龍安寺

DPP_0387.jpg

蕾み。

芽生え。

ひらく。















DPP_0384.jpg













DPP_0385.jpg

香り。

咲き。

魅せる。















DPP_0403.jpg













DPP_0402.jpg

離るる。

舞う。

とどく。















DPP_0386.jpg

そして

こころに響く。


当たり前にみえる、その在り様

諸行無常を、

私に、教えてくれる場所だと想うんです。






+龍安寺(りょうあんじ)+

京都市右京区龍安寺御陵下町13
右京区にある臨済宗妙心寺派の寺院、石庭で知られる、山号を大雲山と称する
本尊は釈迦如来、開基(創立者)は細川勝元、開山(初代住職)は義天玄承である
「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている

「龍安寺の石庭」として知られる枯山水の方丈石庭で有名な龍安寺は
禅宗が盛んだった室町幕府の管領、守護大名で、応仁の乱の東軍総帥でもあった細川勝元が
宝徳2年(1450)に創建した禅寺である
衣笠山山麓に位置する龍安寺の所在地は、藤原北家の流れを汲む徳大寺実能以来
徳大寺家の山荘であったところを、細川勝元が譲り受けたものである
初代住職として妙心寺5世住持の義天玄承(玄詔)を迎えた
龍安寺の開山は実質的にはこの義天玄承とされているが、義天自身は2世に退き
自分の師の日峰宗舜を開山に立てている
創建当初の寺地は現在よりはるかに広く、京福電鉄の線路のあたりまでが境内であったという

アクセス 京都市バス「龍安寺前」下車 徒歩1分

スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/179-40749041

Comment

yokoblueplanet | URL | 2011.04.19 11:51
こんばんは。
龍安寺は小振りですが、広がりがあって、日本の禅寺の基本のような所がありますね。
しかし贅沢です、と云うか、完成された精神状態を形にするとこうなると云う一つの典型的なお庭ですね。
アラック | URL | 2011.04.19 15:59 | Edit
アラックです。
龍安寺石庭枝垂れ桜は本当に良いですね。
小宇宙ですね、バグース!!
高兄 | URL | 2011.04.20 20:27
Yoko様、こんにちは

> 龍安寺は小振りですが、広がりがあって、日本の禅寺の基本のような所がありますね。

そうですね

よく、料亭で箱庭の、石庭とかあるんですが

やっぱり、根本的に違いますね

禅寺の御庭は、宇宙に繋がっている気さえします

> しかし贅沢です、と云うか、完成された精神状態を形にするとこうなると云う一つの典型的なお庭ですね。

ええ

作者、不明の石庭ですが

いつも、いつも魅せられてしまいます^^
高兄 | URL | 2011.04.20 20:30
アラックさん、こんにちは

> 龍安寺石庭枝垂れ桜は本当に良いですね。

ええ、本当に

この魅力を、なかなかファインダーに収められません^^;

> 小宇宙ですね、バグース!!

本当は、この壁はないというのが

禅の考え方らしいです


そのまま、広がり、

宇宙に繋がっているらしいですよ♪
ke-n | URL | 2011.04.21 09:23 | Edit
高兄さん、おはようございます。

龍安寺、良いお寺ですよね。
僕もかなり前ですが雨の日に一度訪れさせてもらったことがあります。
ここの石庭は本当に魅力的で全体を眺めていても、一つの石を見ていても、時間を忘れてしまいそうでした。

枝垂れ桜咲く季節も良いものですね。
ほのかな香りが漂っていそうな写真の数々、素敵です。


lotta | URL | 2011.04.21 17:58
高兄さま、こんばんは♪
高兄さまの写真を見ていると、京都に行きたい気持ちがムクムクと湧いてきます!^^
やっぱりいいですね~京都って!

三枚目の写真、桜が滝のように流れているように見えて
本当に素敵です。
高兄さまの写真の構図、毎回勉強になります!
(勉強にはなっているのですが、実践がついていかなくて、、、^^;)

渋い雰囲気の中でのピンクの桜、とってもメリハリがありますね!^^
高兄 | URL | 2011.04.21 20:42
ke-nさん、こんにちは

> 龍安寺、良いお寺ですよね。
> 僕もかなり前ですが雨の日に一度訪れさせてもらったことがあります。

「晴れ」の世界の石庭も魅力的ですが

雨の石庭も、風情があって、私は好きです^^


> ここの石庭は本当に魅力的で全体を眺めていても、一つの石を見ていても、時間を忘れてしまいそうでした。
>
> 枝垂れ桜咲く季節も良いものですね。

枝垂れの花びらと、庭の融合

美しいですよね~


> ほのかな香りが漂っていそうな写真の数々、素敵です。

被写体が素晴らしいのでが、私の腕が、まだまだ追いついていません^^;
高兄 | URL | 2011.04.21 20:50
lottaさん、こんにちは

> 高兄さまの写真を見ていると、京都に行きたい気持ちがムクムクと湧いてきます!^^
> やっぱりいいですね~京都って!

ですよね^^

長年、住んでいながら

まだまだ、知らない場所、行った事のない場所が多すぎます^^


> 三枚目の写真、桜が滝のように流れているように見えて
> 本当に素敵です。

ありがとうございます

実は、今回の画像の中では、私も一枚目と三枚目が好きです

> 高兄さまの写真の構図、毎回勉強になります!
> (勉強にはなっているのですが、実践がついていかなくて、、、^^;)

私も、勉強・・・というか、とにかくシャッターを切って、切って、切りまくるのみです^^


> 渋い雰囲気の中でのピンクの桜、とってもメリハリがありますね!^^

この石庭に、枝垂桜を添えた人物は

いったい誰でしょうね・・・・ニクい演出です^^
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ