銀閣寺(慈照寺)

DPP_0051.jpg

数寄者(すきしゃ)の路


室町幕府八代将軍、足利義政は

世の中の不安、財政難、民衆の一揆、権力争い等・・・

様々な問題から、やがて政(まつりごと)に嫌気がさし

浮世から離れてしまいます















DPP_0052.jpg













DPP_0053.jpg













DPP_0054.jpg













DPP_0056.jpg













DPP_0057.jpg













DPP_0058.jpg














DPP_0060.jpg













DPP_0061.jpg














DPP_0062.jpg

やがて

東山の地に山荘を造営し、書画、茶の湯三昧の日々をおくります

義政は、まさに数寄者の道に没頭していく事になります


この東山山荘(東山殿)を、中心とした地が慈照寺となり

その慈照寺が、人々に銀閣寺と呼称されるようになったのは

義政が没した後、随分あとの時代の事です




+慈照寺(銀閣寺)+

京都市左京区銀閣寺町2
慈照寺(じしょうじ)は、室町時代後期に栄えた東山文化を代表する臨済宗相国寺派の寺院
山号は東山(とうざん)、開基(創立者)は、室町幕府8代将軍の足利義政、開山は夢窓疎石とされている
夢窓疎石は実際には当寺創建より1世紀ほど前の人物であり、このような例を勧請開山という
寺紋は五七桐および二つ引両

足利義政が鹿苑寺の金閣舎利殿を模して造営した楼閣建築である観音殿は銀閣
観音殿を含めた寺院全体は銀閣寺として知られる

アクセス 京都市バス 「銀閣寺道」下車 徒歩7分


+数寄者(すきしゃ)+

寄者は芸道に執心な人物の俗称、「数奇者」と書く場合もある
現代では、本業とは別に茶の湯に熱心な人物、特に多くの茶道具を所有する人物として用いられる

「数寄」とは本来「好き」の意味であり、特殊な当て字として流布している
専門業とはせずに何らかの芸事に打ち込む様を、特に「すき」と称しているのであり
現代の俗語としては「あんたもすきね」「ものずき」などに通じる
古くは「すきもの」とは和歌を作ることに執心な人物を指した様であるが、室町時代には連歌が流行し
特に「数寄」が連歌を指すようになったとされる

さらに桃山時代には富裕な町衆の間で茶の湯が流行し、「数寄」も連歌から茶の湯へと意味を変えている
このため江戸時代には、数寄のための家「数寄屋」も茶室の別称として定着する









スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/144-51899c26

Comment

cox-orange | URL | 2011.01.04 11:44 | Edit
明けましておめでとうございます。
こちらでもよろしくお願いいたします~。

7枚目の写真でなぜだか急に「一休さん」を思い出しました。
日本のなだらかな山と建物。
このお寺が建てられた当時とほぼ同じ景観なのだと思いますが、そう考えると不思議な気がします。

白の山茶花もはっとしますね。
nao | URL | 2011.01.04 12:55
高兄さん、明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

銀閣寺…、中学の修学旅行以来行ってなくて^^;
(何年前の事だか…考えるとコワイです 笑)
落ち着いた美しさが素敵ですね。
久々に訪れてみたいところです^^

それと、もしよろしければ、高兄さんのブログを
私のブログにリンクさせていただいてもよろしいでしょうか…?

では、今年も素晴らしいお写真&京都情報を拝見できるのを、
楽しみにしております。
高兄さんにとって幸多い一年になりますように…!!
高兄 | URL | 2011.01.04 17:54
cox様、

こんにちは

> 明けましておめでとうございます。
> こちらでもよろしくお願いいたします~。

こちらこそ、本年もよろしくお願いいたします^^

> 7枚目の写真でなぜだか急に「一休さん」を思い出しました。

もしかして、アニメ「一休」さんのオープニングの絵ですか^^

> 日本のなだらかな山と建物。
> このお寺が建てられた当時とほぼ同じ景観なのだと思いますが、そう考えると不思議な気がします。

そうですね、この御庭は

東山(月山)を借景とした枯山水庭園ですね

向月台から、月見をしたなどと云う逸話は

義政らしい気もしますねぇ

> 白の山茶花もはっとしますね

私は、よく慈照寺を訪れるのですが

どうしても、義政のことを回想してしまいます

本来の彼は、どのような人物であったのでしょうね・・・


そうそう、

京都市内の雪は、すっかり溶けました・・・が、

週末には、また細雪が降るかもしれません^^;
高兄 | URL | 2011.01.04 18:02
nao様、こんにちは

> 高兄さん、明けましておめでとうございます。
> 今年もどうぞよろしくお願いいたします。
 
明けまして、おめでとうございます

こちらこそ、本年もよろしく御願いいたします^^


京都も、大晦日は大変な雪でしたが

九州も大雪でしたねぇ

雪慣れしていない、福岡も大変だったのでは?


> 落ち着いた美しさが素敵ですね。
> 久々に訪れてみたいところです^^

ええ

季節を問わずに、お勧めの場所ですよ、慈照寺は♪

近くに、「ますたに」という美味しいラーメン屋さんもありますし^^v

> それと、もしよろしければ、高兄さんのブログを
> 私のブログにリンクさせていただいてもよろしいでしょうか…?

ありがとうございます^^

勿論、大丈夫ですよ

私もnao様の御blogを、リンクさせていただきますね


> 高兄さんにとって幸多い一年になりますように…!!

nao様、御家族様にも、吉祥の一年となられんことを^^
onooono | URL | 2011.01.13 01:22 | Edit
渋好みの私は、小さい頃から何故か銀閣寺が好きでした。
派手さはなくてもシンプルなダイナミックさがあるような。。

なんだか最近、無性にお寺に行きたい気分です!

この一輪は椿垣ですか?
たくさん咲いているよりもグッと惹き付けられる美しさがありますね♪

高兄 | URL | 2011.01.13 07:14
onooonoさん、こんにちは

> 渋好みの私は、小さい頃から何故か銀閣寺が好きでした。
> 派手さはなくてもシンプルなダイナミックさがあるような。。

金閣が好きな人と、銀閣が好きな人と別れますよね^^

> なんだか最近、無性にお寺に行きたい気分です!

韓式の寺院も美しいですが

京都の寺院は、また違った雰囲気がありますよね^^


> この一輪は椿垣ですか?
> たくさん咲いているよりもグッと惹き付けられる美しさがありますね♪

わたしも、よく確認しなかったのですが・・・たぶん、山茶花?

撮影したのが、12月なので、時期的には

椿も山茶花も、花を開く時期ですが・・・下に数枚の花びら散っていました

確か、椿なら花ごと、はらりと・・・落ちたような・・・


椿も山茶花も、同じ眷属

見分けが難しいです^^;

ちなみに一枚目の写真の生垣は、銀閣寺垣と云われ有名ですが

ここは主に、椿が植えられています、その他、茶や樫など数種類の植物がみられます
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ