高桐院


DPP_0299.jpg

初めて此処を訪れたのは、25歳の時でした。















DPP_0300.jpg













DPP_0301.jpg













DPP_0302.jpg













DPP_0303.jpg













DPP_0307.jpg













DPP_0304.jpg













DPP_0308.jpg













DPP_0306.jpg













DPP_0310.jpg

この御庭とは

一生の付き合いになる気がしてるんです・・・・




+高桐院+

京都市北区紫野大徳寺町73-1
高桐院(こうとういん)は臨済宗大徳寺派大本山大徳寺の塔頭のひとつである
開基(創立者)は細川忠興(三斎)、開山(初代住職)は玉甫紹(ぎょくほじょうそう)
正保2年(1645)に、83歳で没した忠興の遺言により、その遺歯が高桐院に埋葬された
以後細川家の菩提寺として庇護される

アクセス 京都市バス205番206番、大徳寺下車、徒歩10分
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/170-6ff95842

Comment

yokoblueplanet | URL | 2011.03.23 17:51
こんにちは。
やはり日本は縁側文化か?!と、庭と畳の先の縁側を見ると考えてしまいますね。
門構えも良い。ビシッとして。
それと緋毛氈。「粋」の世界。
こちら今夜は嵐模様。
高兄 | URL | 2011.03.23 18:22
Yoko様、こんにちは

> やはり日本は縁側文化か?!と、庭と畳の先の縁側を見ると考えてしまいますね。
> 門構えも良い。ビシッとして

この門構え、凜といてますよね^^

竹林も静謐な感じで良いです

> それと緋毛氈。「粋」の世界。

Yoko様は、緋毛氈が、お好きなんですね^^

紅の世界ですね

> こちら今夜は嵐模様。

CAですか?

3月下旬だと、普通は雨期も終わってるイメージですが・・・天候大荒れですね

お気をつけ下さいませ!
lotta | URL | 2011.03.24 16:39 | Edit
高兄さま、こんにちは。
ここ最近落ち着きのなかった心が、高兄さまの写真を見て
少し落ち着いたようです。
ありがとうございます。
人には冷静さが、本当に必要ですね。

庭の緑と赤い絨毯のバランスが、最高ですね。。。
yokoblueplanet | URL | 2011.03.25 07:54
おはようございます。
イギリス等でも、背広の裏地に凝ったりする傾向があるのですが、日本にも同じような傾向がありますね。緋毛氈とか漆の朱と黒とか、その辺りのバランス感覚は大好きです!
高兄 | URL | 2011.03.25 08:47
lottaさん、こんにちは

> ここ最近落ち着きのなかった心が、高兄さまの写真を見て
> 少し落ち着いたようです。

そう云っていただけると、とても嬉しいです^^

なかなか思うような写真は、撮れていないんですがね^^;

> 人には冷静さが、本当に必要ですね。

そうですよね

どうしても、人間は見えないものに不安を感じてしまいますね

冷静になると、違った角度でものを捉えることが出来ますからね


> 庭の緑と赤い絨毯のバランスが、最高ですね。。。

この御庭、どんな季節に訪れても味があります
高兄 | URL | 2011.03.25 08:50
Yoko様、こんにちは

> イギリス等でも、背広の裏地に凝ったりする傾向があるのですが、日本にも同じような傾向がありますね。緋毛氈とか漆の朱と黒とか、その辺りのバランス感覚は大好きです!

なるほど、なるほど♪

そういうのありますね

ポール・スミスのスーツを何着か持っていて、愛用してるんですが

裏地が、カッコイイやつありますね^^
きまぐれおじさん | URL | 2011.03.26 07:40
やっぱり京都の景色は見ているだけでホッとしますね。
何となく安らぎを感じさせていただきます。
まだ雪が残っているのですか?
ちょっと雪が残る風景も素敵です。
じっと座って庭を見ているだけでいいですね。
高兄 | URL | 2011.03.26 08:29
きまぐれ様、こんにちは

> やっぱり京都の景色は見ているだけでホッとしますね。
> 何となく安らぎを感じさせていただきます。

大徳寺の塔頭である、高桐院

この大徳寺の塔頭は、完成度の高い御庭が多いですね^^

> まだ雪が残っているのですか?

今年の3月は、何度か寒の戻りもあり、何度か雪も積もっています

> ちょっと雪が残る風景も素敵です。
> じっと座って庭を見ているだけでいいですね。

この石灯籠は、秀吉と利休の逸話も残る灯篭です
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ