法金剛院


DPP_0690.jpg

蓮の寺















DPP_0691.jpg

右京区にある

法金剛院(ほうこんごういん)












DPP_0692.jpg

此処では

幾多の蓮が

花を咲かせ


見頃を迎えています・・・・















DPP_0693.jpg

私が、この花に惹かれるのは















DPP_0694.jpg

この花の

美しさの中に潜む、艶・・・















DPP_0695.jpg



何とも云えぬ、色気を含む蓮















DPP_0696.jpg

色気に惹かれてしまうというのは
















DPP_0689.jpg

私が

男だからでしょうか^^;















DPP_0697.jpg

ん?

















DPP_0698.jpg

あっ、カメラ女子!


















DPP_0699.jpg

こっちも















DPP_0700.jpg

スマホでも、カメラ女子

















DPP_0701.jpg

こっちにも




















DPP_0702.jpg

何とも軽やかに^^
















DPP_0703.jpg

どうやら

この花に惹かれるのは

男だけでは、ないようですね^^




+法金剛院(ほうこんごういん)+

京都市右京区花園扇野町49
花園にある律宗の寺院である、山号を五位山と称する
本尊は阿弥陀如来、開基(創立者)は待賢門院とされる
境内に現存する浄土式庭園の一隅にある青女の瀧は日本最古の人工滝とされており
国の特別名勝に指定されている
法金剛院は、古くから名勝の地として知られる双ヶ丘(ならびがおか)の東麓にある
付近には妙心寺、仁和寺などの著名寺院や史跡も多い

この地には平安初期の貴族・清原夏野(782年 - 837年)の山荘があり、夏野の死後
山荘を寺に改めたものが当寺の前身であるという
20年ほど後の天安2年(858年)、文徳天皇の発願で伽藍を建立し、天安寺と称した

その後、寺運は衰えたようだが、3世紀ほど経た平安末期の大治5年(1130年)
待賢門院(1101年 - 1145年)により再興された
待賢門院は藤原氏の出身で、鳥羽天皇中宮であり、崇徳天皇、後白河天皇の母である
最盛期の法金剛院には九体阿弥陀堂、丈六阿弥陀堂、待賢門院の御所などが
立ち並んでいたというが、度重なる災害により、壮観だった当時の面影はない

アクセス JR嵯峨野線 花園駅 徒歩3分
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/208-b8e12842

Comment

pipin | URL | 2011.07.15 01:32 | Edit
蓮の華。
花弁の濃淡がキレイ!
上海で蓮の実、生を食べたんだけれど・・・
味を覚えてないです^^;
yokoblueplanet | URL | 2011.07.15 02:17
こんばんは。
カメラを構える人、人、人の映像が面白い!
蓮の花の人気は高いですよね。
そう云えば茨城の蓮田の様子はどうなっているのか、そろそろ様子を見に行かねば。。。
毎日暑過ぎて人間が萎れそうです!
色気のないことを書いてしまった。。。
蓮田の蓮は涼しげです、あくまでも。
ke-n | URL | 2011.07.15 08:36 | Edit
高兄さん、おはようございます。

なるほど、蓮の色気ですか。
猛暑の中で涼しげなお顔で咲く花ですね。
僕もその色気に惹かれて会いに行きたいなって思えるお写真の数々です。

一眼で撮影されてる女性ってこれまたキリリとした色気のようなものを感じますね(笑顔。
一連のお写真もしなやかな指先が素敵です。
nana3 | URL | 2011.07.15 08:54 | Edit
お早うございます。
今日も、幻想的な写真・・・うっとりです!
花の透明感が、涼しげですよね♪

高兄さんの写真を拝見していると、
京都には季節ごとに風流な庭がある!つくづく感じます。
そして、日本人として誇らしく思います♪
大好きな花だけれど今まで一度も、
花が咲き乱れる時期に蓮池を訪れたコトがありません。
毎年、花が咲き終わった頃にハッと気づくばかりで。沈

高兄さん、1年ほど先の事になりますが・・・
来年は少し早目に ”蓮の花”の話をお願いできますか?
咲き誇る蓮の花を見逃すコトのないように。笑
これからも楽しみにBlog、拝見します!
chika | URL | 2011.07.15 13:27
高兄さん、こんにちは。
蓮の季節ですね。
1枚目の写真、インパクトがあってすごく好きです。
葉のかげに隠れているのが想像がふくらんでいいですね。
私も蓮の美しい姿をカメラに収めにいきたくなりました♪
onooono | URL | 2011.07.15 22:45
こんばんは。
私も蓮のお花 可憐で大好きです。
近づきたいのに近づけない独特な佇まいが
何とも魅力的でまさに色気を感じます。

そして私は見るだけではなくて
根や茎を食べたり、蓮茶を飲んだりも大好きです。笑
kimiko | URL | 2011.07.16 06:41
蓮の寺って法金剛院なんですね。
憶えて来年はいってみたいな^^

そうです^^
この色気、艶に惹かれるのは決して男性だけではありません^^
女子も憧れの花かもしれないです。

この時季に咲くからなのかしら・・・
色々な意味を蓮の花がもっているからかしら・・・
私は母とだぶってしまうのです♪

高兄 | URL | 2011.07.16 09:57
pipinさん、こんにちは

> 蓮の華。
> 花弁の濃淡がキレイ!

蓮の華

確かに、グラデーションがしっとりと綺麗ですね

魅力的です^^


> 上海で蓮の実、生を食べたんだけれど・・・
> 味を覚えてないです^^;

蓮の実、わたし生で食べたことは・・・・ないかな?

中国人と云えば

ひまわりの種のイメージ

ビールに合うんですよね^^;
高兄 | URL | 2011.07.16 10:02
Yokoさま、こんにちは

> カメラを構える人、人、人の映像が面白い!
> 蓮の花の人気は高いですよね。

みなさん、なかなか様になってました

最近、女性でも一眼持って撮影の方、多いですね

がっつりと、でかい一眼カメラ構えて、カシャリッと^^

> そう云えば茨城の蓮田の様子はどうなっているのか、そろそろ様子を見に行かねば。。。

茨城の蓮田ですか

存じませんが、言葉きいても広大な感じがしますねぇ

> 毎日暑過ぎて人間が萎れそうです!
> 色気のないことを書いてしまった。。。
> 蓮田の蓮は涼しげです、あくまでも。

蓮自体は、涼やかですが

レンズ構える、こちらは

じ~んわり、汗が

まあ、真夏ですから、仕方ないですよね^^;

高兄 | URL | 2011.07.16 10:05
ke-nさん、こんにちは

> 高兄さん、おはようございます。
>
> なるほど、蓮の色気ですか。
> 猛暑の中で涼しげなお顔で咲く花ですね。

ええ

仏法の世界には欠かせない蓮ですが

なんとも、大人なエロティックさがあるんですよねぇ^^;


> 僕もその色気に惹かれて会いに行きたいなって思えるお写真の数々です。
>
> 一眼で撮影されてる女性ってこれまたキリリとした色気のようなものを感じますね(笑顔。
> 一連のお写真もしなやかな指先が素敵です。

女性も

男性の手や指先に、魅力を感じるそうですが・・・

女性のレンズを構える指先も良いですよね♪

ありがとうございます^^
高兄 | URL | 2011.07.16 10:13
nanaさん、こんにちは

コメント、ありがとうございます

> お早うございます。
> 今日も、幻想的な写真・・・うっとりです!
> 花の透明感が、涼しげですよね♪

おおきに

> 高兄さんの写真を拝見していると、
> 京都には季節ごとに風流な庭がある!つくづく感じます。
> そして、日本人として誇らしく思います♪

そういう風に思って頂けると、嬉しいですね^^

私も、カメラを覗きながら

気付くこと、教えられること、多いです

> 大好きな花だけれど今まで一度も、
> 花が咲き乱れる時期に蓮池を訪れたコトがありません。
> 毎年、花が咲き終わった頃にハッと気づくばかりで。沈
>
> 高兄さん、1年ほど先の事になりますが・・・
> 来年は少し早目に ”蓮の花”の話をお願いできますか?

これは、1週間ほど前に撮影したものですが

どうしても、旬が、遅れがちになります・・・・ん~ポリポリ^^;

来年は、なんとか間に合うように^^


> 咲き誇る蓮の花を見逃すコトのないように。笑
> これからも楽しみにBlog、拝見します!

ありがとうございます

お時間ある時に、覗いていただけたら幸いです


高兄 | URL | 2011.07.16 10:19
chikaさん、こんにちは

> 高兄さん、こんにちは。
> 蓮の季節ですね。

ええ、

蓮の大輪の季節ですね♪

> 1枚目の写真、インパクトがあってすごく好きです。
> 葉のかげに隠れているのが想像がふくらんでいいですね。

わたしも

一枚目が、一番気に入っています

おおきに^^


> 私も蓮の美しい姿をカメラに収めにいきたくなりました♪

日傘は必須ですね
高兄 | URL | 2011.07.16 10:22
onooonoさん、こんにちは

> 私も蓮のお花 可憐で大好きです。
> 近づきたいのに近づけない独特な佇まいが
> 何とも魅力的でまさに色気を感じます。

わたしもね

この花の、立ち姿からして・・・やられてしまいます

ちょっと、独特ですよねぇ^^

> そして私は見るだけではなくて
> 根や茎を食べたり、蓮茶を飲んだりも大好きです。笑

蓮茶ですか

美味しそうですね

冷やして飲むのかな??
高兄 | URL | 2011.07.16 10:40
kimikoさん、こんにちは

> 蓮の寺って法金剛院なんですね。
> 憶えて来年はいってみたいな^^

全国には、蓮の寺と云われる

寺院が、おそらく

たくさんあるとは想うのですが・・・・

京都で、蓮の寺と云えば、この法金剛院のことでしょうね^^


> そうです^^
> この色気、艶に惹かれるのは決して男性だけではありません^^
> 女子も憧れの花かもしれないです。

大人の香り、艶めいていますよね、蓮って

ほんと、魅力的です♪

> この時季に咲くからなのかしら・・・
> 色々な意味を蓮の花がもっているからかしら・・・
> 私は母とだぶってしまうのです♪

kimikoさんにとっても

特別な想いの華なのですね・・・・
butaneko | URL | 2011.07.17 00:23
すごい数のカメラ女子ですね^^;
私もその一人なんですが・・・
同好の士を見かけると、なんだか気恥ずかしいです。
下手に本格的なカメラを手にしていたりすると
気恥ずかしさがアップするので、私には、
ミラーレスでちょこっと撮るくらいがちょうどいいです^^;

蓮の花もきれいで大好きなんですけど、
なかなか咲いている時間に訪ねられなくて。
早起きは苦手です(^_^;)
高兄 | URL | 2011.07.17 07:22
butanekoさま、こんにちは

> すごい数のカメラ女子ですね^^;
> 私もその一人なんですが・・・

カメラ男子も多かったんですが

半分ぐらいは、カメラ女子でした^^


> 同好の士を見かけると、なんだか気恥ずかしいです。

そうですか^^


> 下手に本格的なカメラを手にしていたりすると
> 気恥ずかしさがアップするので、私には、
> ミラーレスでちょこっと撮るくらいがちょうどいいです^^;

そういえば、ミラーレス女子も多かったような・・・

昔はPEN女子しか見かけなかったんですが

最近は、GF女子も良く見かけるように・・・

我らが、NEX女子は、この日は見かけなかったなぁ^^;

> 蓮の花もきれいで大好きなんですけど、
> なかなか咲いている時間に訪ねられなくて。
> 早起きは苦手です(^_^;)

わたしは、休日でも

一人で自由になる時間というと、早朝が多いので

完全に朝型になっちゃいました^^
蓮華草 | URL | 2011.07.18 18:29 | Edit
高兄さま こんにちは

私も蓮の花に惹かれます
毎年 蓮の頃には この花を求めてうろうろ^^
奈良の喜光寺から唐招提寺 薬師寺 家の近くのお寺とうろうろです。

今年は高兄さまのブログを拝見して、今日、行って参りました、早朝の法金剛院!

高兄さまの蓮はとても個性的で、香が感じられようです。
蓮への思いが感じられます。

>美しさの中に潜む、艶・・・
仰る通りです。

人目を引く華やかさが、ちっともくどくない所も好きです。

あいにくの雨で、でも蓮は何とか撮れました
それからは良く降りましたね。

行って撮って帰って来たと言う感じです
何回か行きたいお寺です、晩夏の頃もいいでしょうねえ。。。
高兄 | URL | 2011.07.19 07:30
蓮華草さま、こんにちは

> 高兄さま こんにちは
>
> 私も蓮の花に惹かれます

やはりですね^^


> 毎年 蓮の頃には この花を求めてうろうろ^^
> 奈良の喜光寺から唐招提寺 薬師寺 家の近くのお寺とうろうろです。

奈良の蓮巡り、それは素晴らしい♪

> 今年は高兄さまのブログを拝見して、今日、行って参りました、早朝の法金剛院!

そうですか

天気は生憎だったですが、如何でしたか?

> 高兄さまの蓮はとても個性的で、香が感じられようです。
> 蓮への思いが感じられます。
>
> >美しさの中に潜む、艶・・・
> 仰る通りです。

ありがとうございます

恐縮です


> 人目を引く華やかさが、ちっともくどくない所も好きです。
>
> あいにくの雨で、でも蓮は何とか撮れました
> それからは良く降りましたね。

ええ、

これは、ただの長雨ではございませんね

やはり、台風の影響かと・・・


> 行って撮って帰って来たと言う感じです
> 何回か行きたいお寺です、晩夏の頃もいいでしょうねえ。。。

ここも歴史のある、古刹ですからね^^
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ