妙満寺


DPP_0193.jpg

このストゥーパ(仏舎利塔)を見ると、

昔旅した、タイやカンボジア、ネパールのことを想い出します。















DPP_0192.jpg













DPP_0196.jpg













DPP_0197.jpg













DPP_0198.jpg













DPP_0199.jpg













DPP_0200.jpg













DPP_0195.jpg

「雪の庭」 俳諧の祖と仰がれる、松永貞徳の作

う~ん、やりますねぇ貞徳





+妙満寺(みょうまんじ)+

京都市左京区岩倉幡枝町91
左京区にある、顕本法華宗の総本山、山号は妙塔山、塔頭が四院ある(正行院、法光院、成就院、大慈院)
慶応元年(1389)日什は天王寺屋通妙より敷地を寄進され六条坊門室町に、妙満寺を建立する
天正11年(1583)豊臣秀吉の命により、寺町二条に移転する、その後、幾度の焼失のあと
1968年に現在の地へ

雪の庭 - 俳諧の祖と仰がれる松永貞徳の造営で、「雪・月・花」三名園の一つとされる
安珍・清姫の鐘 - 和歌山県道成寺にあったとされる梵鐘で、安珍・清姫伝説ゆかりの梵鐘とされ
豊臣秀吉の紀州征伐の際に、家臣の仙石秀久が京都に持ち帰ろうとしたが、鐘が重かったために
途中で破却し近くの住民の手によって妙満寺に奉納されたもの
仏舎利大塔 - 1973年(昭和48年)檀信徒の寄進により建立された

アクセス 叡山電鉄木野駅から徒歩5分

スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/160-1432b9b5

Comment

yokoblueplanet | URL | 2011.02.21 20:51
こんばんは。
今回の映像は角度も凝ってますね~かなり気合いが入っています?!
雪の庭、日本庭園は本当に色々な角度から考えて造られていますね。いつも感心してしまいます。
高兄 | URL | 2011.02.22 12:08
Yoko様、こんにちは

> 今回の映像は角度も凝ってますね~かなり気合いが入っています?!

そ、そうですか^^;?

行きあたり場立ったりで、相変わらず肩に力が入ってる気がしてますが・・・・

もう少し、肩の力を抜いた写真が撮れたら・・・と思います^^


> 雪の庭、日本庭園は本当に色々な角度から考えて造られていますね。いつも感心してしまいます。

雪の庭、名庭ですよね~

貞徳は、松永弾正の血筋の人物と云われています

松永弾正と云えば、THE下剋上! みたいな人物像ですから(歴史上は)

この庭を観ていると、弾正の孫の作品とは、とても想えません^^
RIAMOUR | URL | 2011.02.22 18:43
高兄さん

こんばんは!
こちらのお寺は全然知りませんでした。
本当、タイやカンボジアのような雰囲気ですね~

それにしても、高兄さんはいろんなところへ行かれてますね。ネパールって、神秘的でぜひ行ってみたいところです~^^
高兄 | URL | 2011.02.22 20:57
Riamourさん、こんにちは

> こちらのお寺は全然知りませんでした。

比較的、京都では新しい部類の御寺です^^

> 本当、タイやカンボジアのような雰囲気ですね~

そうですよね

しかし、この仏塔は、大きく立派で目立ちますよ~


> それにしても、高兄さんはいろんなところへ行かれてますね。ネパールって、神秘的でぜひ行ってみたいところです~^^

まあ、あちこち放浪してた時期がありますので・・・^^;


ネパール滞在は3週間ほどだったのですが

ほとんどを、ヒマラヤトレッキングに費やしました


トレッキングは、貧しく資源のないネパールにおいての

数少ない観光事業です

世界一高い山、ヒマラヤの、標高3000メートルまでのエリアで行われる

登山遊歩です


3000以下だと、本格的に登山経験のない人間でも高山病が出ません

体力に自信のある素人なら、挑戦できますよ♪


Riamourさんも、もし機会があれば、ハニーさんと挑戦されてみては^^

中腹部から望む、朝日を浴びた山頂部分マチャプチュレ(ネパール語で魚の尾ひれの意味)は美しいですよ♪
lotta | URL | 2011.02.22 22:13 | Edit
高兄さま、こんばんは♪
一枚目の写真!とっても迫力ありますね~!!!
そして5枚目の写真も、手がぷっくりしている所まで見えて
なんだか感動です。^^
高兄さまの写真の構図、とっても勉強になります!!!
本当に毎回素敵な写真です♪
yokoblueplanet | URL | 2011.02.22 23:06
こんばんは。
松永弾正関連の情報、ありがとうございます。
それだけ気性の激しい人だとすると、天国も地獄もしっかり見て来ていると思えますね。
そのような血筋からは芸術的感性の高い人も出て来る可能性大と、云えなくもないです?!
高兄 | URL | 2011.02.23 10:06
lottaさん、こんにちは

> 一枚目の写真!とっても迫力ありますね~!!!

このストゥーパ自体、とても大きいものなので

本当に見上げる迫力がありますよ♪

> そして5枚目の写真も、手がぷっくりしている所まで見えて
> なんだか感動です。^^

何体もの、金仏や石仏が埋め込まれていました

御金かかってるなぁ~って感じでした


> 高兄さまの写真の構図、とっても勉強になります!!!
> 本当に毎回素敵な写真です♪

ありがとうございます

私も、日々、勉強です^^v
高兄 | URL | 2011.02.23 10:10
Yoko様、こんにちは

> 松永弾正関連の情報、ありがとうございます。
> それだけ気性の激しい人だとすると、天国も地獄もしっかり見て来ていると思えますね。

この、松永弾正自身、出自のはっきりしない謎の多い人物でしてねぇ

美濃の斎藤道三の様に、商人出身という説もあるくらいです


史実どうり、織田信長に一旦は平伏して

その後、反旗を翻していたとしたら・・・・あの魔王信長相手に^^;

相当な胆力の持ち主だったかもしれませんね^^


Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ