源光庵


DPP_0206.jpg

窓から臨む、景色がみたい。















DPP_0207.jpg













DPP_0218.jpg













DPP_0219.jpg













DPP_0208.jpg













DPP_0209.jpg













DPP_0210.jpg














DPP_0211.jpg













DPP_0216.jpg













DPP_0217.jpg













DPP_0212.jpg















DPP_0213.jpg

悟りの窓

何だか、眺めているこちらの方が、全て見透かされてる気分になります^^;




+源光庵(げんこうあん)+

京都市北区鷹峯北鷹峯町47
鷹峯(たかがみね)にある曹洞宗の寺院、山号は鷹峰山、正式には鷹峰山寶樹林源光庵という
本尊は釈迦牟尼仏
貞和2年(1346)に臨済宗大徳寺の徹翁義亨の隠居所として開基、当初は復古堂と呼ばれた
その後、1694年(元禄7)に卍山道白により曹洞宗に改宗された

本堂の天井板は伏見桃山城から移築したもので、1600年(慶長5)に徳川家家臣鳥居元忠らが
石田三成に破れ自刃したときの跡が残り、血天井となっている
その脇に丸窓と角窓がありそれぞれ悟りの窓、迷いの窓と呼ばれている

アクセス 京都市バス 「源光庵」下車 徒歩2分


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/161-f8d5a25f

Comment

蓮華草 | URL | 2011.02.24 17:54 | Edit
高兄さま 私のブログへお越し頂いてありがとうございました。
すっかり、お伺いするのが遅くなって申し訳ありません。
源光庵のお写真、素晴らしいですね。
二年前に今宮神社から、とことこと坂を登って行きました。
このように、静かではなかったです^^:
お写真を拝見しながら色々と思い出しています。

素敵な京都を眺めたり読んだり、自分が行く時の参考にもさせて頂きたく、リンクを頂いて帰ります。
宜しくお願い致します。
高兄 | URL | 2011.02.25 05:27
蓮華草さま、こんにちは

> 高兄さま 私のブログへお越し頂いてありがとうございました。

こちらこそ、コメントありがとうございます^^


> 源光庵のお写真、素晴らしいですね。

おおきに~

源光庵、絵になる場所ですよね^^

今度は晩秋に訪ねてみたいです


> 二年前に今宮神社から、とことこと坂を登って行きました。

それは、結構なお散歩道で、ございましたね~


> このように、静かではなかったです^^:
> お写真を拝見しながら色々と思い出しています。

京都では、郊外の部類の寺ですが・・・意外と観光の方も多いですね

> 素敵な京都を眺めたり読んだり、自分が行く時の参考にもさせて頂きたく、リンクを頂いて帰ります。
> 宜しくお願い致します。

御参考になるかは、わかりませんが^^;

こちらこそ、今後とも宜しく御願いいたします
yokoblueplanet | URL | 2011.02.25 16:39
こんにちは。
今回は「深さ」を感じさせる造りと映像が楽しいですね。
日本家屋の醍醐味は、このぶち抜きにして大部屋にできる事と、庭に直結する開放感にあり?!と考えたりしますが、それが無くなって、狭い個室が増えた事から大きく人間関係が変化して来たような。。。
高兄 | URL | 2011.02.25 17:39
Yoko様、こんにちは

> 今回は「深さ」を感じさせる造りと映像が楽しいですね。

ありがとうございます^^

被写体(源光庵)が、素晴らしいですね♪


> 日本家屋の醍醐味は、このぶち抜きにして大部屋にできる事と、庭に直結する開放感にあり?!と考えたりしますが、それが無くなって、狭い個室が増えた事から大きく人間関係が変化して来たような。。。

私の独考ですが

京町家が縦空間に特筆しているのに比べ、寺院は横空間に特筆していますね^^

正に空気が抜けていく、流れていく空間です


こちらの御庭も、京都の北山連邦を借景に取り入れていますから

壮大に広がる空間なわけです

造り手側の意匠、どうのような事を感じて欲しいのでしょうね?


書家としても有名な、石川丈山

造庭家としての彼の意趣が、とても好きなんですが

彼の庭(蓮華寺や詩仙堂)を眺めながら、やはり色んな事を考えてしまいます^^;
ゆみゆみ | URL | 2011.02.26 07:02
床の質感も大好きなんですが
9枚目の写真の畳の質感に、日本を感じましたw。

いつかいつかお金持ちになったら(なる予定も見通しもないけど)
最後の写真見たいな丸い大きな窓を家に作りたい
です。
この窓って、海でも山でも田んぼでも川でも似合いそう。
高兄 | URL | 2011.02.26 08:05
ゆみゆみさん、こんにちは

> 床の質感も大好きなんですが
> 9枚目の写真の畳の質感に、日本を感じましたw。

海外在住の方は、畳に哀愁を感じる方が多いですね^^


> いつかいつかお金持ちになったら(なる予定も見通しもないけど)
> 最後の写真見たいな丸い大きな窓を家に作りたい
> です。

この丸い窓は、所謂、カメラのファインダーなんですよね

季節ごと、日々、変化するファインダー越しの風景、

素晴らしいですよね♪

きまぐれおじさん | URL | 2011.02.26 09:11
京都らしい風景ですね。
窓から差し込む日の光が春の走りを思わせるような気がします。
まるい額縁のような風景にはまいりました。
そろそろ春の訪れが感じられるのでしょうか。
高兄 | URL | 2011.02.26 10:01
きまぐれ様、こんにちは

> 京都らしい風景ですね。

そうですね^^

> 窓から差し込む日の光が春の走りを思わせるような気がします。

ここ、数日は、本当に暖かい日々が多いですね

福岡ほどでは、ありませんが

京都にも、確実な‘春がやって来ています


> まるい額縁のような風景にはまいりました。

こんなファインダーが、家にあったら良いですよね♪

悟りの窓、とは良い名前ですね

> そろそろ春の訪れが感じられるのでしょうか。

先日、大宰府ならぬ北野の天満宮に行って参りました

梅も見頃ではないでしょうか^^v
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ