI* | URL | 2011.07.28 21:45 | Edit
こんばんわ。
洋と和の融合ですね。
ステキな組み合わせです。
こういうお住まいをご覧になれるなんて、やっぱりいいなぁ~京都。
また、行きたいです。
高兄 | URL | 2011.07.29 07:30
MACHIさん、こんにちは

> 洋と和の融合ですね。
> ステキな組み合わせです。

ここは、駒井卓博士の、旧私邸です

卓夫人の希望で、あまり御金をかけずに^^;ということで

ヴォーリズに依頼され、スパニッシュモダンの、この館が出来ました

> こういうお住まいをご覧になれるなんて、やっぱりいいなぁ~京都。
> また、行きたいです。

MACHIさんなら

また、私と雰囲気の違う

素敵な御写真が撮れますね^^

観てみたいです^0^
kumiko | URL | 2011.07.29 17:14 | Edit
高兄さん、こんにちは~

京都は寺とか神社とか町屋とか

見るべきものが沢山ありますが

この洋風建築も実は多くて

しかもきちんと保存していますね。感心です。

扇風機まで素敵だなぁ・・・。

こういう素敵なところを紹介していただき
ありがとうございます。

またひとつ、京都での見どころが増えました♪
高兄 | URL | 2011.07.29 20:02
kumikoさん、こんにちは

> 京都は寺とか神社とか町屋とか
>
> 見るべきものが沢山ありますが
>
> この洋風建築も実は多くて
>
> しかもきちんと保存していますね。感心です。

京都は、明治、大正期

洋文化を、比較的早く取り込んでいます

保守的なイメージのある、京都ですが

こういう所は、意外な一面ですかね?


> またひとつ、京都での見どころが増えました♪

なかなか、

kumikoさんも、本業のほうがお忙しそうですから

観光にも、廻れないんじゃないですか??

っとか、云いながら

今頃、お家で

優雅に、モンラッシュあたり飲んではったりして^^
p garage | URL | 2011.07.29 20:37 | Edit
こんばんは
時間があるときに、ここか近江八幡に
行こうか、と思っていました(笑)
階段の写真、いいですね。
手すりの造形なんか素敵です。
学校や教会なども撮ってみたいです。
高兄 | URL | 2011.07.30 07:07
pさん、こんにちは

> 時間があるときに、ここか近江八幡に
> 行こうか、と思っていました(笑)

近江八幡は、他にも見所満載ですよね

半日ぐらい、時間がいるんじゃないですか^^

> 階段の写真、いいですね。
> 手すりの造形なんか素敵です。

私もね

日本家屋にずっと、住んでいるもので

こういうの新鮮なんですよね~


> 学校や教会なども撮ってみたいです。

ヴォーリズの創作意欲は凄いですよね

食いしん坊の私は、やはり東華菜館に行きたいですね^^
YUKI | URL | 2011.07.31 23:14
高兄さん、こんばんは!
駒井邸、私も大好きな場所です!

昔はもっと気軽に見学出来て、月イチで「気まぐれカフェ」など催され
カジュアルな雰囲気だったんですが、ナショナル・トラストに寄贈されて以来
ちょっと敷居が高くなっちゃいましたね。

でもやっぱり素敵!
ヴォーリズ建築は大好きなので、近江八幡もよく行きます。

市内なら烏丸今出川上るの「バザール・カフェ」
以前は牧師さんが住んでいた住宅をカフェに
改装したお店で、とても落ち着けます(^-^)
高兄 | URL | 2011.08.01 08:14
YUKIさん、こんにちは

> 駒井邸、私も大好きな場所です!

私も数年ぶりに訪れましたが・・・やっぱり良いですね

この辺りは、御寺も多いんですが、洋館も良いですね♪


> 昔はもっと気軽に見学出来て、月イチで「気まぐれカフェ」など催され
> カジュアルな雰囲気だったんですが、ナショナル・トラストに寄贈されて以来
> ちょっと敷居が高くなっちゃいましたね。

そうですね

維持管理を考えると、こういう方法が一番良いのでしょう・・・なかなか

難しいとこですが^^;



> でもやっぱり素敵!
> ヴォーリズ建築は大好きなので、近江八幡もよく行きます。

やっぱり

近江八幡に往きたくなりますよね^^


> 市内なら烏丸今出川上るの「バザール・カフェ」
> 以前は牧師さんが住んでいた住宅をカフェに
> 改装したお店で、とても落ち着けます(^-^)

そこは、知りませんでした

貴重な情報、おおきにです♪
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ