正伝寺


DPP_0099.jpg

雨が降ろうが。雪が降ろうが。















DPP_0100.jpg













DPP_0101.jpg













DPP_0102.jpg













DPP_0103.jpg













DPP_0104.jpg













DPP_0105.jpg













DPP_0106.jpg














DPP_0107.jpg













DPP_0108.jpg

やがて雪が、止み

雲が流れ

幸運なことに、借景の比叡山の姿を眺めることが出来ました




+正伝寺+

京都市北区西賀茂北鎮守庵町72
西賀茂にある臨済宗南禅寺派の諸山の格式を持つ寺である、山号は吉祥山
寺号は詳しくは正伝護国禅寺といい、本尊は釈迦如来

文永5年(1268)、東巌慧安(とうがんえあん)が師の兀庵普寧(ごったんふねい)を開山として
烏丸今出川に創建したのがこの寺の始まりとされる
兀庵は中国(南宋)からの渡来僧で、文永2年(1265)に帰国しているが、東巖は師の兀庵を開山に
勧請したものである
寺は比叡山延暦寺の衆徒によって破却され、東巖は鎌倉の聖海寺(現存せず)に移り
同地で建治3年(1277)に没した

寺が再興されたのは弘安5年(1282)のことである
同年、賀茂社の社家・森経久の援助により寺は西賀茂の現在地に移り寺運は興隆した
室町時代には天皇家、将軍家の帰依を受けたが、応仁の乱(1467 - 1477)の兵火により衰退した
豊臣秀吉・徳川家康の援助を受け復興され、江戸時代には塔頭5寺を有していた

本堂前の枯山水の庭園は小堀遠州作と伝えられている、白壁越しに比叡山を望む借景式庭園であり
岩を用いず、白砂と刈込みのみで構成されている

アクセス 京都市バス「神光院前」バス停下車徒歩15分
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/148-728f254d

Comment

きまぐれおじさん | URL | 2011.01.16 16:08
雪の京都の風景もまた風情がありますね。
九州の雪は積もってもすぐに溶けてしまうのであまり綺麗ではありません。
このような雪の風景を見るのも悪くないですね。
高兄 | URL | 2011.01.17 08:17
きまぐれ様、こんにちは

> 雪の京都の風景もまた風情がありますね。

今年は別ですが、京都市内に雪が積もるのも

意外と少ない風景です^^

> 九州の雪は積もってもすぐに溶けてしまうのであまり綺麗ではありません。
> このような雪の風景を見るのも悪くないですね。

ええ、画になる風景ですが

此処は、少し郊外にある寺なので

道行が大変です^^;
yunti | URL | 2011.01.17 15:05 | Edit
3枚目のお写真から厳しい~~寒さが、しんしんと伝わってきます。
真っ白の世界に、紅一点のつばきもいいですねぇ
お庭に雪を踏んだ跡がない様子から見ると、この日も早朝ですか?

今年度は紅葉も○○年に一度の当たり年とか、言われてましたが
雪も、、、いくら盆地京都とは言え、そんなに積もる事はないんですよね?
夏は猛暑でしたし、自然界にメリハリが効いてますね、笑。
ゆみゆみ | URL | 2011.01.17 19:33 | Edit
こんにちは、ゆみゆみです。
先日はうちのブログに来て下さってありがとうございました!

高兄さん、めちゃくちゃいいブログですね!写真が素敵過ぎます!
京都は個人的に大好きで、あと旦那が6年ほど住んでいたこともあったり、
私の実家からそんなに遠くないこともあって
かなりかなり一方的に愛着を抱いている場所なのですが
(結婚式も下賀茂でしたw)
高兄さんのファインダー越しに見る京都は
また一段と風情があって、物語があって、うっとりします。

とはいうものの、この正伝寺の庭の静寂の雪に
どかーんと倒れてみたくなってしまう私ですが(笑)
またちょくちょく寄らせて頂きたいと思いますので
どうぞよろしくです。

P.S.ブログ、引っ越しました。。。でもどうでしょうですw。
高兄 | URL | 2011.01.17 20:33
yuntiさん、こんにちは

> 真っ白の世界に、紅一点のつばきもいいですねぇ

ええ、寒椿って凛として良いですよね^^

まるで、芯の強い京女のようです

> お庭に雪を踏んだ跡がない様子から見ると、この日も早朝ですか?

この御庭、降りられないんです^^;・・・・が、御察しのとうり、早朝でした

この日は、鼻水たれるぐらい、朝が、寒かったです・・・


> 今年度は紅葉も○○年に一度の当たり年とか、言われてましたが
> 雪も、、、いくら盆地京都とは言え、そんなに積もる事はないんですよね?

そうですね~

美山町(南丹市)のような、豪雪地帯は別にして

洛中(京都市中心部)に、雪が積もることは、滅多にありません

まあ、10年に一度ぐらいの雪景色だと思います


> 夏は猛暑でしたし、自然界にメリハリが効いてますね、笑。

ええ、笑って良いやか、悪いんやか・・・

ちょっと「エッジ、効きすぎじゃね?」と呟きたくなります^^;
高兄 | URL | 2011.01.17 20:48
ゆみゆみ様、こんにちは

> こんにちは、ゆみゆみです。
> 先日はうちのブログに来て下さってありがとうございました!

いえいえ、

こちらこそ、コメントありがとうございます^^

> 高兄さん、めちゃくちゃいいブログですね!写真が素敵過ぎます!

未だ未だ、駆け出しの素人写真なんですが・・・そう云っていただけると

励みになります^^


> かなりかなり一方的に愛着を抱いている場所なのですが
> (結婚式も下賀茂でしたw)

あら!

ゆみゆみ様とは、「どうでしょう」繋がりやな~と思っておりましたが

私の、実姉も下鴨神社さんで結婚式を挙げたんです!

勿論、私も列席いたしました

ゆみゆみ様と、何やら御縁がありそうですね^^


> とはいうものの、この正伝寺の庭の静寂の雪に
> どかーんと倒れてみたくなってしまう私ですが(笑)

わたしも、倒れ込みたい気分でした

ビートルズみたいに←例えが昭和

この日は、奇跡的に雪雲が流れ、比叡山の借景を望めましたが

天侯の良い日の、景色は素晴らしいですよ♪

もし、機会があれば、どい様と尋ねてみてくださいな


> またちょくちょく寄らせて頂きたいと思いますので
> どうぞよろしくです。

お時間ある時に、また、覗いて頂けたら幸いですm(--)m


> P.S.ブログ、引っ越しました。。。でもどうでしょうですw。

おめでとうございます^0^

ちょこっと、足跡残させていただきました
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ