一保堂


DPP_0063.jpg

年が変わっても

皆さん、日々いそがしい毎日をお過ごしでしょうが















DPP_0064.jpg













DPP_0065.jpg













DPP_0066.jpg

たまには、一服しませんか^^





+一保堂(いっぽうどう)+

京都市寺町通二条上ルにある茶舗
屋号は弘化3年(1846)に山階宮家から賜ったもので、「茶一つを保つ」の意
1717年、京都の寺町二条に「近江屋」として創業し、茶や陶器を商う
明治時代は茶の輸出問屋としてアメリカに茶を輸出していたが、大正以降は茶の小売を主な事業とする

茶の加工と販売を主な事業とし、百貨店などの販路以外に茶道の家へ茶を収めている
抹茶は表千家好みと裏千家好みの双方をそろえられている
近年は公民館などに社員を派遣して日本茶の入れ方や効用についての講習を行なうなど
京都市と協力したイベントも手がけている


+一保堂 喫茶室 嘉木(かぼく)+

京都市中京区寺町二条上ル常盤木町52
営業時間 11:00~17:00
     075-211-3421


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/147-6cf838d6

Comment

ゆうさん | URL | 2011.01.13 07:21 | Edit
お茶をつつんでもらっている間に、おいしいお茶をいただけるのがいいですね。お茶の香は幸せな気分になります。
高兄 | URL | 2011.01.13 20:08
ゆうさん、こんにちは

> お茶をつつんでもらっている間に、おいしいお茶をいただけるのがいいですね。お茶の香は幸せな気分になります。

この喜木の、店員の子達は

みんな丁寧な接客をされますね^^

やや、マニュアルっぽい気がしますが^^;

わたしも、お茶の香りには癒されます♪
yokoblueplanet | URL | 2011.01.14 08:43
おはようございます。
店構えが良いですね~ここで一服は、時も昔に戻ったようにゆったりと流れてくれるのでしょうか?!
高兄 | URL | 2011.01.14 14:18
Yoko様、こんにちは

> 店構えが良いですね~ここで一服は、時も昔に戻ったようにゆったりと流れてくれるのでしょうか?!

そうですね、店構えは、さすが老舗といった雰囲気です^^


わたしは、茶道にはまったく疎いのですが^^;

すこしでも、茶道を齧った方には

わたしは、ゆっくりと過ごさせていただきました^^v

なかなか、興味深い御店だと想います
nao | URL | 2011.01.14 22:48
高兄さん
こんばんは~^^

一保堂の店構え、やっぱり素敵ですね!
お茶もですが、右側のお菓子がまた美味しそうで♡
目が釘付けでございます。

寺町通りは、魅力的な雰囲気のお店が多いですよね。
歩くだけでも楽しい…といっても一度しか通ったことがないのですが^^;
一保堂も、前を通りながらも結局立ち寄らず…
次回はぜひゆっくりお茶したいです~!
高兄 | URL | 2011.01.15 07:43
naoさん、こんにちは

> 一保堂の店構え、やっぱり素敵ですね!

一保堂さんは、各地の百貨店などにもテナント出店されて有名ですが

本店は風格がありますね^^

> お茶もですが、右側のお菓子がまた美味しそうで♡
> 目が釘付けでございます。

お茶菓子は、基本生菓子で

日によって、種類、御店も違います

この日は、烏丸にある「幸楽屋」さんでした

夏菓子「金魚」で有名な御店ですね^^

> 寺町通りは、魅力的な雰囲気のお店が多いですよね。
> 歩くだけでも楽しい…といっても一度しか通ったことがないのですが^^;

御存知かも知れませんが

この寺町(てらまち)通りは、豊臣政権の頃

秀吉が、京都の各地に散らばっていた寺院を、この通りの東西に集中移動させたのが

名前の由来です

その後、寺に関係する商売に携わる御店も

たくさん集まって来たのかもしれませんね^^

> 一保堂も、前を通りながらも結局立ち寄らず…
> 次回はぜひゆっくりお茶したいです~!

時間がれば、一度、立ち寄ってみてください♪
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ