角屋


DPP_0320.jpg

歴史の生き証人です。















DPP_0311.jpg













DPP_0312.jpg













DPP_0313.jpg













DPP_0314.jpg













DPP_0315.jpg













DPP_0316.jpg













DPP_0317.jpg













DPP_0318.jpg













DPP_0319.jpg

この「揚屋」には、様々な歴史上の人物が通っています

新選組もここでの遊興を楽しんでいたらしい

特に芹沢鴨との関わり合いは深く、文久3年(1863)6月ここで暴挙をはたらき

その際に出来た刀傷が今でも残っています



+角屋もてなしの文化美術館+

京都市下京区西新屋敷場屋町32
天正17年(1589)、豊臣秀吉によって柳馬場二条に傾城町「柳町」が開かれ
初代徳右衛門が角屋の営業を始める
慶長7年(1602)、柳町は突然の移転を強いられ、角屋も六条三筋町へ移転を余儀なくされた

更に寛永18年(1641)、再度柳町は移転となり、角屋は二代目徳右衛門によって現在地の嶋原へ移された
尚、六条三筋町の所在地(新町五条下ル)は現在も角屋が所有している
明治5年(1872)まで営業した後、お茶屋に編入された
昭和60年(1985)まで「松の間」を宴会に使用

昭和27年(1952)、島原が開かれて以来現存する唯一の揚屋の遺構として国の重要文化財に指定された
(ただし「松の間」のみは大正末期、火事により焼失してしまい指定されていない)
平成元年(1989)より1日30人限定で内部を公開していたが、更に平成10年(1998)4月より
「角屋もてなしの文化美術館」として開館された
平成19年(2007)現在家名は十四代目に継承されており、当代が館長を勤めている
現在一般公開は1階部分のみ
損傷部分の保存を考え、2階座敷見学には事前予約が必要となっている
所蔵品は約1万1千点にのぼる

隣接する山陰本線高架部分の騒音を巡り、JR西日本との間で長らく係争状態にあったが
平成20年(2008)に、コンクリート製の高架に砂利を入れる等の対策をとることで騒音の軽減を図る
という内容で和解に達した

江戸時代中期には島原でも俳諧が盛んになり当時の角屋当主(七代目、俳名徳屋)は
与謝蕪村を師として招いている
その蕪村がここに残した「紅白梅図」は国の重要文化財として当美術館に展示されている
他、天明年間前後に制作された円山応挙、石田幽汀などの襖絵も残っている

幕末には久坂玄瑞、西郷隆盛などの勤王の志士が密議を交わしたり
豪商からの資金調達のために接待に使用されていた

アクセス 京都市バス 「島原口」下車 徒歩10分
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/169-b14aa180

Comment

きまぐれおじさん | URL | 2011.03.20 08:09
中庭素敵ですね。
小さな空間に庭園のすべてが詰まっているように思います。
また、廊下の艶、輝きは歴史を感じます。
このような歴史のある建物は大切にしていきたいものです。
現在でもそうですが将来日本人の和の心が感じられる建物になっていくと思います。
yokoblueplanet | URL | 2011.03.20 21:12
こんばんは。
「美しい日本」、江戸、明治に日本を訪れた諸国の方々はこのような日本の様式美を堪能したのでしょうね。
これ以上日本を破壊されたくない、と感じている方々はたくさんいるでしょう。。。早く心落ち着ける日が来ますように、そして安心の生活が被災地の方々に!
nao | URL | 2011.03.21 00:35
こんばんは。
角屋、美しいですね。(ため息…)
お天気が良さそうなお庭のご様子から、
京都も少し暖かく春らしくなってきたのかしら、と想像しております。

落ち着いた歴史ある建物のお写真を拝見して、心が少し癒されました。
ありがとうございます!
高兄 | URL | 2011.03.21 07:59
きまぐれ様、こんにちは

> 中庭素敵ですね。
> 小さな空間に庭園のすべてが詰まっているように思います。

中庭(坪庭)という空間は、日本の美的感性が詰まっていますね^^

> また、廊下の艶、輝きは歴史を感じます。
> このような歴史のある建物は大切にしていきたいものです。

私も同感です

京都には歴史的建物が、多くあるので

当たり前になりすぎていますが・・・・大事な事ですね

> 現在でもそうですが将来日本人の和の心が感じられる建物になっていくと思います。

そうなっていって欲しいです^^
高兄 | URL | 2011.03.21 08:04
Yoko様、こんにちは

> 「美しい日本」、江戸、明治に日本を訪れた諸国の方々はこのような日本の様式美を堪能したのでしょうね。

この建物は、京都でも他には残っていない、揚屋建築の代表作です

美術館と謳うだけの意匠だと思います

海外の団体観光の方も多いですね


> これ以上日本を破壊されたくない、と感じている方々はたくさんいるでしょう。。。早く心落ち着ける日が来ますように、そして安心の生活が被災地の方々に!

もうすぐ京都は、櫻が咲くでしょう・・・・
高兄 | URL | 2011.03.21 08:11
naoさん、こんにちは

> 角屋、美しいですね。(ため息…)

角屋さんは、美しいだけでなく、揚屋、お茶屋としては、かなり大規模な建物です


祇園に、「一力」というお茶屋があるのですが

むかし、一度だけ寄せてもらった事がありまして、中は迷路のようで、かなりの大箱でしたが

角屋さんも、同じぐらい大きいです


> お天気が良さそうなお庭のご様子から、
> 京都も少し暖かく春らしくなってきたのかしら、と想像しております。

そうですね

庭に枝垂桜があるのですが、残念ながら、まだ蕾でした

咲き誇る頃には、この御庭は見事でしょうね^^

> 落ち着いた歴史ある建物のお写真を拝見して、心が少し癒されました。
> ありがとうございます!

こちらこそ

そう云っていただけるとblog更新している甲斐があります、おおきに^^
kumiko | URL | 2011.03.21 20:52
島原は
長い歴史が今でも肌で感じられる地区なのですね!
いつもながら勉強になります~。
高兄 | URL | 2011.03.21 21:14
kumikoさん、こんにちは

> 島原は
> 長い歴史が今でも肌で感じられる地区なのですね!

そうですね^^

島原というのは、通名でして

この辺りは西新屋敷というのが地名です

この辺りに花街が移る頃、そのバタつくような引っ越しが

当時、起こった島原の乱(天草四郎の)のような騒乱ぶりのため、島原と呼ばれるようになったとか


p.s

kumikoさんもblogでふれられてましたが

私の知人でも、自国へ脱出した人います

被災地なら、まだしも・・・・京都から逃げんでも・・・・

まあ、人それぞれ事情がありますが・・・・なんか、複雑な気分です^^;

Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ