等持院


IMG_4126.jpg

「こんにちわ、朝からお邪魔してよろしやろか・・・」

「・・・・・・肯」















IMG_4138.jpg













IMG_4148.jpg













IMG_4157.jpg













IMG_4172.jpg













IMG_4183.jpg














IMG_4190.jpg













IMG_4223.jpg

「おおきに・・・また、よせてもらいますね」

「・・・・・・肯」



+等持院(とうじいん)+

京都市北区等持院北町63
北区にある臨済宗天龍寺派の寺院、山号は万年山、足利尊氏の墓所としても知られる
尊氏は、暦応4年(1341)に現在の京都市中京区柳馬場御池付近に等持寺を建立し
その2年後の1343年、現在の京都市北区等持院北町に別院北等持寺を建立した
尊氏の死後、別院北等持寺は尊氏の墓所となり、その名前を「等持院」と改称した
その後、応仁の乱で柳馬場の本寺が焼失したため、別院だった現在の等持院が本寺になった

アクセス 京福電気鉄道(嵐電) 「等持院」下車 徒歩5分

スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/133-7d813d72

Comment

きまぐれおじさん | URL | 2010.12.11 10:27
この縁側って趣がありますね。
冬の光が差し込んで気持ちよさそう。
写真に写っているだるまの絵どこかで見たような気がしますが有名な絵ではないでしょうか。
う~ん。思い出せませんがリアルな雰囲気が印象に残っています。
高兄 | URL | 2010.12.11 16:21
きまぐれ様、こんにちは

> この縁側って趣がありますね。
> 冬の光が差し込んで気持ちよさそう。

そうですね^^

この庭は昔、衣笠山(きぬかけ山)を臨める借景庭園でしたが

立命館キャンパスが出来てからは、その借景が遮られてしまいましたが・・・

> 写真に写っているだるまの絵どこかで見たような気がしますが有名な絵ではないでしょうか。
> う~ん。思い出せませんがリアルな雰囲気が印象に残っています。

禅の祖である達磨大師は、禅寺ではよくみられる画ですが・・・

はて、何処でしょうか?

わたしが最初にイメージするのは、天龍寺ですが・・・
アラック | URL | 2010.12.12 04:37 | Edit
アラックです。
散り紅葉、人も少なくなって良いですね。
バグース!!
なんて、実は人はいっぱいですよね。
早朝ですね。
高兄 | URL | 2010.12.12 07:27
アラックさん、こんにちは

> 散り紅葉、人も少なくなって良いですね。

もう季節は冬に向かっていますね

> なんて、実は人はいっぱいですよね。
> 早朝ですね。

ええ、いつもの様に早朝です^^;・・が

この、等持院や鹿王院は穴場といってもいいかもしれません

いつ往っても、人が少ないんですよね

ゆっくり達磨とにらめっこ・・・なぁんてのも有りです^^
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ